夫婦別姓を考えている人必見!メリット&デメリット7項目

夫婦別姓を考えている人必見!メリット&デメリット7項目
少し前に話題になっていたニュースに「夫婦別姓」があります。結婚しても姓をどちらかに選ぶことなく、今まで通り名乗っていけるというものです。結婚すると女性が姓を変えることがほとんどですから、特に女性からの注目が高いように思えます。働いている女性は姓が変わることで苦労することもしばしばありますからね。

夫婦別姓がいつ導入されるかはまだわかりませんが、いざというとき自分はどちらを選ぼうかと悩んでいる方もいらっしゃると思います。やはり夫婦別姓にもメリット、デメリットがあります。その両方を知らなかったために自分の意向に合わない選択をしたと後悔しないよう、7つのメリット・デメリットを紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

 

夫婦別姓を考えている人必見!
メリット&デメリット7項目

 

仕事上の書類を変更する必要がない

結婚すると多くの女性が姓を変えることになります。仕事をしていると、関係のある書類の名前を変更したり、資格を持っている場合、その資格の名前の変更届けも出さなくてはいけません。論文を書いている方や研究している方だと、その名前で通っているため姓を変えると別の人物として周りに思われてしまうため、困ることがあるようです。仕事をしていくうえで、女性は姓を変えずに済むという楽な部分があります。

 

口座や免許証などの変更をしなくてもいい

口座や免許証なども姓が変われば変更の手続きをしなくてはいけません。その他にも、生命・損害の保険やクレジットカードの名義も変更する必要があります。これらは結婚により変わった姓と住所がわかる書類を用意してそれぞれ手続きしなくてはいけませんので、なかなか大変な作業です。夫婦別姓であれば、これらの変更は基本的にはする必要がないでしょう。

 

夫婦としての自覚が持ちにくい

この問題に関しては、かなり個人差が大きい点ではありますが、夫婦別姓で危惧されているデメリットのひとつです。もちろん、夫婦別姓でも自覚を持てる夫婦もいると思われますが、どこに言っても旧姓のままだと結婚した自覚が薄く、個人としての意識が強くなる可能性があります。離婚しても姓が変わるわけではないので、離婚に抵抗がなくなるということもあり得ます。

 

子どもの苗字をどちらにするか悩む

夫婦別姓で一番問題になることは、子どもの苗字をどちらにするかということだと思います。すんなり決まればいいのですが、自分の姓を名乗らせたいとどちらも思えば、揉める原因になると思われます。一方の姓を名乗ると、片親は疎外感を感じるでしょう。また、兄弟でそれぞれ違う姓を名乗る場合、子どもがどう思うか、いざというとき新権はどちらが持つのかなどの問題があります。

 

子どもとの親子関係を証明する必要がある

子どもができた場合、必ずどちらかの親は子どもと違う姓になります。そのため、学校や病院などに連れていく際や習い事を際、親子関係を証明しなくてはいけません。この証明がどのようにすれば認められるかは国がどのような制度にするかで変わっていきますが、証明が必要なことは確かでしょう。いちいち親子関係を証明しなくてはいけない面倒があります。

 

どちらの家も守らなくてはならない

夫婦別姓により、男が家を継ぐ、守るという風習は今以上に薄れていくと思われます。そのため、どちらの家も自分たちが平等に守っていかなくてはいけなくなる可能性があります。姓が変わらないということは嫁いだわけではないと思う方も少なからずいるはずです。したがって、親としては自分たちの面倒を結婚していようと関係なく子どもに頼ってくることもあるでしょう。結果、配偶者の親、自分の親の両方を守ることになるかもしれません。

 

どちらのお墓に入るのか決めておく必要がある

お墓自体は姓が違っていようと入ることができます。しかし、姓が違うため相手のお墓に入ることはためらうという気持ちが生まれる方も少なからずいるでしょう。また、子どもも親をどちらのお墓に入れるか悩むかもしれません。事前に自分がどちらのお墓に入るか明確にし、子どもたちに伝えておかなければいけませんし、夫婦もその件に関して話し合っておかなければなりません。

 

いかがでしょう、夫婦別姓のメリットは自分にとって楽という部分が大きいと思います。デメリットは子どもに対して色々と背負わせてしまう可能性があるという点です。もちろん、子どもが何もデメリットを被らない可能性だってあります。これは実際になってみないとわからないことです。

しかし、変更手続きをしなくて楽だからという理由だけで夫婦別姓を選ぼうとすれば、それ以上の苦労が結婚後に待っていることでしょう。メリット・デメリットを知った上で、どちらを選ぶか考えましょう。この記事を読んで、夫婦別姓のメリット・デメリットを知っていただければ幸いです。

まとめ

夫婦別姓を考えている人必見!メリット&デメリット7項目

・仕事上の書類を変更する必要がない
・口座や免許証などの変更をしなくてもいい
・夫婦としての自覚が持ちにくい
・子どもの苗字をどちらにするか悩む
・子どもとの親子関係を証明する必要がある
・子どもがどちらの家も守らなくてはならない
・どちらのお墓に入るのか決めておく必要がある


連記事