離婚原因ランキング☆最も多い離婚原因トップ10☆

離婚原因ランキング☆最も多い離婚原因トップ10☆
離婚原因ランキングは、昔と最近では変動があるのでしょうか。離婚の理由が変わって来ているということがありますので、離婚原因のランキングも変わってきているようです。実際に周りの人が離婚している原因も、この中に含まれていることが多い事でしょう。

そこで今日は、最近の離婚原因ランキングについてお伝えします。また、離婚をしたくない人は以下の内容に気を付けることにより、離婚をしなくても済むということになるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

ランキング1位 性格の不一致

性格が合わないと夫婦が感じると、どうしてもお互いの間に距離感が生まれます。そして何度もそのように思うことにより、離婚するしかない・・と思う夫婦が多いようです。結婚する前に交際している時には分からなかったことが、結婚してから分かるということも多々あるようですね。

 

ランキング2位 子供を大切にしてくれない

自分の子供なのに全く大切にしないということが、父親だけではなく母親にも見られることのようです。子供にとっては両親が自分を愛してくれなければ他にすがる場所もないという状態になります。自分の子供なのにどうして大切に出来ないのか・・と思いながらも子供を虐待するような親が増えています。

こんな人の近くにいたら子供の命が危ないと感じて、離婚をしようと決めることも少なくありません。

 

ランキング3位 夫や妻の浮気

夫が浮気をしたとしても1度や2度なら我慢するという妻も多いようですが、妻の浮気を許せない夫は結構いるようです。夫の浮気に関しても、当然のように浮気をしている夫を見ることに耐えられなくなった妻が、離婚を決意するということがあります。

自立した女性が多くなってきましたので、こんなに何度も離婚されて嫌な思いをするぐらいなら離婚をしたいと思う妻が増えているのです。

 

ランキング4位 夫や妻の実家との折り合いが悪い

妻の実家や親戚と、夫との折り合いが悪いという場合や、夫の兄妹と妻が仲が悪いというようなことなど、様々な問題が出ることがあります。ある程度折り合いをつけてうまくやっていきたい気持ちはあっても、親族で集まるたびに気まずい空気が流れ、帰宅後に夫婦相手でもめるというようなことはあり得ます。

出来れば自分の兄妹や両親、そして親戚と仲良くしてほしいと思いながらも、努力をしてくれない夫や妻を見ると、もう夫婦として私たちは無理かな・・と感じることもあるようです。

 

ランキング5位 モラハラをしてくる

まさか家の中でそんな目に遭うとは思ってなかったという人も多いでしょう。でも自分が良かれと思ってやることや、自信を持っていたことに対して、結婚相手からモラハラを受けるということはよく聞く話です。それが理由で自信を失くして、精神的に落ち込んでしまうような日々が続き、社会に対しても不安を感じながら生きていくことになる場合もあるのです。

モラハラをする側としては、それをストレス解消にしている場合もありますので、それが分かった時点で離婚をすることは賢明なことかもしれません。

 

ランキング6位 夫や妻に浪費癖がある

妻に浪費癖があるとしたら、せっかく夫が稼いできたお金であっても、貯金をせずにどんどん使われてしまうことになります。そうなると夫は妻のために頑張ろうという気持ちを失ってしまうのです。浪費癖があるというような人を結婚相手に持つと、ハラハラした日々を過ごさなければいけません。そしてそのことで喧嘩をすることも多くなるでしょう。

気が弱い人でしたら相手に言えないでストレスとして溜めてしまうかもしれません。浪費癖はなかなか直らないものですから、何度お願いしても直してくれないということでしたら、離婚した方が幸せかもしれません。

 

ランキング7位 相手からの暴力が原因

以前では夫が妻を殴るということが多かったのですが、近年では妻が夫に暴力をふるうということも多いようです。草食系男子が増えているからということもありますが、女性が強くなったということもあるのです。男として妻の暴力に耐えられなくなり離婚を決意する男性も多いです。

殴った方はそれですっきりするかもしれませんが、家庭においてそれが当然になってしまうと精神的にもまいってしまい、結果として離婚することになるのです。

 

ランキング8位 相手が家庭での役割を果たさない

夫が毎日のようにお酒を飲んで遅く帰ってきて、妻は家事や子供の面倒を一人でみなければいけないというパターンが一般的です。逆に妻が家事を全然せずに家の中が汚い状態ということもあるでしょう。そうなってくると、お互いが求めている理想の夫像、妻像とかけ離れているということになりますので、我慢が出来なくなり離婚を決意することになります。

 

ランキング9位 自分の親との同居を拒否された

両親が年を重ねると、長男や長女ということもあり親の面倒をみることは当然のようになってきます。そういう時に結婚相手がそれを拒むということも可能性としてあるでしょう。そうなると、自分の親を取るか結婚相手を取るか・・ということで苦しむ人も出て来ます。

快くということは無理かもしれませんが、自分と結婚したのなら親と同居してくれることは義務や責務として当然というように思った時、相手がそれを受け入れてくれないということで、相手との距離を強く感じて結果離婚に至るということもあります。

 

ランキング10位 相手から思いやりを感じない

結婚してすぐの頃はあんなに優しかったのに・・今では全然相手から思いやりを感じられないということは多々あることです。そういう自分も相手に対して思いやりを持てなくなっているかもしれません。お互いがそう感じた時に、もう一緒にはいられないと思い、離婚することになる場合も多いようです。

 

さて、離婚原因ランキングを見て、うちの夫婦も危ないかも・・と思った人は結構いるかもしれませんよね。昔に比べると離婚は日常茶飯事に行われています。バツ1やバツ2の人も世の中にたくさん増えています。男性の場合、その方がモテるというようなこともあります。とはいえせっかく出会えた相手と仲良く暮らしていけることが理想的ですよね。

まとめ

離婚原因ランキング☆最も多い離婚原因トップ10☆

1位 性格の不一致
2位 子供を大切にしてくれない
3位 夫や妻の浮気
4位 夫や妻の実家との折り合いが悪い
5位 モラハラをしてくる
6位 夫や妻に浪費癖がある
7位 相手からの暴力が原因
8位 相手が家庭での役割を果たさない
9位 自分の親との同居を拒否された
10位 相手から思いやりを感じない


連記事