結婚できないあなたが、老後に備えて行うべき4つの対策

結婚できないあなたが、老後に備えて行うべき4つの対策
これまで良い縁に恵まれず、結婚できずに年を重ねてきたあなた。そろそろ老後のことが心配になってきたのではないでしょうか。

結婚しているから老後は安泰というわけではありませんが、結婚できない人にとっては、親も年を取り、いずれは亡くなっていく、自分だけ1人寂しく老後を過ごすことになると考えると、この先どうしようかと不安になりますよね。

でも、結婚できないあなたがお先真っ暗、不幸なんてことはありません。結婚した人も結婚できない人も、平等に同じように年をとっていくのです。結婚できないことを悲観したり、不安がる必要は全くありません。これからをどうやって過ごしていくかが、とても大切なのです。

老後に備えてしっかり対策をしていれば、結婚できないあなたもこれからの人生、ますます楽しく生き生きと過ごしていけることでしょう。

 

結婚できないあなたが
老後に備えて行うべき4つの対策

 

老後には思った以上にお金がかかることを知って、今から計画的に貯蓄をしよう

結婚できないあなたには、夫や子どもがいないのですから、老後はある一定の収入を自分で確保した上で寿命がくるまで生活していかなければなりません。では、老後に一体いくらお金がかかるのでしょうか。

厚生労働省の調査によりますと、女性の平均寿命は86歳です。また総務省によると、定年後1人暮らしの老人に必要な生活費は、約15万7千円と言われています。では、60歳に定年をむかえたとしてその後26年間無職で生活することを考えると、1年で188万4千円、26年間で5千万近くの生活費が必要になってきます。

老後は、病気にかかるリスクも高くなり医療費にお金がかかりますし、時間に余裕があるので旅行をしたり食事や友達付き合いにもお金が必要です。そう考えると26年間で5千万の生活費では、明らかに足りないことが分かります。

結婚できないあなたは、その現実を認知して、元気に仕事をしている今からすぐに貯蓄を習慣にしましょう。先は何とかなるだろう、と流されていてはいけません。年を取ってからお金の余裕がないことほどみじめなことはありません。

結婚できなくても、老後を楽しく過ごすことはできます。その為に今から計画を立て、節約しながらしっかり貯金をしておきましょう。

 

老後になっても楽しい時間を共有できる友だちを作っておこう

若いうちにしっかり貯蓄をして、老後の生活は余裕を持って過ごす準備ができていても、いざ老後を楽しもうと思った時、あなたの回りに一緒に遊べる友だちはいるでしょうか。

結婚できなかったんだから仕方ない、1人でも平気だから・・・と今は思っているかもしれませんが、いざ老後をむかえて親や友だちもなく、1人になった時を想像してみてください。結婚できたか、できなかったに関わらず、人は誰かに寄り添って支えあって生きていくものです。

老後には結婚した友だちも、もしかすると独身になっているかもしれません。若い頃から同じ時代を生きてきた友だちはかけがえのない宝物です。年を重ねて、楽しい時間を共有できるように、お金では買えない宝物、友だちとの付き合いを今から大事にしておきましょう。

 

興味のあることや趣味のスキルを磨いてみよう

あなたは今、仕事以外に何か興味のあることや、やってみたいことはあるでしょうか。子どもの頃に習っていてそれ以来触れていないピアノやこれからチャレンジしてみたいお稽古事、スポーツなど、今から始めてみませんか。

大人になってから新しいことを始めるのは、少し勇気がいりますね。結婚できないのに今更こんなこと始めて何になるんだろう、仕事以外で気を遣うのはしんどいな、と気後れしてしまうかもしれませんが、少しでも興味を持ち始めたものができたら、思い切ってチャレンジしてみてください。

自分よりずっと若い人たちとのグループレッスンは確かに気を遣いますし、最初は居心地が悪く感じることもあるかもしれません。でも、普段仕事をしていたら出会わないような年齢層の人たちと共通の趣味で交流ができたり、もしかするとプライベートでも友だちになれるかもしれませんね。

そして、これを極めてみよう、と思えるものが見つかれば、今のうちからスキルを磨いておくと老後をむかえた時にはプロ顔負けの腕前になっているかもしれません。そうなったら、年を重ねることも素敵に思えますよね。ぜひ、何か興味のあるものを見つけて今からチャレンジしてみましょう。

 

生活を整え、健康管理をすること。自分の体は自分で守ろう

結婚できないあなたにとって、老後のお金、一緒に過ごす友だち、夢中になれる趣味などどれも大切なことですが、何をするにしても体が資本です。病気になってしまっては、やりたいこともできず、支えてくれる人もなく、これまで結婚できなかったことを後悔してしまうかもしれません。

まずは、今から人間ドックなどの健診を定期的に受け、自分の健康状態をしっかり管理しておきましょう。結婚できないから老後は誰も見てくれなくて寂しい、と悲観するより、今から毎日の食生活を見直したり、運動を取り入れたり、体の中から元気にしておきましょう。そうすれば心も元気になれるのです。

 

結婚できないからマイナスではなく、結婚できないからこそこんなことができた、自分のペースで生活ができたとプラスに考え、心身ともに健康に過ごしていきましょう。

良縁に恵まれず結婚できないあなたは、回りの友だちが次々に結婚し、子どもが生まれ、自分が経験したことのない生活を送っていくのを見て、羨ましく思ったり悲しくなったりすることがあるかもしれません。また、年を取れば取るほど老後の心配は尽きませんね。

でも、結婚した人にはその人にしか分からない悩みがたくさんあるのです。結婚しないあなたが独身で自由に生活していることを羨ましく思っているかもしれません。ですから結婚できないことを悔やむ必要はありません。

大切なことは結婚できないことによって考えられる老後のリスクを今からしっかり把握して、老後になってもあなたらしく、生き生きと毎日を過ごしていけるよう今から準備しておくことなのです。結婚できないあなたも少しの心がけ次第で老後が楽しみになってきますよ。

 

今日のまとめ

結婚できないあなたが、老後に備えて行うべき4つの対策

 
1. 老後の生活には思った以上にお金がかかる。試算して今から計画的に貯蓄をしておこう。

2. 結婚できないから1人ではない。友だちは宝物と思い今から付き合いを大切にしよう。

3. 趣味や興味のあることを見つけ、スキルを磨いておこう。思わぬ出会いや喜びは老後の生きがいに繋がる。

4. 体が元気であってこそ何でもできる。自分の健康管理は自分でしっかりと。健全な体に健全な心が生まれる。


連記事