結婚資金をひとり暮らしでも上手に貯める、7つの方法☆

結婚資金をひとり暮らしでも上手に貯める、7つの方法☆
結婚に向けて結婚資金をためたいと考えている方のために、結婚資金の上手な貯め方を伝授いたします。結婚までの期間が長ければ、それだけ貯金も楽にできますが、「短期間で目標額を貯金しなくては!」という縛りがある方はできる限り節約術を習慣づけましょう。

結婚までの我慢と割り切り、外食や飲みに行く回数を減らし、デートもお金がかからない方法を二人で工夫してみるといいですね。親と同居している人は、貯金に関していえばあっという間に叶ってしまうでしょうが、一人暮らしではそうもいきません。

一人暮らしでも、工夫と努力次第では結婚資金くらいの貯金だって不可能ではありません。これから解説する7つの貯金術を参考に、頑張ってください!

 

結婚資金をひとり暮らしでも
上手に貯める7つの方法☆

 

家計簿をつけよう

まずは貯金の前に、毎月の自分の収支を把握しておく必要があります。家計簿をつけて毎月どのくらいの額を貯金に回せるかを調べましょう。

しっかりとした家計簿が望ましいのですが、「家計簿のつけ方がわからない!」「時間を割く余裕がない!」という方は、大まかでも構いません。100円単位は切り捨てて、千単位のざっくりとした収支を計算してみましょう。余剰資産の額が見えてくれば、それを結婚資金に回しましょう。

 

定額預金をしよう

上述したように、家計簿をつけて毎月の結婚資金としての貯金額がわかったら、まずは給料が振り込まれる銀行に行き、定額貯金の申し込みをしましょう。

お給料がいったん手元に入ってから、貯金額を貯蓄口座に回すよりも、確実に貯蓄できる方法を選ぶべきです。いったん手元にあるお金は、何かの誘惑があれば簡単に使ってしまうのが人間です。

自分の手元に渡らないで、給料から直接貯蓄口座に行くようにしておけば万全です。結婚資金としての、手つかずの貯蓄が毎月たまっていくことでしょう。

 

コンビニに行かない!

定額貯金を設定して、安心してはいけません。特に、短い期間で結婚資金を準備しなければならない方は、もっともっと生活を切りつめて、貯蓄額を増やせるかどうかを検討してみましょう。

まず、一番の金食い虫である「コンビニエンスストア」には、意識的に立ち入らないようにするといいでしょう。コンビニの定価はスーパーに比べて高いからです。甘いものやお弁当がほしいときは、コンビニでなくスーパーに行きましょう。

また、ペットボトルや缶コーヒーを買いたいときもスーパーに行くと3~50円は安く購入できるでしょう。「たった数十円のために…。」と思うかもしれませんが、これが毎日となるとバカにできません。

1日200円の節約だけでも、1か月で6千円貯金に回せるからです。コツコツと貯蓄額を増やしていきましょう。

 

飲み物やお弁当の持参

次にランチタイムの節約術です。「結婚資金がたまるまでは!」と割り切って、ランチのお弁当を持参してみてはいかがでしょうか。

女性ならばそれほど苦ではないでしょうが、男性にはハードルが高いと思われるかもしれませんね。しかし、ご飯を炊いておにぎりを作るくらいなら男性でもできるでしょう。

コンビニに行かないことと合わせて、ランチを持参すれば、1日3~400円の節約ができることになります。結婚資金のための貯蓄を、毎月1万円増やせますよ!

 

テレビのつけっぱなしをやめよう

「家に帰ったら、まずテレビをつける。」という現代人は多いですね。しかしその悪癖は今すぐにやめましょう。一人暮らしでテレビは必須と考えるかもしれませんが、テレビなどなくても快適で退屈しない生活を送ることは十分に可能です。

テレビのコンセントを抜いて、テレビ自体をタンスに隠してしまってもいいくらいです。天気は携帯で調べられるので、困ることはありません。テレビが食う電気代を丸々節約して結婚資金のための貯蓄に回してしまいましょう!

 

エアコンを使わない習慣

テレビ同様に、エアコンも電気喰い虫です。エアコンを使う夏や冬には、電気代が跳ね上がるでしょう。どうしても仕方のないときを除いては、窓を開けて風通しをよくし、扇風機で乗り切る努力をしてみましょう。

暑くてたまらない休みの日などは、図書館などで冷気にあたりましょう。エアコンの電気代を貯蓄に回せたら、結婚資金もどんどんたまります。

 

目標額を書いて壁に貼ろう!

コンビニで好きなように買い物できないとか、電気代の節約のために不自由な生活を送ることは大変です。電気を使いたい放題の楽な生活が恋しくなる時もあるでしょう。

ダイエットなどと同様に、ストイックな生活を送ると、ふと自分を甘やかして何もかも投げ出したくなる時があります。人間なので、それを悪いと思わないでください。しかし結婚資金を目標額までためるために頑張っているのなら、途中でくじけてはいけません。

そこで、結婚資金の目標額と、今までにたまった貯金額を壁に貼っておくといいでしょう。自分の貯金額がわかることで達成感を味わい、「もうちょっと頑張ろう!」と気持ちを持ち直すことができます。

 

結婚のための結婚資金をためる方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ランチ代や電気代の節約となると、「ものすごく頑張っている」感がするのですが、これでもまだまだ序の口の節約術です。

保険を解約する人もいれば、質屋に売れるものを売り尽す人もいます。服装や化粧品のランクを落とす人もいます。交通費の節約と結婚式までのダイエットを兼ねて、歩きで通勤する人もいます。

「そこまでやるか?!」と思われるかもしれませんが、頑張る人の上には上がいるのです。みんななぜそこまで頑張れるかは、言うまでもありませんね。努力の結果、待ちに待った素敵な結婚式が控えているからです。

楽しみがあってこその我慢や努力ならば、人は頑張ることができるのです。あなたも頑張って結婚資金を貯めて、素敵な結婚式を迎えてくださいね。

 

まとめ

結婚資金をひとり暮らしでも上手に貯める方法とは?

・家計簿をつけで収支を把握する
・定額預金で貯める
・コンビニに行かない!
・ランチ代の節約をする
・テレビのつけっぱなしをやめよう
・エアコンをなるべく使わない
・目標額を書いて壁に貼ろう!


連記事
タイトルとURLをコピーしました