部下が信頼し尊敬される上司になるための必須条件

部下が信頼し尊敬される上司になるための必須条件

部下が信頼し尊敬するような上司というはあまり多くないでしょう。大抵の場合、どんなに仕事ができる上司でも人間なのでどこかしらに欠点があるため、部下は不満を貯めることがあるでしょう。

また、会社員は仕事で溜まったストレスをお酒の場などで吐き出して精神的に安定を保っているため、そのような時には上司に悪口を言い合うことが一般的です。しかし、中には誰からも信頼され、尊敬される上司もいるものです。

では、そのような上司になるためにはどのような行動を取ればいいのでしょうか。完璧な人間などいませんし、うまくやろうと思う気持ちはみんな一緒なのにどこに差が出るのでしょうか。そこで、部下に信頼され、尊敬される上司になるための必須条件をご紹介します。

 

部下が信頼し尊敬される
上司になるための必須条件

 

雑用も実務もしっかりする

部下が上司に対して不満を抱く理由には、上司が実務を殆どやらなかったり、雑用の仕事を認識すらしていないからというケースがあります。

一方、基本的に実務や雑用は部下に任せているものの、人出が不足するなどのいざというときに進んで雑用や実務をやってくれる上司は、部下から信頼されます。偉い立場になってもなお、雑用をすることを厭わないというのは中々できそうでできない事なのです。

 

部下に指示をだしても細かい事は言わない

部下に仕事の指示を出す時に、細かなやり方まで支持する上司は、部下からすれば自分が信頼されていないと思われてしまいます。大まかな指示を部下にしておいて、細かなやり方は部下に任せるというのが信頼される上司の条件です。

仕事のやり方は人それぞれですし、その手法がどうであれ、問題なく成果を出すことができればいいのです。もし、指摘すべき事があれば、アドバイスと言う形で部下に進言することが大切です。

 

部下の仕事をしっかり見ている

部下は、上司に気にかけてもらっていると安心しますし、上司を信頼することができます。よく、仕事の指示まではするけれども、アフターケアを全くしない上司がいます。

忙しいことを理由に確認書類を全く処理しなかったりする上司は、部下からの信頼を得ることはできません。例えどんなに忙しくても部下をマネジメントすることが上司の勤めですから、少なくとも一言声をかけて上げるようにしましょう。

 

部下のミスの責任を負える

部下が仕事でミスをしてしまった時に、真っ先に責任を負える上司は直属の部下のみならず、他の部署の人達からも尊敬される存在になります。

会社員は、どんなにキレイ事を言っても、結局は自分の評価が給与や昇格に関わってくるため、何か不都合があった時にはなるべく自分が責任を負いたくないと思うのが一般的でしょう。そこで上司としての責任をきっちりと果たせる人は周囲から信頼を得て尊敬される存在になれるでしょう。

 

上司であっても自分の非を認められる

上司になると、部下に対して謝ることができなくなってしまう人が多くいます。自分の上司としての面目を守りたい、上司として完璧でなければいけないと思う人は、自分に非があったとしてもそれを認めないのが正しい選択だと思っているのでしょうが、それは大きな間違いです。

部下から信頼される上司になるためには、自分が悪いと思った時には相手が誰であれ謝ることが出来ることが条件なのです。

 

話が短くわかりやすい

部下が尊敬する上司はズバリ、仕事が出来る上司でしょう。話が長く、結局何を言ってるのかわからない上司というのは論外です。

部下の誰よりも頭がキレて、仕事が早くスマートな上司になるためには、まず話を簡潔にまとめ、相手にわかりやすいように説明や指示を出来るよう心がけましょう。部下は冗長的な話をする上司を馬鹿にする事も多くあるのです。

 

誰に対しても同じ態度である

誰に対しても同じ態度で接することが出来るというのは、部下から尊敬される上司の重要な条件となります。

自分が部下だった時は、上司にばかりペコペコと頭を下げる上司が情けないと思っていたのにいざ、自分が上司の立場になると会社の重役を目の前にして自然とペコペコと頭をさげ、部下に対しては偉そうにしてしまっているという人は、部下から信頼され、尊敬されることはないのです。

 

いかがでしたか。

部下が信頼し、尊敬する上司に必要な条件と言うのは何も難しいことではありません。自分がもし部下の立場ったらどんな上司が理想なのかということを考えてみれば、自分がどうすべきかが自ずとわかってくるのです。

そのような理想の上司になろうとするには努力と勇気が必要な場面があるでしょう。しかし、人より多い努力と勇気があってこそ、上司なのです。部下からも信頼され、会社からも評価されるような上司になれるよう、常に自分の振る舞いを顧みる姿勢が大切です。

 

まとめ

部下が信頼し尊敬される上司になるための必須条件

・雑用も実務もしっかりする
・部下に指示をだしても細かい事は言わない
・部下の仕事をしっかり見ている
・部下のミスの責任を負える
・上司であっても自分の非を認められる
・話が短くわかりやすい
・誰に対しても同じ態度である


連記事