高齢出産と呼ばれる年齢なら注意すべき妊娠中の過ごし方

高齢出産と呼ばれる年齢なら注意すべき妊娠中の過ごし方

高齢出産と呼ばれる年齢で妊娠をすると、出産のリスクが高いと思う人が多いでしょう。一般的には、高齢出産をするときには、流産や早産の可能性が高まるなどと言われています。

また、出産するまでに妊婦さんがかかる可能性がある妊娠高血圧症候群や糖尿病、妊娠中毒症のリスクも高まるのです。妊婦さんは、出産までの間に体力をつけて、健康である必要があるため、そのような病気にかからない注意が必要なのです。

では、どのような点に注意すれば、妊娠高血圧症候群や糖尿病、妊娠中毒症にかからないようにできるのでしょうか。それは、妊娠中の日頃の生活態度でちょっとした注意点を意識すればいいのです。そんな、高齢出産と呼ばれる年齢に妊娠した時の妊娠中の過ごし方をご紹介します。

 

高齢出産と呼ばれる年齢なら
注意すべき妊娠中の過ごし方

 

規則正しい生活を送って健康管理をしっかり行う

高齢出産と呼ばれる年齢で妊婦さんがまず気をつけたいことは、規則正しい生活を送って健康管理をしっかりと行うことです。妊娠をしていなくても、20代の女性と35歳以上の女性では、体力に差があります。

疲労がたまれば、その回復も遅いですし、仕事をしていると35歳以上の女性の方が責任ある立場にあることが多く、ストレスをためやすい傾向にあるのです。

しかし、精神的なストレスや疲労は母体に良くない影響を与えます。そのため、規則正しい生活を送って心身ともに健康を心がけることが重要なのです。

 

塩分を控える食生活を心がける

高齢出産と呼ばれる年齢で妊娠をすると、妊娠高血圧症候群にかかりやすいと言われています。そのため、妊娠中の食生活は特に注意が必要です。具体的には塩分を控えた料理を食べるようにしましょう。

外食が多い人はその回数を減らし、しょっぱいものが好きな人は薄味の食事を摂るよう心がけましょう。可能であれば、なるべく自炊をするように心がけましょう。

 

毎日体重をチェックして急激な増量に注意する

高齢出産の年齢の妊婦さんは、毎日体重をチェックするようにしましょう。体を毎日しっかりと管理していないと気づかない変化があるかもしれません。この変化を気づく方法として、一番簡単にできるのが体重チェックなのです。

妊娠中は体重が増えて当然です。しかし、1週間で500グラム以上体重が増えている場合には、お医者さんに相談してみることをおすすめします。

 

適度な運動をして体力を付ける

高齢出産の年齢の妊婦さんは、流産や早産のリスクが高いということが頭にあるため、つねに安静にしていなければいけないと思う人も多いようです。しかし、ずっと家で安静にしていることはおすすめしません。

安定期に入って、お医者さんにOKをもらったら、適度な運動をするようにしましょう。出産には非常に多くの体力を使います。そのために、適度な運動を日頃から心がけ、体力をつけておく必要が有るのです。

 

妊娠初期の緑茶に注意する

緑茶は体にいいという事は有名です。しかし、妊娠初期の妊婦さんは飲まないほうが良いとされています。特に高齢出産の年齢となった妊婦さんは注意が必要です。緑茶には、カテキンという成分が含まれています。

カテキンには強い殺菌成分が含まれているのですが、一方で二分脊椎症や無脳症の胎児ができやすくなるというリスクもあると言われています。妊娠4ヶ月までは摂取しない事を心がけましょう。

 

高カロリーな食事を避ける

高齢出産の年齢となった妊婦さんは、高カロリーな食事を避けるよう気をつけましょう。高齢出産と呼ばれる年齢の人は妊娠中に糖尿病にかかる可能性が高くなります。

糖尿病は、主に高カロリーな食事が原因となって発症する事が多いと言われています。そのため、お肉や油を多く使った揚げ物などはなるべく摂らず、さかなや煮物など和食中心の食事を摂るよう心がけましょう。

 

ご飯の時の汁物を飲み干さない

高齢出産の年齢となった妊婦さんは、ご飯の時に汁ものを飲み干さないということをいつも意識しておきましょう。お味噌汁やラーメンの汁など、しっかりと味がついているお汁には、往々にして塩分が多く含まれています。

もちろん栄養を摂るために適度な量を食べることは大切ですが、全部飲み干すということは避けましょう。和食であれば大丈夫と思いがちですが、注意が必要なのです。

 

いかがでしたか。

高齢出産と呼ばれる年齢で妊娠するといろんな不安がつきまとうことでしょう。しかし、規則正しい生活と健康的な食生活を心がけ、適度な運動をするという当たり前の事に注意ていれば、高齢出産ならではの病気や症状にかかるリスクは下がります。

体に変化を感じた時は、まずお医者さんに相談をするようにすることも重要です。あまり、悲観的な気持ちやネガティブにならずに、元気な赤ちゃんを出産するために前向きに妊婦生活を送りましょう。

 

まとめ

高齢出産と呼ばれる年齢なら注意すべき妊娠中の過ごし方

・規則正しい生活を送って健康管理をしっかり行う
・塩分を控える食生活を心がける
・毎日体重をチェックして急激な増量に注意する
・適度な運動をして体力を付ける
・妊娠初期の緑茶に注意する
・高カロリーな食事を避ける
・ご飯の時の汁物を飲み干さない


連記事