仕事がない!と嘆くあなたへ考えてほしい大事な7つのこと

仕事がない!と嘆くあなたへ考えてほしい大事な7つのこと

「働きたいけど仕事がない」「何社も受けたけど内定をもらえなくて、無職の状態が続いている」と嘆いている方もいらっしゃるかもしれません。少し前にあった就職難のときを超えたというものの、内定をもらうことはそう簡単なことではありません。

しかし、やはり一時に比べると採用枠や求人数は増えています。その分就職しやすくなったことも事実です。では、なぜ仕事がないと思うのでしょうか。もしかしたら、選り好みをしているかもしれません。

「そんなつもりはない」と思うかもしれませんが、「仕事がない」と嘆く方の多くが選り好みをしている可能性が高いのです。今回は仕事がないと嘆いている方が考えてほしいこと、見直してほしいことを紹介しますので、自分が当てはまるかどうか確認してみてください。

 

仕事がない!と嘆くあなたへ
考えてほしい大事な7つのこと

 

仕事はあるということを意識してみよう

無職の方がよく「仕事がない」と嘆きますが、それは多くの場合「自分の就きたい仕事の採用がない」という意味の方が近いように思います。つまり、仕事自体はあるのです。まずは、仕事は決してないというわけではないということを意識しましょう。

「自分の就きたい仕事の採用がない」から仕事がないと思いこんでいては、就職は難しいです。そこの意識改革をする必要があります。ただし、低い賃金の仕事では生活がままならないので、全ての仕事が対象と考えることもありません。

 

資格・特技を見直そう

持っている資格や仕事に繋がる特技はあるでしょうか。仕事を選ぶからには、資格や特技を持っている方が当然ながら有利ですから、自分にはどんな資格や特技があるか考えてみましょう。

やはり、ある程度の仕事になると資格や特技が必要になりますので、持っていない場合は取得のために努力をするか、その職業を諦める選択も考えなくてはなりません。

 

最低限の生活を考えてみよう

生活をしていくうえで、自分が絶対に譲れない部分は何か考えましょう。また、反対にここは譲れる、こだわりがないという部分も思い浮かべてください。おそらく、家は風呂トイレ一緒でも大丈夫、自動車だけは手放せない、お酒や煙草は辞められるなどあると思います。

生活していくことが大切ですから、自分の最低限許せる生活を考え、それを実現するためにはどれくらいの給与が必要か調べてみましょう。

 

一番大切なことは何かを考えてみよう

今度は生きていくうえで自分にとって何が大切か考えてみましょう。自由な時間は少ないが高い給料がほしい、給料はそこそこに自由な時間がほしい、土日休みがいい、人と直接関わりたくない、みんなに自慢できる仕事がいいなど、色々とあると思います。自分にとって何が大切か考えましょう。

世間ではお給料が高く、人に一目置かれる仕事に対して憧れを持つ方も多いですが、何を大切にするかでそれらの仕事を選ばない方がいいこともあります。プライドを高く持ちすぎず、今一度考えてみましょう。

 

住んでいるところを変えてみよう

当たり前ですが、都会の方が仕事は圧倒的に多いです。田舎にいけばいく程、求人数は少なく、転職も難しいものです。もし住んでいる場所が田舎や求人数が少ない場合は、都会や求人数の多い町に引っ越すことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

求人数が多ければ就職できる確率も上がりますから仕事も見つかりやすいでしょう。また親の介護等で引越しが難しいのなら住んでいる土地の需要と供給などをリサーチしてみるのもおススメです。

 

職種を広く考えてみよう

やはり憧れの職種や入りたい職種はあると思います。しかし、仕事がないと嘆いている今、職種は広く考えることをオススメします。仕事は外から見ていることと実際やってみるでは違うことも多いです。

あまり興味のなかった仕事や向いていないと思っていた仕事が実は自分に合っていた、面白いと思えたということがあります。あまり職種にこだわりすぎず、広い視野を持って考えましょう。

 

契約社員として働く道も考えてみよう

正社員になれればそれが一番いいでしょう。しかし、もし就職先が見つからないのならば派遣社員として働く道も考えてみてはいかがでしょうか。契約社員は時給が高いものも多いです。その会社で働き続け仕事ぶりが認められれば、正社員として声がかかることもあるでしょう。

契約社員は嫌だとプライド高くもつのではなく、給料のことや正社員の道を考えてそういう道もあるのだと認めましょう。

 

いかがでしょうか。

生きていくためには働かなくてはなりません。しかし、働くにも生活できるほどのお給料がなければ生活はできません。生活できるお給料をもらえる仕事を得るためには努力をしなくてはいけませんし、諦めるところは諦めなくてはいけません。

とにかく、仕事はあります。「仕事がない」と嘆いてばかりではいけません。自分の能力を考えた上で、出来る仕事を選び、そこで頑張りましょう。そこからスキルアップや転職をしても何ら問題はないのですから。この記事を読んで、仕事を探す上で役にたてれば幸いです。

 

まとめ

仕事がない!と嘆くあなたへ考えてほしい大事な7つのこと

・仕事はあるということを意識してみよう
・資格・特技を見直そう
・最低限の生活を考えてみよう
・一番大切なことは何かを考えてみよう
・住んでいるところを変えてみよう
・職種を広く考えてみよう
・契約社員として働く道も考えてみよう


連記事