付き合うとはどういう意味?男子と女子が考える7つの違い

付き合うとはどういう意味?男子と女子が考える7つの違い
付き合うことの意味は男子と女子で全く異なります。それは、恋愛に対する考え方が生物学的に男子と女子には違いがあるためです。付き合ってから女子が男子に対して感じる「話が違う」、「騙された」などの気持ちは男子に悪意があるのではなく、そもそも女子が付き合うということに対して持っている考え方と違うためなのです。

ですので、その違いを理解していないと、気持ちのすれ違いが生じてしまいますよね。付き合ってから、男女の間に気持ちのすれ違いが生じるとお互いを誤解したまま別れてしまうことになってしまうかもしれません。男子も女子もお互いの考え方を理解することが重要なのです。

そこで今日は、付き合うとはどういう意味なのか、男子と女子が考える7つの違いについてお伝えします。ではご覧ください。



 

付き合うとはどういう意味?
男子と女子が考える7つの違い

 

男子と女子の生物学的に恋愛観に違いがある


男子と女子は生物学的に恋愛観に違いがあるため、付き合う意味が異なってきます。男子は、生物学的に自分の遺伝子をなるべく多く残そうという本能があるため、死ぬまでになるべく多くの女子に対して恋愛感情を持ち、結果的に付き合いたいと思うのです。

一方で、女子は出産という大きな仕事をこなすのに回数の上限があるため、なるべく優れた男子を選別する本能が働き、男子と付き合うことに対して慎重になるのです。

 

男子は女子と比べて付き合う前にテンションが上がる


男子は女子と比べて付き合うことに対してテンションの上がり方やその時期が異なります。男子にとって付き合うということは、恋愛感情を持った女性を自分の物として獲得するという意味を持っているのです。

そのため、男子は女子を好きになって付き合うまでの時期に恋愛のテンションが最も高くまで上がります。一方、女子は慎重に付き合う相手を選ぶため、急激にテンションが上がることが少ないのです。

 

女子は付き合った後にじわじわと愛情を深める


女子は付き合うということの意味を、自分が慎重に選んだ恋愛対象の男子と愛情を深めるためのプロセスだと思っています。そのため、付き合う前も、付き合ってからもじわじわと相手に対する気持ちを高めていきます。

一方、男子は付き合う前と付き合った直後に気持ちのピークが急激に高まりますが、その後、相手を自分の物にできたという満足感が満たされ、気持ちが冷める速度も女子と比べて速いのです。

 

女子は付き合う男子に共有を求める


女子は付き合う男子に共有を求めます。それは、女子が付き合うという意味を、二人が抱えるどのようなことでも共有して深く関わるべき関係であると考えているからなのです。

例えば、女子は仕事の話題や友人に関する話題、また、家族に関する話題をすべて付き合っている相手に話して共有します。ところが男子は、相手に関係のない事に関してはわざわざ共有しません。

そのため、女子は付き合っている相手が経験した出来事や予定を自分が把握していない事に関して不満を持つことがあり、衝突する事があるのです。

 

男子は仕事と恋愛を別に考えられる


男子は仕事と恋愛を別物として考えます。女子と付き合うことの意味をあくまで恋愛だけという風に他の事とは切り分けて考えるため、仕事の時間になったら、恋愛の事から頭をきっぱり切り替える事ができるのです。

女子は、恋愛と仕事を同じ次元で考える傾向にあります。そのため、男子が仕事ばかりを優先していると、女子は「自分より仕事の方が大事なのか」という不満を抱いてしまうのです。

 

男子は付き合って早々に安定期に入る


男子は女子と付き合って早々に気持ちが安定してしまう傾向にあります。男子は、付き合うという意味を一つの目標として捉えているためです。自分が恋愛感情を抱いた女子に対して付き合うために様々な努力をし、気持ちを高め、付き合うことを目標とするのです。

しかし、女子は男子と付き合う前に慎重に考えます。付き合った後は、より相手を知るために徐々に気持ちを高めていくのです。

そのため、付き合った直後はお互いの気持ちが高ぶっていたとしても、1ヶ月~3ヶ月という早い段階で、男子の気持ちは安定期に入り、女子は引き続き気持ちを高め続けるという差が発生してしまうのです。

 

男子は付き合う先に結婚があるとは限らない


男子は本能的に女子を恋愛対象として見て、付き合いたいと考えます。そのため、付き合う意味というものを、自分が狙った女子を獲得することだと考えているのです。

また、一定期間付き合うと、より多くの女子と付き合いたいという本能が働きます。付き合っている時も常に恋愛に関して臨戦態勢なのです。しかし、女子は慎重に吟味して付き合うことを決めた相手と結婚したいと考える傾向にあります。

男子はなるべく結婚せずにより多くの女子と付き合いたい、女子は慎重に吟味して決めた相手と愛情を深めて結婚したいという考え方を持っている人が多いため、交際から結婚に話が進むと男女の間で認識に差が発生してしまうことがあるのです。

 

いかがでしょう、ご紹介したよに男子と女子には、付き合うということの意味に認識の差がたくさんあるのです。その差は、生物学的な本能からくるものなので、どちらが正しいとも間違っているとも言えません。

大切なのは、お互いが持っている付き合うということに対して抱いている目的や考え方を理解しようという姿勢なのです。男子も女子も、恋愛感情を抱いた相手ができたら、まず、自分の恋愛観を相手に理解してもらった上で付き合うようにしましょう。

まとめ

付き合うとはどういう意味?男子と女子が考える7つの違い

・男子と女子の生物学的に恋愛観に違いがある
・男子は女子と比べて付き合う前にテンションが上がる
・女子は付き合った後にじわじわと愛情を深める
・女子は付き合う男子に共有を求める
・男子は仕事と恋愛を別に考えられる
・男子は付き合って早々に安定期に入る
・男子は付き合う先に結婚があるとは限らない



連記事