離婚したくないあなたへもう一度やり直すためのテクニック

離婚したくないあなたへもう一度やり直すためのテクニック

3人に1人が離婚する時代と言われている現代では、ある日突然、配偶者から離婚を告げられることも決して他人事ではありません。しかし、言われた方としては大なり小なり驚きと混乱があるでしょう。

そして、理由は様々ですが、多くの方が可能であれば離婚を回避したいと思っているはずです。しかし、離婚を言い渡されて、それを回避・関係を修復することは簡単なことではありません。相手の気持ちは離婚で固まっているからです。

では、離婚を回避することは出来ないかというと、必ずしもそういうわけではありません。対応次第では離婚を回避できます。今回は、離婚したくないあなたのために、もう一度やり直すためのテクニックについて7つ紹介いたします。

 

離婚したくないあなたへ
もう一度やり直すためのテクニック

 

冷静になろう

離婚を突き付けられると混乱してしまったり、つい感情的になって相手にひどい言葉を浴びせてしまうことがあります。やり直したいからこそ自分は頑張っているのに、離婚したくないと訴えているのにと思い、ストレスを溜める方もいます。

しかし、離婚問題で一番大切なことはとにかく冷静になることです。感情的になっては、相手はますます気持ちが冷めていきます。難しいことですが、冷静になりましょう。

 

離婚理由をはっきりさせよう

離婚を告げる方も「なんとなく離婚したい」という方はそういないでしょう。離婚を申し出るということは、それなりの理由があるはずです。まずは離婚理由をはっきりさせましょう。

実は離婚理由がはっきりしない、釈然としない場合もあります。それは相手が黙っていたり、離婚理由を話すと面倒であったりと色々です。ですので、離婚理由は必ずはっきりさせましょう。

 

相手の意見を聞いてみよう

離婚について話し合いをすると、離婚理由や今まで抑えていたことを言われることになると思います。それを聞いて身に覚えがあり反省するところもある一方、「こちらだって言いたいことはある」と言い返したくなることもあるかもしれません。

しかし、それをぐっと抑えて相手の意見を聞きましょう。相手も溜めていたものを吐き出すと冷静になり、落ち着いて考えることができるようになります。相手の溜まったものを吐き出させましょう。

 

改善点を伝えよう

相手の意見を聞くと、自分のどこに不満があったかよく分かると思います。そしてそれが原因で離婚を告げられているわけですから、そこを改善しなくてはなりません。

相手の不満に思っているところを今後はどのように改善していくのか伝えましょう。そして、ここで改善できなかった場合の処遇も決めた方がいいでしょう。相手はすでにあなたと離婚したいのです。

一方的に「改善するから離婚をやめてほしい」というのは相手にとってメリットがありません。改善できなかった場合は、いきなり離婚という形をとるのではなく、別居するなどという処遇を挙げることをオススメします。

 

そっとしておこう

離婚を伝えられた方は離婚されたくない気持ちから、関係を修復するために無駄に話しかけたり気を遣ったりしがちです。しかし、それがかえって相手をイライラさせる原因になることも少なくありません。相手としてはあまり関わりたくないというのが本音なのです。

ですから、下手に干渉せずそっとしておきましょう。もちろん、全く会話をしないと関係の修復は不可能ですが、過度な干渉は控えるべきです。

 

相手を非難しないように気をつけよう

関係を修復しようと頑張っていると、相手に不満があっても言えないことやいつまで経っても相手の態度が変わらないことでストレスが溜まってしまいます。その結果、さらに夫婦仲が悪化したり、つい相手を非難してしまうことがあります。

しかし、そうなっては相手の離婚への思いはますます加速するだけです。理不尽なことを我慢する必要はありませんが、感情的にはならず、相手を非難することはやめましょう。

 

別居はしないと決めておこう

離婚の危機が訪れると、「冷静になるために」「一旦距離を置いた方がいい」という理由で別居をする夫婦がいます。しかし、別居から関係を修復することはほぼ難しいでしょう。

離婚を申し出たのがどちらの場合も、一人になってしまえば気軽になり、わざわざ苦労をしてまで相手との関係を修復したいとは思わないからです。もちろん同じ家に住むが故に仲がこじれることもありますが、別居の場合、修復は難しいと考えた方がいいでしょう。

 

いかがでしょうか。

相手の気持ちが離婚に向かっているため、そこから関係を修復するということは並大抵のことではありません。あなたに出来ることは相手の意見を聞いて、地道に相手との距離を縮めていくしかありません。

しかし、だからと言ってあなたが弱い立場ということではないのです。自分を卑下することはしないでください。夫婦には離婚したいという気持ちが一度や二度は起こります。ぜひ、この困難を乗り越え、夫婦の絆を強めてください。この記事が離婚を回避する手助けになれば幸いです。

 

まとめ

離婚したくないあなたへもう一度やり直すためのテクニック

・冷静になろう
・離婚理由をはっきりさせよう
・相手の要求を聞いてみよう
・改善点を伝えよう
・そっとしておこう
・相手を非難しないように気をつけよう
・別居はしないと決めておこう


連記事