夫との別居、50代女性でも生活費を確保できる簡単な方法

夫との別居、50代女性でも生活費を確保できる簡単な方法
結婚後育児に非協力的な夫と生活を共にし、結婚当初のように夫に恋愛感情を持てなくなってしまったり、子供への影響を考えてがまんしてはいたけれど、子供たちも成長しこれからの自分の人生を見つめなおしたいと考える「熟年離婚」が急増していますよね。

同時にちょっと手前の「別居」も増えて来ています。もともと仕事をしていたり、実家の協力が得られれば生活の心配は少ないかもしれませんが、専業主婦の場合は「別居」にあたり生活費の確保は大問題です。

そ子で今日は、夫との別居して、50代でも生活費を確保できる方法についてお伝えします。ではご覧ください。



 

アベノミクスの影響で景気は好転してきていても、50代の就活はかなり厳しい、働く先の確保が出来ても、生活に十分な収入を得る事はとても大変な事です。

常識的に考えるとそれでも頑張って就職先を確保していくわけですが、そうも出来ないという方にはあまりおすすめ出来ない方法もあるのですが幾つかの方法をご紹介させていただきます。

夫との別居、50代女性でも
生活費を確保できる簡単な方法

 

別居前に貯蓄をしておく


別居を考え始めたらコツコツと貯蓄をしましょう。50代の別居は若いころに比べて計画的で生活もやや余裕があるので別居前からコツコツと貯蓄をしておくことが大切です。仕事を探すにしても住所不明ではまっとうな職に就くこともままなりません。

 

協力者を見つける


自力で別居をするにしても住むところや仕事の確保を一人でするには限界があります。綿密に計画を立てての「別居」でも思わぬ事態が起こる事もあります。

大きくなったお子様でも良いですし、両親・親戚・友人に精神面でのフォローを含めて支えになってもらいましょう。相手が裕福であれば経済的にも支えてもらいましょう。

 

夫から婚姻費用を支払ってもらう


「別居」がどちらからの申し出であっても婚姻関係が継続している間は経済力のある方がそうでない方を「扶養」する義務があります。仮に支払いを渋った時は離婚前提であれば離婚の調停に不利な情報となる旨を伝えると、しぶしぶながら支払う事が多いです。

 

慰謝料を貰う


「別居」のきっかけが相手の不倫の時は不倫相手に慰謝料を請求しましょう。慰謝料の相場は100万~300万円となり、女性一人が生活する当面の金額は確保できます。

慰謝料請求と言うと家庭裁判所に何度も通わなくてはいけない感じがしますが、請求金額が少ない時は「少額訴訟」という簡易な手続きもあります。何事もあきらめないでもらえるところからもらいましょう。

 

シェルターに駆け込む


「別居」のきっかけがDVになるケースのみの限定ですが、別居やすれ違いから話し合いが暴力に発展した時、身の危険を感じた時には各県に設置されている「女性センター」に駆け込みましょう。

身柄の確保、就労支援など公的な機関が支えとなり新たな一歩を踏み出す事が出来ます。暴力があった時は出来るだけ詳しい記録と怪我をした時には診断書をとっておくと話がスムーズに進みます。

 

「Wワーク」をする


何とか乗り切りたいという頑張って生活費を確保したいという方には「Wワーク」をおすすめします。簡単ではないと思うかもしれませんが、一つの重労働で生活費を稼ぐよりは簡単な労働でそこそこ稼ぐ方が仕事の選択肢も広がりますし、身体的にも楽です。手のかかる子供のいない分「別居」後は時間があります。

 

自分の資産を使い切る


50代の就職はかなり厳しく、離婚を前提とした別居の場合継続して安定した生活が出来ない時はあまりおすすめ出来ないのですが「生活保護」を貰うという選択肢もあります。

厳しい社会情勢の中審査はますます厳しくなっていますが、全くあり得ない話ではありません。「生活保護」を貰う際にはお金に換えることもできる資産は保有できません。

例えば車や生命保険貯金の残高等です。「生活保護」を受給すると就職の相談や今後の生活の相談に乗ってくれる職員の担当がつきますので、一人でがむしゃらに頑張らなくても済むので安心感も得られます。

 

いかがでしょう、「別居」の背景にあるものにはいろいろなケースがあります。でも「離婚」でなく「別居」と言う選択肢を選んだあなたはもしかしたら「夫との関係性を修復」という選択肢も持っているかもしれません。

「別居」や「離婚」は子供がいればいくつになっても傷付くのには変わりありませんし、あなた自身「離婚」や「別居」で傷ついてしまう事もあります。離婚は結婚の10倍パワーがいる格言もあります。出来ることであれば残りの人生ハッピーエンドが良いですよね。

それでもなおかつ「別居」に踏み切る時は今回紹介させていただいた方法に当てはまる時は「離婚貧乏」にならなように、しっかり生活費を確保しましょう。世の中厳しいです。でも熟年別居に踏み切ったパワーがあれば何とかなります。人生は一度きり交換のないようにしましょう。

まとめ

夫との別居、50代女性でも生活費を確保するには

・別居前に貯蓄をしておく
・協力者を見つける
・夫から婚姻費用を支払ってもらう
・慰謝料を貰う
・シェルターに駆け込む
・「Wワーク」をする
・自分の資産を使い切る



連記事