独身税の導入で既婚者が多くなる?!9つのホントとウソ

独身税の導入で既婚者が多くなる?!9つのホントとウソ

独身者に対する課税で精神性を操作できます。超高齢化社会へ一直線の日本は、今後も低所得者の増加に歯止めがききません。独身愛好者にとっては、迷惑な政策であると思われるかもしれませんが、実はそうではありません。平和文化に染まりきってしまった日本は、多くの自由を得ることを当然の権利と思う風習が出来上がってしまいました。

しかし、日本は既に貧乏であり、今後更に貧乏になります。貧困の世の中において、人間の希望はどこにあるのか。それは、現代人が忘れかけてしまっている『愛』です。今一度、かつて誰もが持っていた思想を思い起こしてみましょう。ここでは独身税のホントとウソに迫ります。

 

独身税の導入で既婚者が多くなる?!
9つのホントとウソ

 

不公平性の緩和

既婚者は、家庭を守るために独身者より多種の支出を捻出しなければなりません。そのため、既婚者に対する課税はあまりに過酷と言えるでしょう。

そういう意味では、独身者への課税はある種当然の措置と言えます。今後、更に税収を増やさなければなりません。その対象が独身者に向けられてしまうことはしょうがないことなのです。国家を存続させる上でも、必要な政策であるということです。

 

結婚に踏み切る後押し

結婚してもいいかなという相手がいる人にとって、迷いを生じさせるものがいくつかあります。それを盲目的に遮断する効果があります。「独身税払わなくてよくなるし、結婚してもいいかな」という思考が生まれるということです。

結婚することの利点が増えれば、不利益をあまり考えなくなるものです。その意味でも、既婚者の増加は期待できます。

 

離婚率が増加

結婚する人が増えれば、離婚する人も増えます。人間の情緒として、独身税が嫌だから結婚するひとはほとんどいません。なぜなら結婚という契約はその程度で踏み越えることの出来るものではないためです。

しかし、社会の流れをそのまま受け入れてきた人にとって、意識改革を行わずに今後も過ごしていたら、離婚の可能性を高めてしまうでしょう。人との繋がりを意識するような精神性を持つようにすることが求められます。

 

暮らしは家族で支える世の中へ

今後の日本は、遠くない将来、生産者人口が、非生産者人口と並びます。それが意味することは、家族で協力しないと暮らしを保てないということです。

人間はひとりでは生きていけないと言いますが、家庭を持たなくても生きていけている人は多く居ます。しかし、今後はそれが困難になっていきます。助け合いの精神を思い起こしましょう。

 

『もったいない』の国民性

日本人は、もったいない支出を嫌う傾向があります。独身税は、既婚者であれば払わなくて良いものとして捉えれば、それは無駄な支出として捉えるようになるでしょう。「無駄なものを払い続けているくらいなら」と結婚を前向きに考える人が増えていきます。

 

独身でいることのメリットの減少

独身者にとって最大のメリットは、支出の自由選択にあります。結婚すると、金銭の自由がほとんどなくなります。それを嫌って、結婚を避ける人が圧倒的に多いのです。そのため、金銭の自由が薄れていけば、既婚者は増えていきます。

 

新時代を迎える日本

今後、日本国内の環境は劇的に変わっていくでしょう。世界的にも類を見ない年代別人口分布を迎え、社会の構造そのものが一変します。その中においても尚、現代のような生活が実現できるはずがありません。そのための準備として、独身税は、前向きな政策であると言えます。

 

生産者人口割合への懸念

今後、生産者の割合は正常な状態とはかけ離れた時代を迎えてしまいます。加えて、延び続ける平均寿命も重なるため、近い将来、定年は10年前後伸びることになるでしょう。そのような時代を迎えるにあたり、独身税の導入は必要と言えます。国民は、家庭を持つことを必要とするようにならなければなりません。それを懸念した上での政策としては、正しいと言えます。

嫌なものを嫌と言っていられる時代は、もう終わりつつあるということです。

 

貧しさを突き詰めていくと、愛に行き着く

貧しいとき、人は愛を求めます。現代人が忘れかけている感情を、今一度見つめ直してください。人は、男女で支え合うことが生きていく上での最大の美徳であった時代があります。今でこそ希薄になりましたが、今後はそれが求められるようになるはずです。前向きに、考えてみましょう。

状況は、簡単に変えることはできませんが、考え方一つでいくらでも好意的に解釈することができます。愛を見つめ直す機会にすれば、人生は輝きを持つことができるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

独身税は、今後を見据えた前向きな政策です。直接的に支出が増えるため、それを邪魔だと感じる人は大多数だと思います。しかし、避けては通れないものであることを自覚しましょう。その上で、何が必要か、どのような考え方が求められるか、どうすれば適応していくことができるか、考えてください。

結婚は、幸福なものであったはずです。今でもそれは、何一つ変わっていません。どこかでそのイメージを間違えてしまっているだけなのです。幸せとはなんたるかを、今一度思い起こしましょう。

 

まとめ

独身税の導入で既婚者が多くなる?!9つのホントとウソ

・不公平性の緩和
・結婚に踏み切る後押し
・離婚率が増加
・暮らしは家族で支える世の中へ
・『もったいない』の国民性
・独身でいることのメリットの減少
・新時代を迎える日本
・生産者人口割合への懸念
・貧しさを突き詰めていくと、愛に行き着く


連記事