借金があっても結婚したい人が真剣に考えるべき9つの事

借金があっても結婚したい人が真剣に考えるべき9つの事
借金があるがゆえに結婚に踏み出せない人がいます。確かに借金があり結婚をすれば、相手には借金返済のために多少なりの苦労を強いるわけですから結婚には踏み出しにくいですよね。

しかし、結婚にはご縁やタイミングが必要です。もし借金があってでも結婚をしたいと真剣に考えているのであれば、相手に苦労をかけてしまうことを十分理解した上で結婚をしてもよいと思います、ただし、借金を抱えての結婚には真剣に考えておくべきことがあります。これらを考えずに結婚をしては、即離婚にもなりかねませんので、ぜひ参考にされてください。

 

借金があっても結婚したい人が
真剣に考えるべき9つの事

 

借金の返済

借金があって結婚をしたい場合に、一番よい方法は借金を返済してしまってから結婚をする方法だと思われます。ただし、これが出来ればこの記事を読まれていないかと思いますのであくまで理想です。

もし、結婚をご自身もお相手も急いでおらず、返済までにそれほどの時間がかからないのであれば、結婚をする前に借金を返済してしまいましょう。そうすれば、なんの負い目もなく結婚をすることができます。

 

借金について相手に話す

まずは結婚をする前に相手に借金について話しておきましょう。借金を背負って結婚をするということは、相手にも借金の返済を担ってもらうということですので必ず話しておかなければなりません。

もし、借金を隠して結婚をしてしまうと相手にばれてしまったときに離婚の原因になりかねませんし、相手からの信用も失うことになります。借金のことを話すと結婚が台無しになることを恐れる人がいますが、それは事項自得でありその相手とは縁がなかったということで諦めましょう。

 

結婚式をどうするか

借金があるのに結婚式をあげる人がたまにいます。結婚式をあげるお金があるのならば、まずは借金返済をする方が今後のためです。借金には利子がありますので返済期間が長引けばその分利子が膨らみ、返済しなければならない額が増えるのですから当然ですよね。

相手の希望や自分の見栄などで結婚式を挙げたいかもしれませんが、ご自身に借金があることを自覚して結婚式は慎みましょう。借金を返済してしまってからでも結婚式はできます。ただし、結婚式をする際にローンを組まずにすむように、貯金ができてから結婚式は挙げるようにしましょうね。

 

新婚旅行はどうするか

いまどきの新婚旅行は海外旅行が主流です。しかし、借金があるのに海外旅行とはとんでもありません。

一番よいのは新婚旅行自体を我慢することですが、新婚旅行はやはり行きたいという人もいますよね。そのような人は、近場の温泉旅行など安い費用で行ける場所にしましょう。新婚の二人で行けばどこでも思い出に残るはずです。

 

婚約指輪、結婚指輪はどうするか

借金がある場合には、使うお金があるならばまずは借金返済に回したがよいです。しかし、記念として婚約指輪や結婚指輪が欲しいという人もいます。

本来ならば、買わないことが一番よいのですが、どうしても買いたい場合には安い指輪で済ませましょう。一番大切なのは金額よりも気持ちです。高い指輪はいつでも買えますので借金があるうちは贅沢は控えましょう。

 

今後の借金返済予定

借金があり結婚をするということは相手にも借金返済のために我慢してもらうことが出てきます。よって、今後の借金返済予定を相手と話し合いお互いが理解できるかたちで返済をしていくようにしましょう。

もし、借金をしている方が自分の給料から勝手に返済をし、家庭には必要最低限の生活費しか入れないならば相手に不信感が募るかもしれません。何事も隠し事はせずにオープンにして借金返済をしていくことが大切です。

 

一番してはいけないことは隠すこと

先ほども書きましたが、借金についてはオープンにすることが大切です。借金があることだけでも、相手の不信感があるのに、例えば相手に伝えていた借金以外にも実は借金があったという状態になったら、相手からの信用は一気になくなります。

相手に借金の額を少なく伝えたい気持ちもわかりますが、隠しごとはいつかばれますのできちんと伝えておきましょう。

 

借金をした理由を理解しておく

借金にも様々な理由があります。ギャンブルでつくった借金、連帯保証人になりつくった借金、奨学金でつくった借金など人によってまちまちです。ここで注意しておきたいのが、また繰り返す借金かどうかです。

奨学金でつくった借金ならば問題はないでしょうが、ギャンブルでつくった借金ならばギャンブルは依存しますのでまた繰り返すことがあります。また、連帯保証人になる人は人に騙されやすいかもしれませんので、また人に騙されてしまう可能性もあります。結婚をするということは家庭を守っていかなければなりませんので、借金という同じ過ちを繰り返さないように、借金をした理由を理解しておくことは大切です。

 

結婚後の生活を考えておく

借金を抱えて生活するということは、生活費から借金返済をしなければなりません。よって、借金を返済しながら生活していけるかどうかを考えておきましょう。いざ結婚をして、借金のせいで生活ができないとなれば、せっかく結婚しても即離婚となりかねません。

 

いかがでしょう、借金があることは結婚したい相手には言いづらいと思います。しかし、真剣に結婚を考えているのであれば相手に伝えなければなりません。借金のことを相手に伝えたら今後どうするかを相手と話し合いましょう。

結婚をするといことは今後の人生を共にするということですので、あなたの借金が相手の借金になるといっても過言ではありません。借金があっても二人で素敵な人生が歩めたらよいですよね。

まとめ

借金があっても結婚したい人が真剣に考えるべき9つの事

1.借金の返済
2.借金について相手に話す
3.結婚式をどうするか
4.新婚旅行はどうするか
5.婚約指輪、結婚指輪はどうするか
6.今後の借金返済予定
7.一番してはいけないのは隠すこと
8.借金をした理由を理解しておく
9.結婚後の生活を考えておく


連記事
タイトルとURLをコピーしました