独身女性が学ぶ、彼の胃袋を掴んで離さない料理の心得7つ

独身女性が学ぶ、彼の胃袋を掴んで離さない料理の心得7つ
独身女性が彼のことを喜ばせて、結婚を意識してもらうためには料理は欠かせませんよね。しかし、ただ上手に作ればいいというわけではありません。彼が喜ぶような料理が作れるようになるためには、料理に対しての心得というものが必要不可欠。

それさえ持っていれば、料理で彼のハートをグッと掴んで、喜ばせることが出来ますので、今日は彼の胃袋を掴んで離さない料理の心得をお伝えします。さあ、それを身につけて彼に最高の料理を作ってあげましょう。

 

独身女性が学ぶ、
彼の胃袋を掴んで離さない料理の心得7つ

 

彼の好みの味を知ろう

彼の好みが薄味なのか濃い味なのかということは重要です。一緒にデートをしている時に彼の好みを把握していれば、彼の好みの味の料理を作ることが出来るのです。もしも初めてのデートで料理を作るということになった場合には、最初に薄味が好みか濃いほうか好きなのかを聞いてみてもいいですね。そうすることにより、彼の好みを理解することが出来て、自信を持って料理を作ることが出来るでしょう。

 

おふくろの味を追求してみよう

男性は、やはりおふくろの味を好むものです。自分の料理を食べてもらう前に今までに子供の頃にどのような料理を食べてきたのか、ということを聞いておくようにしましょう。

そして実際に自分が作る時にそのメニューを入れてみるのもいいですね。しばらくの間、忙しくて実家に帰っていなかった彼にとっては、子供の頃のことを思い出して、とても嬉しい気持ちになるでしょう。懐かしさとともにあなたに親近感を覚えるはずです。

 

料理の腕を磨こう

料理の腕を磨くために、独身女性が料理教室に通うというのも1つの方法です。料理教室には基礎コースもありますし、ある程度基礎を理解している人には上級コースもあります。自分に合ったコースを選ぶことが出来ますから、自分が納得しながら通うことが出来るでしょう。そして彼のために料理を覚えようとしているうちに、今までよりも更に料理が好きになるということがありますので、ぜひ料理教室に一度は通うようにしてみましょう。体験コースもありますので、いくつかの料理教室に行ってみるのも比較が出来ていいですね。

 

褒められたら思い切り喜ぼう

彼が料理を褒めてくれなくても、落ち込んだ姿を見せてはいけません。彼が気にしてしまうからです。今までに食べてきた料理の中では、あまり上手な方ではなかったということもあるかもしれません。いつかは彼が美味しいと喜んでくれるような料理を作ろう!というようにポジティブにとらえましょう。

逆に褒めてくれたということであれば、とても嬉しい!というように伝えましょう。その笑顔を見て彼も嬉しい気持ちになり、更に二人の距離を縮めることが出来るでしょう。

 

得意料理を持とう

どんな料理でも作れて、得意料理に出来るという女性ならいいのですが、実際にはそういう人ばかりではありません。自炊経験が無いという独身女性も多いです。そういう場合にはまずはレシピを色々と見て、自分でも作れそうなものを探して練習をするようにしましょう。そしてどうすれば更に美味しくなるのかという研究を家で行ってみましょう。そうすることにより、得意料理というものを見つけることが出来るはずです。

得意料理が一つでもあれば、彼に料理を作ってあげる時も堂々と作ることが出来ますので、まずは得意料理を一つマスターしましょう。

 

たまには外食をするようにしよう

いつも彼や自分の部屋で料理を作るだけというようになると、デートがマンネリ化してしまい、あなたが料理を作ることが当たり前のようになってしまいます。そうならないように、たまには外食をしようということを提案した方がいいのです。外食をすることにより、料理の勉強にもなるという理由を付けるといいかもしれません。あなたが料理を作ることが当然というようにならないように、気をつけましょう。外食をすることで、あなたの料理のありがたみを彼が感じることもあるのです。

 

二人で並んで料理を作ってみよう

例えば彼が出来そうなことがあれば、手伝って!というように言うのもいいでしょう。最初の何回かは、女性だけが料理をするということでも構いません。その時に彼が手伝おうかということを言ってきた場合には、大丈夫よと笑顔で言いましょう。そして料理を作るのが3回目くらいの時には、事前に今回は二人で作ってみようかと彼に伝えておきましょう。自炊が好きな男性もいるからです。

そして二人で料理を作ることにより、それを楽しいと感じる男性もいます。彼がどういうタイプなのかということを知っておくことは、必要なことです。

 

いかがでしょう、例えば男性目線で見ると独身女性はいつも自炊をしていると思っているかもしれませんが、自炊をしている女性はそんなに多くありません。もしも料理があまり得意ではないという独身女性であっても、彼に自分の好みの料理を食べてほしいという気持ちがあればOK。まずはそこから始めましょう。その気持ちを伝えることが出来れば、彼は喜んで食べてくれるでしょう。例えばにんじんをハート型に切り抜くというような工夫をしてみてもいいですね。彼があなたの愛を感じるような料理を作ることが出来れば、もしも料理が得意ではなくてもカバーすることが出来ますよ。

料理が好きな女性というのは、男性の永遠の憧れでもありますから、出来るだけ料理に興味を持つということが重要ですよね。そして彼が「この女性の料理をこれからも食べたい!」と思ってくれるような料理を作れるように努力をすることが、彼への愛情の見せどころです。ぜひ頑張ってみてくださいね。

まとめ

独身女性が学ぶ、彼の胃袋を掴んで離さない料理の心得7つ
・彼の好みの味を知ろう
・おふくろの味を追求してみよう
・料理の腕を磨こう
・褒められたら思い切り喜ぼう
・得意料理を持とう
・たまには外食をするようにしよう
・二人で並んで料理を作ってみよう


連記事