青春とはなんだろう?歴代の成功者が語る7つの言葉

青春とはなんだろう?歴代の成功者が語る7つの言葉

青春とは何でしょうか。今青春まっただ中の人もすでに青春の時代は過ぎたと感じている人も青春とはなにかというのはうまく説明できないものです。

青春は何歳から何歳までと決まっているわけではありませんし、実感を持ちづらく、過ぎ去った始めて、あの時は青春だったなと感じるひとが多いはずです。ところが、青春は自分の気持ち次第では、成人しても謳歌できるものなのです。

歴史的に大きな事を成し遂げた人や素晴らしい芸術作品を世の中に残してくれた、いわゆる成功者たちは、青春とは何なのかを名言や格言として解説してくれています。そこで、青春とはなんだろう?と疑問に思っている人に向けて、歴代の成功者が語る7つの言葉をご紹介します。

 

青春とはなんだろう?
歴代の成功者が語る7つの言葉

 

若い時われわれは学び、年をとってわれわれは理解する

『青春とは、たくさんの事を吸収して学ぶことができることをいう』と語ったのは、ドイツの音楽家クリストフ・エッシェンバッハです。

青春時代には、固定観念や先入観を持つことなくたくさんの事を学ぶことができます。そして、青春時代を過ぎて大人になると、人は青春時代に学んだことや経験したことの意味を理解できるようになるというのです。大人になってわかることは、青春時代の経験があってこそなのです。

 

若さが幸福を求めるなどというのは、衰退である

『若い人が幸福や安定を求めるというのは、すなわち衰退している証拠である』と語ったのは、日本の小説家・三島由紀夫です。

青春とは、何かに挑戦し続けることであり、自分にとっての幸福を求めるような気持ちがあっては、進歩しないどころか、衰退してしまうという意味です。若いうちは、失敗やリスクを恐れることなく、自分の信念や考えに従ってまっすぐに挑戦をするべきであり、それが成長につながるという事です。

 

少年よ大志を抱け

『少年よ、大志を抱け』というのは、クラーク博士の有名な言葉です。しかし、この先には続きがあるのです。

それは、「少年よ大志を抱け。ただし、金を求める大志であってはならない。利己的なものを望む大志であってはならない。名声という浮わついたものを求める大志であってはならない。人が人として備えなければならぬ、あゆることを成し遂げるために」という言葉です。

つまり、青春とは、私利私欲のために行動するのではなく、人として大切な事を学んだり、身につけたりするために様々なことに挑戦する様を言うという意味なのです。

 

青春とは、奇妙なものだ。外部は赤く輝いているが、内部ではなにも感じられないのだ

『青春とは、奇妙なものだ』と芸術的な表現で語ったのは、フランスの哲学者・サルトルです。

この言葉の意味は、青春は、実際に自分が経験しているまっただ中にいるときは、「青春してる」実感がわかないのに、青春を過ぎてしまった第三者から見るととても輝いて、情熱的に見えるということなのです。

大人になって就職した後に一生懸命部活に取り組む学生を見ると輝いて見えるのは、きっとその学生が青春の中にいるからでしょう。

 

青春の特権といえば、一言を以ってすれば、無知の特権であろう

『青春とは、無知という特権をもっている』という意味の言葉を残したのは、小説家・三島由紀夫です。青春時代は、がむしゃらに何かに取り組んで挑戦しています。

後々振り返ると、自分が恥ずかしくなるくらい無知であったことに気づくことがあります。しかし、最初からいろんなことを知りすぎていては、何にも挑戦することができなくなってしまいます。青春の特権は、何も知らない、まっさらな状態だということなのです。

 

大人とは裏切られた青年の姿だ

『大人とは裏切られた青年の姿だ』と、少しネガティブな表現で青春を語ったのは、太宰治です。青春時代には様々な夢や希望を抱きます。

しかし、年齢を重ね、受験や就職活動を経験して自分が知らなかった社会の様々な壁にぶつかっていくうちに、段々夢や希望を抱かなくなっていくのです。それは、青春時代に自分が描いていた事に裏切られてこそ出来上がった大人の姿です。

青春とは、大人になる前の希望や夢に満ちあふれている時代ということなのです。

 

青年は教えられるより、刺激されることを欲する

『青春とは、自分が知らないことを知りたい、経験したいと常に刺激を求める時代だ』と語ったのは、ドイツの詩人・ゲーテです。

青春時代のまっただ中にある学生や若い青年は、人から何かを受動的に学ぶことより、自ら知らない世界に突き進んで行ったりして刺激を求めたがるものだという事です。

思春期に人がダメだと言われていることをして見たがったり、後先考えずに行動できるのは、青春時代を生きている証拠なのです。

 

いかがでしたか。

青春とは、キラキラしていて素晴らしいものだというイメージがあります。しかし、実際に青春時代にいる人は、その実感がわかないまま、日々をただ一生懸命に過ごしているものです。

大人になった時により素晴らしい人間になっているためには、青春時代にたくさんのことに自ら挑戦したり、失敗したりして経験を積んでいる必要があります。歴史の成功者は、人によって表現は多少異なりますが、皆、青春の貴重さや尊さを語っているのです。

 

まとめ

青春とはなんだろう?歴代の成功者が語る7つの言葉

・若い時われわれは学び、年をとってわれわれは理解する
・若さが幸福を求めるなどというのは、衰退である
・少年よ大志を抱け
・青春とは、奇妙なものだ。外部は赤く輝いているが、内部ではなにも感じられないのだ
・青春の特権といえば、一言を以ってすれば、無知の特権であろう
・大人とは裏切られた青年の姿だ
・青年は教えられるより、刺激されることを欲する


連記事