楽な仕事の代名詞~経験者は語る、内職という仕事の8つの実情~

楽な仕事の代名詞~経験者は語る、内職という仕事の8つの実情~
仕事をするなら、楽な仕事がいいですよね。
今、「働く意欲」はあるのになかなか「働く場所」がない方が増えています。
働きに行きたいんだけれども・・子供が小さくて働けない。働く条件がなかなかマッチしなくて、働けない・・・人間関係がうまく築けなくて、働きたくても続かない・・・こんな悩みをもっていらっしゃる方もいると思います。

でも・・・現社会「日本」は、働く形式は様々です。いろいろある働き方の中から自分に合った働き方も選べます。
今回はその中でも、内職の実情に焦点をあててご紹介していきます。

 

楽な仕事の代名詞
~経験者は語る、内職という仕事の8つの実情~

 

その1・家で働ける

ご主人の仕事都合で転勤し、知らない土地に1人。転勤族の妻となればこういうことは普通です。
転勤族でなくても、子育て中やまだ子供が小さい頃は、心配で家を空けることができないこともあると思います。働きたくても、働けない・・・という人も多いです。そうなると自然と「家で働く」という環境になります。
内職は、自分の家でお仕事が始められるので誰でもできます。

 

その2・時間の拘束がない

特に主婦をしていると、どうしても時間的拘束があります。家事などやることが多くて、子供のお迎えなどがあると時間は限られてしまいます。働き口を探しても時間帯は「昼間」を希望すると、昼間は人が足りていることが多く夕方の時間だけ募集していたり・・・
または土日は、必ず出勤などと言われてしまうと本当に条件が合わず、働きたくても働けない状態が出てきてしまいます。

内職はその点、時間的拘束はありません。

 

その3・職種がさまざま

「内職」=簡単な軽作業というイメージがありますよね。内職でも様々なお仕事があります。
シール張りやお花の組み立てなどの軽作業から自分で記事を作成したり、ネットで管理をするお仕事だったり・・・おもしろい内職のお仕事だと、自動販売機の設置場所をさがす仕事。報酬も130000~と高額なものまで幅広くあります。

様々なお仕事の中から、自分の性格などに合ったお仕事を探すことができます。

 

その4・甘くない!?内職のお仕事

「内職」は個人主義のお仕事です。そして、内職は単発な仕事が多いのが実情です。よって・・・お仕事を常に、探す「就活状態」が続きます。自分からお仕事を獲得するために、必死に頑張る向上心が強い人が向いています。

 

その5・自分のペースで仕事ができる

時間帯を気にせずに、自分のペースで、お仕事ができるのが「内職」のメリットの1つ。
特に子供が小さい時などは、助かりますよね。家で作業ができるのですから。子供が昼寝している時、夜寝ている時にチャチャっと仕事してしまう。時間の有効活用できます。

 

その6・通勤しなくてよい

仕事=通勤。その通勤がないのはとても助かります。通勤がないぶん時間的に余裕ができて、仕事に時間を使えます。ということは・・・その分稼げます。

 

その7・嫌な人間関係がない

主に、在宅で仕事をするので「面倒臭い人間関係」が全くない。これも内職のメリットの1つですよね。ストレスの原因は、人間関係と言われています。人間関係がないのは、心の救いでもあります。
仕事って・・・「仕事場の環境に慣れること」が大変でストレスになりますから・・・。内職はストレスフリー!!

 

その8・やればやるだけ稼げる!!

内職は個人事業主なのです。自ら営業をしてお仕事をもらい、継続契約できれば定期的にお仕事が入ります。また大きなお仕事をもらえればラッキー!やればやるだけ稼げるお仕事で、やりがいもあります。

 

「内職」と聞くと・・暗い中で、シール張りや花の組み立てをするイメージが強いですよね。

今現代の「内職事情」は違います。とても「華やかな世界」。
「内職」は、今や「在宅ワーク」と言い、働き方も様々です。資格を持っていれば開業だって自宅でできる立派な働き方です。毎日パートタイムで働いてる方!この機会に、働き方を考え直しませんか?
通勤時間・職場での嫌な人間関係など・・・ストレスになっていませんか?
今、働き方によっては、パートよりも在宅ワークの方が稼げることがあるんです!

ぜひ「在宅ワーク」をオススメします。在宅ワークも働き方は様々です。
例えば・・・
ウェブデザイナーのスキルがあれば家のパソコンで仕事できます。ネイル系の仕事も家でサロンとしオープンさせることもできます。

これらに共通していることは、「在宅ワーク」をするのに「資格」は強いです!「資格」があると信用度も上がり、報酬も大きく稼げる可能性があります。

妊娠期間中や専業主婦をされている方は、この機会に「資格取得」に励むのもいいかもしれません。
「資格」は裏切りません。そして年齢もあまり関係ありません。今は通信教育で色々な資格が取得できる制度が整っています。興味がある方は、一度調べてみるといいかもしれません。

 

まとめ

楽な仕事の代名詞
~経験者は語る、内職という仕事の8つの実情~

その1・家で働ける
その2・時間の拘束がない
その3・職種がさまざま
その4・甘くない!?内職のお仕事
その5・自分のペースで仕事ができる
その6・通勤しなくてよい
その7・嫌な人間関係がない
その8・やればやるだけ稼げる!!


連記事