仲良し夫婦でも気をつけて!絶対離婚する9つのきっかけ

仲良し夫婦でも気をつけて!絶対離婚する9つのきっかけ
夫婦仲が良いことは、すばらしいことですよね。恋愛結婚でもお見合い結婚でも、結婚したのはお互いが「このひととずっと一緒にいたいな」と思ったから。そして初心を忘れず、歳をとっても手をつないでいられる夫婦でいられたらいいな、そう思っている夫婦はたくさんいる事でしょう。

しかしそんな仲良し夫婦でも油断は禁物、どんな仲良し夫婦でも絶対離婚する「きっかけ」があるんです。そこで今日は仲良し夫婦が離婚に至るきっかけについてお伝えします。ではご覧ください。

浮気などのあやしい行動

配偶者のあやしい行動、気になりますよね。携帯を見る頻度が増えた、携帯にロックがかかっている、休みの日ひとりで出かけるようになった、出張が多くなった…そんな小さなことひとつひとつが「浮気しているんじゃないの?」という疑念につながります。

たとえそれが誤解であっても「浮気だ!」と思いこんだ配偶者の気持ちを切り替えさせるのは、相当な労力が必要です。たとえ浮気をしていなくても「あやしい」という気持ちを抱かせてしまうと、離婚に繋がりかねません。

仲が良ければよいほどに、相手の裏切りはショックなものです。浮気はもちろん、配偶者を不安にさせる怪しい行動はしないようにしましょう。

 

元カレ、元カノの陰

新居に昔のアルバムや思い出の品を持ってきているひと、気をつけましょう。そこに元カレ、元カノの写真はありませんか?

元カレ、元カノからもらったもの、入っていませんか?結婚したのに元カレ、元カノのものを持ち続けていると「まだ昔のひとに未練があるの!?」と思われてしまいます。

「昔の人がまだ好きなのに結婚したの?!」と思われると、仲良し夫婦に亀裂がはいってしまいます。新居に持ち込むものは、きちんと選定してから持ちこむようにしましょう。

 

親戚づきあい

親戚づきあいで揉めると、離婚に繋がりかねません。結婚のご祝儀をもらっていないのに、親戚の結婚式のときにご祝儀を要求されたとか、顔さえ知らない親戚から香典を要求されたとか、親戚づきあいのトラブルは絶えません。

なぁなぁで済ましていると「もうあなたの親戚とはつきあいたくない!」と離婚を切り出されてしまいます。そうならないように、親戚の無礼があったときは、配偶者にしっかり謝りフォローしましょう。

 

親の介護

親の介護問題は、どこの家庭もでてくるものです。自分の親でも大変なのに、義理の親を介護するのは相当大変なことです。自分の親の面倒を配偶者に見てもらうようなことは辞めましょう。

親への仕送りの額も、夫婦で平等にしましょう。いざというとき施設に入所させるのか、自宅で介護するのかも、介護問題がでてくる前から夫婦で話し合っておきましょう。

 

育児

子どもが欲しいと思っている仲良し夫婦が多いでしょう。でも、いざ子どもが産まれてみると、子どもの世話や教育方針で、夫婦が対立する場面もでてきます。

お互いの言い分を聞いて、話し合い、子どものためになにが良いのか夫婦で考えて行きましょう。どちらかの意見を通すようなことを続けていると、離婚に繋がりかねません。

子どもは夫婦が協力して育てるものです。仲良し夫婦でいたいのであれば、時に譲り、時に話し合い、子育てを共同作業として行いましょう。

 

仲良し夫婦の人生設計のなかに「家を建てる」「家を買う」という項目もあるでしょう。でも、家をきっかけに仲たがいする夫婦もいます。どこに建てるのか、どのような家にするのか、いくらで買うのか、夫婦でしっかり話し合っておきましょう。

奥様が妊娠していて身動きがとれないときに、旦那様がどんどん決めて勝手に家を建てる…なんてことになると、奥様は怒ってしまうでしょう。住みたくもない家に住まなければならないとなると、喧嘩も多くなり、離婚に繋がってしまいます。

家族みんなが納得する家に住むために、よく話し合うことが大切です。

 

お金

借金は離婚の原因になります。配偶者に隠している借金はありませんか?また、浪費癖はありませんか?結婚し、夫婦の共同財産になったお金をどんどん使ってしまっては、配偶者に愛想を尽かされてしまいます。

お金を理由に離婚する夫婦はたくさんいるのです。仲良し夫婦だから許されるなんてことはありません。お金の管理、使い方は、夫婦で話し合って決めましょう。

 

家事分担

共働きの仲良し夫婦は、家事分担をきちんと決めていますか?専業でも、家事をねぎらったり感謝の言葉を伝えたりしていますか?家事なんてどちらかがやって当たり前…を貫いていると、いつか「もうやってられない!」と言われて離婚に繋がってしまいます。

仲良し夫婦だから、そんなことはないよと思っていても、家事は毎日のことです、日々蓄積された不満がいつか爆発しかねません。家事は分担、あるいはどちらか片方がする場合、しっかりねぎらいの言葉と感謝の意を伝えるようにしましょう。

 

老後

年老いてもふたりで仲良く暮らしたいと思う夫婦は多いでしょう。しかし病気になったり、介護が必要になると、そうも言っていられなくなります。60代、あるいはもっと早い段階で介護が必要になるひとだっています。

配偶者に介護の負担をかけすぎると、離婚の原因になりますよ。お互いのためにも、介護施設や病院を元気なうちに探しておきましょう。

 

いかがでしょう、今は仲良し夫婦だから、これから先もずっと仲良しだよ!そう思っている夫婦は多いかもしれません。しかしここで見てきたような原因で、離婚してしまう夫婦も多いのです。

長い人生、仲良し夫婦でいるために、これらの問題に直面したときは、しっかり夫婦で話し合うようにしましょう。お互いの意見をすり合わせて、打開策を見つけて行くことで、より仲良し夫婦になることができますよ。

まとめ

仲良し夫婦に気をつけてほしいのは

・浮気などのあやしい行動
・元カレ、元カノの陰
・親戚づきあい
・親の介護
・育児
・家
・お金
・家事分担
・老後


連記事