熱い新婚生活を壊さない為に、互いに意識すべき5つの事

熱い新婚生活を壊さない為に、互いに意識すべき5つの事
新婚生活って、色んな事が新鮮でとっても楽しいですよね!「大好き」「愛してる」なんて甘い言葉を交わしてお付き合いを始めた2人。一生笑顔で幸せでいようね。と誓い合って結婚し、新婚生活が始まったあの日から数年経ったころ、「結婚は忍耐だ」なんて言う人も出てくるから不思議。

新婚の熱い気持ちはどこへやら。触れ合うどころか会話も少なくなってしまい、口を開けば愚痴ばかりう…そんなカップル周りに何組もいるはず。でも待って!ちょっとしたお互いの意識だけで、熱い新婚生活を続けることができたら最高だと思いませんか。

「結婚は忍耐だ」というカップルではなく、いつまでたってもラブラブなカップルに学ぶ、熱い新婚生活のための5つのポイントをご紹介します。パートナーにプロポーズする前にしっかり2人で読んでおきましょう。

 

 

熱い新婚生活を壊さない為に
互いに意識すべき5つの事

 

親しき仲にも礼儀あり 大事な3つの言葉

仲良しカップルに学ぶ熱い新婚生活を続けるポイントはずばり3つの言葉。

「おはよう」
「いってらっしゃい」
「ありがとう」

もちろん他にもお互いに伝えたい言葉はたくさんあると思いますが、この3つの言葉は新婚に欠かせないキーワードです。

新婚生活が始まり、せっかく一緒に暮らしているのだから、同じタイミングで目覚めたいもの。気持ちいい一日を過ごすためには、気持ちいい笑顔の「おはよう」が一番です。

そして、出かけるときの「いってらっしゃい」は「今日も一日頑張ろうね!元気に帰ってくるのを待ってるよ」の意味があります。たとえ朝からケンカしてしまっても、別の場所にでかけていたらいつの間にかイライラも収まるもの。ふと思い出すパートナーの顔が、「いってらっしゃい」の笑顔なら、どこでも頑張れちゃいます。

最後に、忘れてはならない感謝の言葉「ありがとう」。共同生活をしていくと、いつの間にか料理は妻、ごみ出しは夫など、役割が決まってきたりします。でも、それが当たり前と思わずに感謝することが大事です。人間褒められると調子に乗るものです。お互い気持よく過ごすためには、お互いを持ち上げることも必要です。

 

現代人には酷かも? SNSを使いすぎない

これは現代人の新婚さんカップルには厳しいかもしれませんが、SNSの使い過ぎは熱い新婚生活に支障をきたすかもしれません。

例えば、新婚カップルにありがちなLINEでの実況中継。

「今○○食べて、すっごい美味しかったよ!」
「今○○にいるよ。景色きれい!」

など、そのときの状況を全てSNSで相手に知らせる新婚カップルは多いようです。でも待って!SNSを使いすぎると家で一緒にいるときの会話が減る恐れが…。

お互いにいつどこで何しているか分かっているから、家で一緒にいてもただテレビを見たり、お互い携帯いじったりってことになりがちです。

せっかく新婚生活が始まったばかりなのに、会話はSNS上ばっかりだと熱い新婚生活の終わりはすぐそこです。目の前にいる相手と会話をすることが大事なのです。何事にもやりすぎは禁物です。

 

病気予防にも効果あり!? 肌と肌のふれあい

肌と肌のふれあい、つまりスキンシップは熱い新婚生活には欠かせないものです。あんなに愛し合っていたのに、いつの間にか触られることすら嫌がる…なんて話を聞いたことはありませんか?実は肌と肌のふれあいは2人の関係を良くするだけでなく、体調や浮気にも効果があるのだとか。

「スキンシップによって分泌されるオキシトシンは男女間の絆を深め浮気を防止する効果がある」とドイツの神経科学の専門家ルネ・ハーレマン博士は述べているそうです。オキシトシンによって脳の疲れがとれ、健康につながるという話もあります。

熱い新婚生活を続けるためには、もちろん疲れはNG!新婚生活を始めたときからケンカしたときも継続してハグする習慣をつけておけば、安らぎのある健康的な生活が送れますよ。

 

やっぱり他人だもの 割り切るところも必要

とはいえ、全く違う2人が一緒に生活するのだから、どうしても譲れない部分って出てくるものです。細かい話では、タオルの畳み方とか食器の洗い方とか。

最近では、モラハラや家事ハラなんて言葉もありますが、せっかくしてくれた家事にも「あー、違うんだよね」なんて言葉を投げかけてしまっては、それはもう立派なハラスメントです。全く別の家庭で育った2人なんですから、細かい習慣は違って当たり前と割り切ることも必要です。

どうしても直して欲しいって思ったら、話し合いの場を持ちましょう。これまで育ってきた家庭ではなく、新しい新婚家庭を作り上げていくのは2人なのですから。

そして、「どうしてこうしないんだろう?」って思うことがあったとき、ちょっと思い出してください。あなたも完璧じゃないってことを。相手に完璧を求めたら、自分も完璧にならなきゃって疲れてしまいます。熱い新婚生活を続けるには、いい意味でゆるーく相手を認めることも大事です。

 

家庭にだって目標が必要 将来の話をしよう

仕事では、「○月までに○○達成!」という目標を掲げるのはイメージつきやすいと思いますが、家庭にだって目標があったら、新婚生活ももっと楽しくなるものです。

今が一番!なんて熱い新婚生活も、あれ…将来のための貯金は?とか子どもの将来は?なんて、将来のことを考えた途端に、現実に戻ってしまって冷めてしまうこともあります。

だからこそ、新しい家庭を築く2人にはライフプランを立てておくことをオススメします。いつまでにマイホーム、いつまでに子ども、いつ車を買って…など。

もちろんそんな遠い話じゃなくても、今年はいつどこに旅行するという小さな目標でも構いません。目標があれば、それについてお互い話し合う時間を持てるし、お互いの考えていることも知ることができます。貯金だって頑張れちゃうかもしれません!

ただ相手がいるだけでいい!なんていう熱い新婚生活を持続させるためには、お互いを見つめあうだけじゃなくて、お互いが同じ方向を向くための目標があるといいですよ。

 

さて、ここまで熱い新婚生活を壊さない為に、互いに意識すべき5つの事を紹介させていただきました。新婚時代は終わったよ!なんてカップルも今から始められることがあるはずです。明日の朝、笑顔で「おはよう」から始めてみてください。

最初は照れ臭いかもしれませんが、嫌がる人はいないはず!だって、あなたが選んだ最高のパートナーなんですから。全く別の家庭で育ってきた2人が新しい円満な家庭を築くためには、小さなことでもお互いを思いやる意識が大切です。

まずは笑顔で3つの言葉、そしてしっかりとお互いの顔を見て話をして、ちょっとスキンシップをはかること。それでもダメな部分は許容して、お互い同じ方向を向いて頑張れるベストな家庭は2人で作っていくものです。

完璧を求めずに、相手を認め、より良い家庭を築くために前を向いて頑張ることが、熱い新婚生活を持続させる秘訣です。

 

今日のまとめ

新婚生活を円満に送るためには

・親しき仲にも礼儀あり 大事な3つの言葉を忘れずに
・現代人には酷かも? SNSを使いすぎない
・病気予防にも効果あり!? 肌と肌のふれあいを大切に
・やっぱり他人だもの 割り切るところも必要
・家庭にだって目標が必要 将来の話をしよう

熱い新婚生活が続きますように!


連記事