私が上司を好きだと思わせるための刺激的な9つの行動方法

私が上司を好きだと思わせるための刺激的な9つの行動方法

あなたは上司が好きですか。良い上司に恵まれている人もいれば、そうじゃない人と様々な人がいると思います。しかし人は誰でも、他人に好かれたいという欲求があります。

部下に好かれていると知って悪い気がする上司は、あまりいないでしょう。人の感情は伝染します。あなたがまず好きになれば、相手も行為を持ってくれるものです。結局人間は感情に左右されるもの。仕事の評価や昇進、査定は上司にかかってきますし、自分の生活や家族がそれによって大きく変わってしまいますね。

あなたが上司を好きだと思わせれば、あなたの仕事も人生もかなりスムーズに行く可能性が高くなります。あなたは上司に好かれていると思いますか。ほとんどの人が、そうだったら良いと願っているでしょう。同じように、あなたの上司も部下に好かれていると良いな、と思っているはずです。

 

私が上司を好きだと思わせるための
刺激的な9つの行動方法

 

挨拶はかかさずに

朝晩の挨拶は、相手の存在を認めるという行為になり、人間関係を築く上での第一歩です。いつも挨拶してもらえると、あまり話したことのない人でも話しかけやすいものです。「私はいつでもあなたを受け入れますよ」というアピールになるので、ぜひ実践しましょう。相手より先に挨拶すると更に効果的です。

 

笑顔を忘れずに

ニコニコした笑顔で話しかけられると、人は受け入れられていると感じます。反対に険しい顔で受け答えされると、拒否されていると感じます。上司をことが好きだと思わせるためには、当然、常に笑顔を忘れないで下さい。ニヤニヤする必要はありません。口角を上げているだけでも表情がガラリと変わります。

 

話すときは適度な相槌を

上司が話しているときに相槌を入れると、相手は話をちゃんと聞いてくれていると思います。仕事中に話しかけられたら手を止めて、体は相手側に向けると、「あなたの話を集中して聞いていますよ」という意思表示になるのです。人は自分に関心が向けられてると感じると、好意を持ってくれていると思うものです。

 

雑談をしてみる

いつも仕事の話ばかりでは息が詰まりますね。雑談をすると、相手の好みや習慣がわかって人間性を知ることもできます。世間話や個人的な質問をされると、「この人は自分に興味あるのだ」という印象を与えることができます。上司の着けているネクタイ、仕事内容に通じる話題、上司の飲んでいる飲み物など、話題はそこら中に転がっています。

 

声のトーンを上げる

印象をよくしたいとき、機嫌の良いときは自然と声のトーンが高くなり、そうでないときは低くなりますね。上司とお話をするときに声のトーンを上げて明るくすれば、相手に対して好印象を持って欲しいという意思が伝わるでしょう。口角を上げて話すだけでも、声の印象が明るくなります。特に電話で話すときは意識してみて下さい。

 

気遣いの言葉をかける

具合が悪いとき、残業で遅くまで残ったとき、誰か優しい言葉をかけてくれるとホッと気持ちが和みませんか。一見強そうに見える上司でも同じこと。「お疲れ様でした」、「大丈夫ですか」、「お気をつけて下さい」など、あなたに優しい言葉をかけてもらえたら嬉しいはずです。あなたが上司のことを気にかけている気持ちがきっと伝わるでしょう。

 

褒め言葉は同僚を通じて

上司の目の前で褒めて持ち上げるより、人づてに褒めていたことを聞いたほうが好感が持てます。なぜかというとゴマすりというのは本人にしか言わないので、人づてに聞くと本音の意見という印象が強くなります。くどくど長いと伝言ゲームのように意味が捻じ曲げられてしまうので、「○○さんは優しい」など、ほんの一言にしておきます。

 

思い切ってランチに誘ってみる

あなたの上司は意外に孤独だったりしませんか。上司はみんなを取りまとめる役ですから、同じ立場の人が身近にいないので、悩みを部下と共有できない存在ですよね。部下が上司を誘うのはなかなか勇気がいるものですが、上司からすると案外嬉しいものです。一般的に嫌いな人を食事に誘ったりはしませんので、これは効果的でしょう。

 

他の同僚がしていないことをやってみる

あまりゴマをするような行為は印象が悪いですが、広く一般的にされている贈り物は許されると思います。残業しているときにドリンクを差し入れたり、旅行に行ったときに上司の好物のお土産を買ってきたりしたら、その人のことを考えてくれていると感じるでしょう。女性ならバレンタインなどに、普段お世話になっている気持ちを形にしても良いですね。

 

とは言え、職場は学校とは違うので、愛情を持って指導してくれる先生とは違い、必ずしも尊敬できる目上がいるとは限りません。いつも不機嫌で怒ってばかりいたり、セクハラさえする不届きな上司さえいるのが現状です。どうしても好きになれなかったとしても、少なくとも好きなフリをすることはできるはず。どちらかが歩み寄らないと、関係は良い方向に向かって行きません。努力すればきっと何かが変わるはずです。素敵な上司に恵まれたという人には、これからも良い関係を築いて行って欲しいと願います。あなたが上司を好きだという気持ちはきっと伝わるでしょう。

 

まとめ

私が上司を好きだと思わせるための刺激的な9つの行動方法

・挨拶はかかさずに
・笑顔を忘れずに
・話すときは適度な相槌を
・雑談をしてみる
・声のトーンを上げる
・気遣いの言葉をかける
・褒め言葉は同僚を通じて
・思い切ってランチに誘ってみる
・他の同僚がしていないことをやってみる


連記事