出産費用が大幅に節約できる!知っておきたい7つの制度

出産費用が大幅に節約できる!知っておきたい7つの制度
子供が出来た瞬間って、本当に嬉しさで頭がいっぱいになると思います!これから家族が増えていくワクワク感と、自分の子供がこの世誕生するというウキウキ感で思わず飛び上ってしまう方もいるでしょう。けれど奥さまから「出産って、本当にお金かかるんだからね。お小遣い減らすよ!」と言われた瞬間に、一気に今後のお金について不安になってしまうという旦那さまも少なくはありません。また、育児雑誌を読むようになって「出産ってこんなにお金がかかるんだぁ!」と驚くプレママもたくさんいらっしゃいます。確かに、出産にお金はかかります。けれども、出産費用が大幅に節約できる公的な制度があるってご存知ですか?出産前にこれらの制度の内容をきちんと理解して、使える制度はきちんと利用するのが一番のポイントです!そこで、今回は「出産費用が大幅に節約できる!知っておきたい7つの制度」と題してお送りいたします!

 


出産費用が大幅に節約できる!
知っておきたい7つの制度

 


1、絶対に使おう 出産育児一時金

出産って想像以上にお金がかかります。費用は自然分娩・帝王切開・無痛分娩などの出産スタイルや、それぞれの病院の設備でも大幅に違ってきますが、大体は45~55万内で収まる方が多いです。そこで現在の日本の法律では、妊娠4か月以上の女性が出産した場合には1人月井42万円の出産育児一時金が支給されています。ですから、出産にかかるほとんどのお金は国から支給されるというわけです。私達が支払う金額は、出産にかかった総額から、出産育児一時金の金額を引いた額になります。中には、出産育児金よりも安く済んだという方もいますが、ほとんどの方は3~10万円ほどの自己払いがあるようです。

 


2、働くママなら利用して 出産手当金

働くママに「妊娠が分かった時、何か不安な事はあった?」と聞いてみたところ、このような答えが返ってきました。「同僚に仕事面で負担を掛けるかもしれない」「初めての妊娠で、仕事が続けられるか不安」という仕事に対する不安も多かったのですが一番は「共働きじゃないと、家計が成り立たない」「収入がなくなるのが怖い」といった収入面に関する不安でした。けれど、働くママには「出産手当金」という制度があるので心配はいりません。これは健康保険組合が、98日間お給料の3分の2を支給してくれるという制度です。これによって、だいぶ働くママの負担も少なくなりますよね。

 


3、妊娠を機に退職する方へ 失業手当金

妊娠中のつわりがひどかったり、旦那さまと相談して育児に専念する方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、失業手当金の申請を行いましょう。ただし失業手当金を受け取るには、次に働くという意志のもとで、定期的にハローワークに通わなければいけません。でも妊娠中に「バリバリ働きます!」っていう方は、いないですよね?そこで、失業手当金の受給期間の延長届を出しましょう!

 


4、もしもの時のために 高額医療費制度

何事もなく、妊娠・出産を迎えることが出来れば「出産育児一時金」で足りると思います。けれど100人いれば100通りの出産ストーリーがあるので、中には切迫流産・つわり悪阻・妊娠中毒症などで予定外の入院や治療が必要になってくる場合もあります。母体と胎児の命が最優先なので、費用が掛かるのは仕方のないこととはいえ、正直出費は痛いと思います。けれど日本には「高額医療費制度」があることを、事前に理解しておけば不安になることはありません。高額医療費制度とは、その月に医療機関や薬局に81000円以上支払った場合に適用される制度です。ただし、適用されるのは保険治療したものにだけですから、ご注意ください。

 


5、突然の入院に対応可能 傷病手当金

「傷病手当金制度」とは働く妊婦さんに適応される制度の一つで、例えば、妊娠悪阻・切迫流産・切迫早産などの妊娠中のトラブルで会社を休む場合に適用されます。これは、報酬日額の3分の2の額の傷病手当金が貰える制度なのです。妊娠中に突然トラブルが起きると戸惑ってしまいますが、予備知識としてこのような制度を知っておくことが大切です。

 


6、所得税の還付金もお忘れなく

ちょっと忘れやすい所得税に関する制度です。では、所得税とは何か?という事に絡めて、ご説明していきますね。所得税というのは、その会社で1年間働くことをを見なして設定されています。ですから妊娠をきっかけに、年度の途中で退職をする場合は手続きが必要になります。その手続きとは、自分で確定申告をして、過払い分の所得税を申告するという手続きです。

 


7、妊娠・出産時の地区の助成金はありますか?

実は、妊娠・出産時に地区によっては助成金が出ます。助成金があるかどうかは、地区ごとで違いますのでお住まいの地域の公的機関に問い合わせてください。ただし、条件があります!生まれてくる子供の保護者が日本の公的健康保険に加入していることが条件となってる場合が多いのです。まずは、助成金があるのかどうか確認しましょう。

 

以上「出産費用が大幅に節約できる!知っておきたい7つの制度」をご紹介しました。これらの制度は、知っているかいないかで全然違ってきます。出産してから手続きできるものと出来ないものがありますので、まずは妊娠が分かった時点できちんとお調べになるのが良いと思います!
妊娠・出産が初めての方は色々戸惑われることも多いと思いますが、ママの先輩はまわりにたくさんいます!1人で悩まずに、どんどん聞いてわからないことは解決していきましょう。

 

まとめ


出産費用が大幅に節約できる!
知っておきたい7つの制度

1、絶対に使おう 出産育児一時金
2、働くママなら利用して 出産手当金
3、妊娠を機に退職する方へ 失業手当金
4、もしもの時のために 高額医療費制度
5、突然の入院に対応可能 傷病手当金
6、所得税の還付金もお忘れなく
7、妊娠・出産時の地区の助成金はありますか?


連記事
タイトルとURLをコピーしました