出産費用はどれくらい?無痛分娩を体験した5人の体験レポート

出産費用はどれくらい?無痛分娩を体験した5人の体験レポート
出産にはとても高額な費用がかかります。出産一時金という、新生児一人につき支払われる42万円を差し引いても、病院によっては数10万単位の出産費用がかかります。かわいい我が子に出会うためとはいえ、増税も重なって一般庶民の家庭にはとても痛い出費です。おまけに出産時の壮絶な痛みは、女性の歯や髪の衰えを急速に加速させると言います。そんな出産時の命がけの痛みを緩和すべく「無痛分娩」を考えている方も多いでしょうが、無痛分娩の場合は更にその費用が出産費用に上乗せされます。日本では無痛分娩はそれほど普及していないため、無痛分娩にかかる費用も未知の世界です。周りをみまわしても「無痛分娩経験者」という方は少ないでしょう。そんな気になる無痛分娩での出産費用について、体験者にきいてみました。

 

出産費用はどれくらい?
無痛分娩を体験した5人の体験レポート

 

出産費用総額71万円のケース

最近では通常のお産が60万近くかかってしまう高額の出産費用を要する産院が増えてきました。都心だと、大学病院でさえ55~60万という出産費用がかかります。そして赤ちゃんは生まれてくる日や時間を選んではくれませんから、休日料金に夜間分娩料金が上乗せされると財布は一気にすっからかんになります。そんな高額追加料金が重なった上に無痛分娩料金を加算して、総額71万円という体験者がいらっしゃいました。内訳は、通常分娩費用と5日入院費で58万円と、休日分娩費2万円に夜間分娩費4万円、そして気になる無痛分娩費の7万円を足して、合計71万円の出産費用です。出産一時金の42万円を差し引いても、残額は29万円。妊娠中にしっかりと貯金しなければなりませんね。

 

出産費用総額41万円のケース

産院によっては無痛分娩費用を無料に設定している素敵なところもあるんです。しかも平日の日中に出産した場合は夜間料金の加算などがないため、総額が非常にスマートになって大助かりです。ある体験者の出産した病院では通常の出産費用も41万円と非常にリーズナブル。出産一時金をいただいたら、なんとおつりがくるほどのありがたい料金でした。妊娠を計画している段階で、こんな素敵な病院が近場にあるかどうか、探してみるといいかもしれません。

 

出産費用総額65万円のケース

最近では出産費用の総額が60万円を超えるケースが多いです。大学病院などでの出産費用も高くなったんですよね。これだけの高額出産費用ならば少子化になるのも無理はないと思います。とある地方都市の大学病院での通常の出産費用パック料金が53万円、更に夜間分娩費が7万円、そして気になる無痛分娩費用が5万円で、合計65万円の出産費用がかかった体験者がいました。万が一、産まれた赤ちゃんに緊急処置が必要な場合を考えると、小児外科のある大きな大学病院での出産は安心できます。お近くで出産費用の安い大学病院があると良いですね。

 

出産費用総額61万円のケース

無痛分娩は、硬膜外麻酔が一般的な方法です。腰のあたりから背骨のあたりに麻酔の注射をうち、下半身の痛みを感じる神経に麻酔をかける方法です。「無痛分娩で陣痛は感じなくなったけど、赤ちゃんがおりてくる感覚は分かったので、タイミング良くいきむことができた。」と経験者が話していました。欧米では一般的ですが、日本では普及が遅れている無痛分娩は、麻酔科医の立ち合いが必須になるため余計に費用がかかります。腕のいい麻酔科医のいる産院だと安心して出産できますが、当然のことながらその分出産費用はかさみます。ある産院では、通常分娩費用が45万円に、無痛分娩がなんと16万円で、合計61万円かかったという体験者がいました。ここまで高額な無痛分娩費は稀です。さぞかし腕のいい麻酔科医がいるのだろうな~と想像できますね。

 

出産費用総額61万円のケース

食事が豪勢だとか、全室個室であるとか、立会出産ができるとか、産院によって様々なサービスを提供しています。もちろん快適な産院であるほど基本的な出産費用もお高くなります。出産してから4日間の入院期間中、フランス料理のような豪華な食事を提供してくれる都内の産院では、自然分娩での出産費用は59万円と少し高めです。更に事前に申し込みをしておけば、無痛分娩の費用はプラス2万円。妊婦の容体次第での緊急的な無痛分娩だと、さらに追加料金がかかるようです。

 

さて、5人の無痛分娩体験者のレポート結果はいかがでしたか。一口に「無痛分娩」と言っても、それにかかる費用はぴんきりです。無痛分娩だけの費用が0円のところもあれば、高い産院では16万円の無痛分娩費がかかるところもあるのです。そもそも基本的な出産費用ですら、産院によって様々な価格設定です。家計の苦しい庶民としては、出産一時金で大部分をまかないたいところですが、出産時の壮絶な痛みを回避すべく無痛分娩を考えているのならば多少のコストアップは避けられません。妊娠を考え始めたその時から、無痛分娩をリーズナブルな価格で行ってくれる産院を探し始めたほうが良いかもしれませんね。妊婦健診で通うことも考えれば、いくら安いと言っても遠方では難しいです。家の近くで安い産院があることを願うばかりですね。

 

まとめ

出産費用はどれくらい?
無痛分娩を体験した5人の体験レポート

・出産費用総額71万円のケース
・出産費用総額41万円のケース
・出産費用総額65万円のケース
・出産費用総額61万円のケース
・出産費用総額61万円のケース


連記事
タイトルとURLをコピーしました