嫌な上司と程良い距離感を保ち、今より仕事を捗らせる方法

嫌な上司と程良い距離感を保ち、今より仕事を捗らせる方法

大抵の人はほとんど毎日仕事に行くのではないでしょうか?毎日ではなくても仕事をしている人は多いと思います。そんな中で自分の職場の人間関係は何の不満もないほど良いと言える人は少ないのではないでしょうか?特に上司との人間関係は仕事のモチベーションを維持し仕事を続けていくうえで欠かせないものと言えます。

もし嫌な上司がいたとしてもこの不況の時代にすぐに仕事をやめるわけにもいかず悩んでいる人もいるのではないでしょうか?嫌な上司とも程よい距離感を保ち、仕事を捗らせることができたとしたらどんなにいいでしょう。今日はその方法をお伝えしたいと思います。

 

嫌な上司と程良い距離感を保ち、
今より仕事を捗らせる方法

 

自分の方から挨拶しよう

例え嫌な上司であったとしても出勤した時や帰る時などには、自分の方から「おはようございます」や「お疲れ様です」「お先に失礼します」などの挨拶をするようにしましょう。

自分の方から無視をしたり、嫌っているという雰囲気を出しても上司は不快に感じるだけで上手くはいきません。まずは自分の方から感じよく挨拶するように心がけましょう。

 

一生懸命に働こう

働きに行っているわけですから仕事において評価を得ることは大切です。出勤時間や約束の時間に遅刻したり、勤務中に私語が多かったり、自分の仕事が終わったら何もしなかったり、締め切りに遅れたりするなら信頼を得ることは難しいでしょう。

誠実に働けば、嫌な上司も仕事ができるという事実を認めてくれ働きやすくなるかもしれません。

 

上司の機嫌の良い時を知ろう

嫌な上司といっても人であることには変わりありませんから、機嫌の良い時と悪い時があるはずです。大抵、人は忙しい時や空腹のとき疲れている時にイライラしやすくなると言われています。ですから、上司の機嫌の良さそうな時を見て休暇の申請や仕事の相談を持ちかけるようにしましょう。

機嫌が悪そうだと感じたら、不必要に動き回ったり上司の目につくであろう言動は控えましょう。

 

上司の良い点を褒めよう

いくら、嫌な上司と言っても良い点や尊敬できる点もあるはずです。そのことを褒めましょう。褒められて不快に感じる人はほとんどいないはずですから、褒めれる点は積極的に褒めるようにしましょう。しかし、褒めるといっても注意しなければならないのはわざとらしくならないことです。とってつけたようなや褒め方や「偉いですねえ」など明らかに上から目線で褒めてはいけません。

上司のアドバイス通りにして上手くいった時など、「さすが!」と本当に思ったことを心から褒めてみましょう。

 

上司の好きな話題を話そう

嫌な上司であっても二人きりでランチやお茶の時間を過ごさなければならないことも当然あるでしょう。そのような時は、黙り込んでずっと携帯を触っているようなことをしてはいけません。上司の好きそうな話題、例えば趣味などを話題にし上司が話しているときは、例え興味がなくてもきちんと聞くようにしましょう。

 

職場で上司の悪口は言わないようにしよう

職場で上司の悪口はできる限り言わないようにしましょう。上司について自分と同じように感じている人がいるからといって思ったことを何でも話すのは危険です。職場という狭い世界の中では簡単に情報は回る可能性があります。もし、あなたの発言が上司も耳に入ったとしたら表面的にさえも良い関係を保つのは難しくなるでしょう。

もしそうなれば職場には当然居ずらくなり仕事はよりしにくくなります。

 

上司の嫌味は聞き流そう

もしかしたら上司はあなたに嫌味を言ってきたり理不尽なことを言ってくるかもしれません。もちろん言うのをやめさせたいと思うのが本音ですが、相手を変えることはできませんから不必要に上司の発言に気をとらわれないようにしましょう。

間違ったことをしていないのであれば、できる限り早く忘れてストレスの軽減に努めましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

嫌な上司の存在は決して嬉しいものではありませんね。それでも生きていくのに働かなければなりませんから、少しでも楽に働くことができるよう今日お伝えしたことを出来る限りで当てはめてみるのはいかがでしょうか?

この内容を実践すれば表面的にではあっても上司との関係が大きく崩れることはないでしょう。上司に良い印象を与えることで、自分の気持ちも楽になり仕事も捗ることでしょう。是非、出来ることから少しずつ実践してみてください。

 

まとめ

嫌な上司と程良い距離感を保ち、今より仕事を捗らせる方法

・自分の方から挨拶しよう
・一生懸命に働こう
・上司の機嫌の良い時を知ろう
・上司の良い点を褒めよう
・上司の好きな話題を話そう
・職場で上司の悪口は言わないようにしよう
・上司の嫌味は聞き流そう


連記事