年収1000万円以上のお金を稼ぐ人が必ず持っている9つの考え方

年収1000万円以上のお金を稼ぐ人が必ず持っている9つの考え方
世界の最富裕層から見ると年収1,000万円はまだまだ子ども、富裕層ではないとの意見もありますが、庶民からみれば高嶺(たかね)の花であることは間違いありませんよね。日本の税制システム、各種控除、支援金も年収1,000円が一つの基準であることからも、お金持ちであると判断して問題はないでしょう。

また、多くの人間が、最初の目標として、また一つの目標として、年収1,000円を目指す事もこれまた事実です。そこで今回は、年収1,000円以上を稼ぐ人の思考法、考え方についてごお伝えします。ではご覧ください。

 


年収1000万円以上のお金を稼ぐ人が
必ず持っている9つの考え方

 

最大の投資は自己投資である

投資と言うと真っ先に思い浮かべるのが、株式ですね。投資の代表格ですから、もちろん間違ってはいません。しかし、お金を稼ぐ人はここが違います。

庶民はすぐに優良な投資先を探そうとします。年収1,000万円を超える人はまず自分に投資します。自分以外の誰かに投資するのは不透明ですからね。実はこれが最も投資効率が良いのですよ。事実、年収1,000万円以上ものお金を稼ぐ人は優秀な人が多いです。それは自らに投資を続けたからなのですね。

 

お金は善である

日本では、とかくお金は悪と教えられます。常に、悪者扱いを受けていますね。しかし、これは間違いです。資本主義経済の中においては、お金は感謝を集めた対価なのです。

人は何かしらの物やサービスを受けた時にお金を支払いますよね。あなたもそうでしょう?つまり、多くの人間の役に立った人間が一番多くのお金を手にする事ができるのです。

つまり本当は「お金=善」なのですよ。まずはこの認識から改めるようにしましょう。お金を毛嫌いしている人間の所にお金は集まってきません。これは、厳然(げんぜん)たる事実です。

 

すぐに行動に移す事が大切

成功しない人間はウダウダと理由をつけて行動を起こしません。しかし、成功する人間はまずは試します。すぐに行動に移すのですね。その結果、失敗することもあるでしょう。

しかし、その分成功も早いのです。これは、たくさん転んだ人間が最も早く歩けるようになるのと同じ理屈です。理由ばかり付けて、一向に歩きださなければ決して歩けるようにはなりませんからね。お金も同じです。すぐに行動に移す事が大切なのです。

 

人に親切にする事は肝要

「お金持ちの人は嫌な人が多い」は、テンプレのように信じられていますが、それは漫画や映画の中だけです。庶民の嫉妬心(しっとしん)ややっかみに訴えているだけです。実際は、お金持ちの人ほど良い人が多いです。「金持ち喧嘩せず」は事実ですよ。

また、お金持ちの人は人に優しくすれば、それが自分に帰ってくることも知っているのですね。「情けは人の為ならず」見返りが目的でも構いません。あなたも、今日から人に優しく接してみてはいかがでしょうか?

 

節約より増やす方が大事

貧乏人はすぐに節約しようとします。しかし、この発想は逆転するべきです。「○○が欲しい」しかし、今は買えない。その様な時は節約してお金を貯めるのではなく、お金を増やして購入可能にする、と言う考え方が必要です。前者の考え方では、一生お金持ちにはなれません。

 

ある程度のリスクは許容すべき

物事にはリスクがあります。お金持ちはこのリスクをある程度は許容します。そうしなければリターンを得る事ができない事を知っているからですね。上手くいかない人は、どんな小さなリスクでも避けたがりますが、自身が許容できる範囲のリスクは取るべきです。

 

変化を嫌ってはいけない

庶民ほど変化を嫌います。しかし、成功する人は変化を厭(いと)いません。変化の波に乗ることを第一義とするのですね。波に逆らえば逆らうほど前に進めませんが、逆に波に乗ればその何倍も早く前に進む事ができるのです。昔を懐かしむのではなく、常に時代の流れを読んで、変化に対応することを考えましょう。

「最後に残るのは強いものではない。賢きものでもない。変化できるものである」 チャールズ・ダーウィン結局、我々、人類も変化を受け入れ、対応した種なのですから、現代でもそのように変化に対応したものが残るに決まっていますね。

つまり、資本主義の世の中では、そのほうが多くの資本を集められます。要は、お金持ちになれると言うことです。

 

健康は重要

人間にとって、健康が最も大切です。勝負の時に、健康を害していては全力であたれません。結果、みすみす大きなチャンスを逃すことにもなるでしょう。当然、お金持ちは健康を最も大切にしています。

 

消費より投資を重視

貧乏人はすぐに消費します。浪費といっても良いでしょう。お金は今のために使うべきではありません。未来のために使いましょう。今の為に使うのが浪費、将来のために使うのが投資です。お

金持ちはこのあたりを非常に良く理解しています。ゆえに自宅を購入するまえに、不動産投資物件を購入するのです。高級車を購入する前に、学習費にあてるのです。自身の欲を満たす消費は投資を終えた後ですよ。

 

いかがでしょう、年収1,000万円以上を稼ぐお金持ちとそうではない庶民、このように見比べると全く考え方が違いますよ

ね。お金持ちがお金持ちたるゆえんは、この考え方にあるといっても過言ではありません。思考は人の全ての行動の根本を成しています。お金持ちの結果ばかりに捉(とら)われるのではなく、まずは思考法から学び、行動を変える事から始めて見てはいかがでしょうか?年収1,000万円以上稼ぐ秘訣はこの考え方にあるのです。

まとめ

年収1000万円以上のお金を稼ぐ人が必ず持っている9つの考え方

・最大の投資は自己投資である
・お金は善である
・すぐに行動に移す事が大切
・人に親切にする事は肝要
・節約より増やす方が大事
・ある程度のリスクは許容すべき
・変化を嫌ってはいけない
・健康は重要


連記事
タイトルとURLをコピーしました