40代女性が結婚する時考えておきたい7つのライフプラン

40代女性が結婚する時考えておきたい7つのライフプラン

40代で結婚する女性は、結婚後のライフプランを早々に考える必要があります。なぜなら、独身で生涯を過ごすのと、結婚して家族を持つのとではライフプランが大幅に変わってくるからです。

女性であれば、出産をするかしないか、子供を何人産むのかで、仕事の選択や保険選び、マネープランも検討し直さないといけない場合も大いにあるのです。

20代や30代までの間に自立して生活を送っていた女性は、40代で結婚した場合、それまでの生活とはいっぺんすることを念頭に置いて、今後どのように自分が生活を送っていくべきなのかをよく考えましょう。

そこで、40代女性が結婚する時に考えておきたい7つのライフプランのポイントをご紹介します。

 

40代女性が結婚する時考えて
おきたい7つのライフプラン

 

出産を考えているなら結婚後なるべく早い計画を

40代で結婚する女性の中で、出産を考えている人は早期に妊娠・出産計画を立てる必要があります。気持ちは若くても、女性には出産できるリミットがあることは避けられないからです。

出産には、身体的な準備や計画ももちろん必要ですが、金銭面での計画も必要です。出産資金には、検診や出産費用をあわせて約50万円ほどかかると言われています。

公的な援助金があるとはいえ、それ以外にかかるベビー用品購入の費用も考える必要が有るのです。結婚時に結婚式や新婚旅行の費用だけでなく、出産費用も併せて準備しておく必要があります。

 

出産後の働き方について検討しよう

結婚後も出産を考えていない40代女性は、これまでどおり働く事ができるので、仕事を続けるか辞めるかはゆっくり検討する余裕がありますが、出産をしようと考えている女性は、出産後も続けられる仕事を探す必要が有るでしょう。

40代まで独身でバリバリ働いてきた女性は、それなりの地位や役職についている人が多いでしょうから、自分のキャリアプランを子育てと平行して行えるのか、転職をすべきなのか検討して決めましょう。

 

出産後もバリバリ働く場合は居住地選びが重要

出産後も仕事を続けたいと考えている40代女性は多いと思います。そんな人は、結婚後の新居選びも入念に行う必要があります。子育てするのに適した地域や保育施設が充実している市区町村を中心に家を選びましょう。

東京23区内には、保育施設が不足している地域がたくさんあります。会社にアクセスがいいからと言って安易に新居を決めてはいけません。また、いざというときにどちらかの実家の近所に住むというのもおすすめです。

 

新居は賃貸住宅か持ち家かを選ぼう

40代女性が結婚するときに考えなければいけないことの一つに、住宅を購入するか賃貸にするかという大きな問題があります。持ち家を購入する場合、相手も同年代だと、ローン返済期間が定年退職までの約20年間しかないため、月々の返済金額は高くなります。

現金で支払うことができる頭金がある場合は別ですが、自分たちにとって持ち家を購入するのがいいのか、賃貸住宅に住むのがいいのかをシミューレーションしてみましょう。

 

子供の学費捻出プランを立てておこう

40代女性が結婚して出産するということは、子供が成人する時に自分がすでに仕事をしていないかもしれないということを想定しておきましょう。結婚相手が自分より年上の場合はなおさらです。

子供が4年制大学を卒業するまでにかかる費用は、高校まで公立で大学だけが私立だった場合でも1400万ほどかかると言われています。子供が無事に大学まで卒業できるだけの資金があるかどうかを考え、早期に学費保険を検討しておきましょう。

 

退職金と年金収入を計算して老後の資金繰り計画を立てよう

40代の女性が結婚する時に考えなければいけないこととして、老後の資金繰りがあります。早過ぎるのではと思う人もいるかもしれませんが、40代の時点で働いている会社や積み立ててきた資金、また、年金加入状況によって、老後の生活はほぼほぼ決まってきます。

相手と自分が老後に受け取ることができる老後資金をシュミレーションして、不足しているようであれば、夫婦で新たに個人年金に加入することなどを検討しておきましょう。

 

早期に夫婦でお互いの保険を見直そう

独身時代は、生命保険の加入などを一切考えてこなかった人でも、結婚するとなると話が変わってきます。特に40代で結婚する場合は、年齢を重ねている分、20代や30代と違ってさまざまな病気に掛かる可能性も高まっているためです。

万が一の時に生命保険に加入しておく必要があるのか夫婦で考えましょう。女性側が仕事をセーブする場合には特に夫の生命保険選びをしっかりしているかどうかでライフプランは大きく変わってきます。

 

いかがでしたか。

40代の結婚は、若い年齢での結婚と異なり、ただウキウキしていてはいられません。子供のこと、老後のこと、病気や事故、相手の死別などのいざというときのことをお互いによく考え、夫婦で話し合った上でライフプランを計画しておく必要があります。

特に結婚を期にこれまでの生活とは大きくライフスタイルが変わる女性は、考えることがたくさんあるのです。今回ご紹介したポイント参考にしっかりとライフプランを立てていきましょう。

 

まとめ

40代女性が結婚する時考えておきたい7つのライフプラン

・出産を考えているなら結婚後なるべく早い計画を
・出産後の働き方について検討しよう
・出産後もバリバリ働く場合は居住地選びが重要
・新居は賃貸住宅か持ち家かを選ぼう
・子供の学費捻出プランを立てておこう
・退職金と年金収入を計算して老後の資金繰り計画を立てよう
・早期に夫婦でお互いの保険を見直そう


連記事