高齢妊娠でも安心☆頼れる産科医が分かる7つの見分け方

高齢妊娠でも安心☆頼れる産科医が分かる7つの見分け方

近年、初産の平均年齢が30歳を越えたとして話題になっています。結婚が晩婚になるにつれ、出産も遅くなる傾向になっています。子供も一人っ子だと可愛そう…という考えが強い人が多いため、兄弟を作ってあげたいと思うと、やはり2人目、3人目は40代目前の年齢に出産をしなければならないため、高齢妊娠率が高まっています。

高齢妊娠となると色々とリスクが伴うため、安心して任せられる産科医を見つけたいものです。そこで今回は高齢妊娠でも頼れる産科医を見つける7つの見分け方をご紹介します。これを参考にして、母子共に健康な出産を目指しましょう。

 


高齢妊娠でも安心☆
頼れる産科医が分かる7つの見分け方

 


大きな総合病院を選ぶ

産科医と言っても、色々と種類があります。大きな総合病院の中の産婦人科や、個人が開業している産婦人科専門の産科医、また、助産院などがあります。

高齢出産はリスクが伴います。具体的に言うと、先天性の障害を持った子供が生まれたり、早産や死産、高血圧症になる危険性も若い妊婦さんよりも高いのです。そのため、妊娠中から出産まで何が起こるか分からないため、医療の設備が整った総合病院がおすすめです。総合病院であれば、産婦人科以外にも色々な専門外来を取り扱っているため、万が一の時とても安心です。

 


家から近い病院を選ぶ

若い時の妊娠であれば、体力もあり、トラブルも少ないため、自宅からの距離はあまり考えずに産婦人科を選ぶことができます。しかし、高齢妊娠になると、いつ何があるか分からないため、すぐに診てもらえる場所、つまり自宅から近い病院を選ぶことが基本になります。

 


小児科、新生児科のある病院

高齢妊娠でも、妊娠中はなにもトラブルがなくても、実際に出産の時になり分娩台に上がり、赤ちゃんがやっと生まれたとなった瞬間に、赤ちゃんが泣かない、顔色が悪い、など赤ちゃん自身に問題が発生することがあります。

そんな時に、助産師や産婦人科の医師だけではなく、小児科や新生児科の医師がいると、赤ちゃんのトラブルに強いため、すぐに対応してもらえ、赤ちゃんの命を救うことが出来ます。そのため、小児科、新生児科の医師がいる病院を選ぶと非常に心強いのです。

 


都心にあるベテラン医師がいる病院

都心部にはさまざまな妊婦が集まると言われています。都心部には沢山病院があるため、妊婦さんもその中から自分にあった病院を見つけて通うため、色々な妊婦さんが都心に集まってくるのです。そのため、非常に貴重なケースの妊娠、出産に立ち会う医師も多いのです。

そのため、高齢妊娠の場合の色々なリスクの対応にも慣れている医師が多く、安心して任せられます。都心に通いやすい場所に住んでいる人は都心のベテラン医師がいる病院を選ぶと良いでしょう。

 


自分の直感を信じる

高齢妊娠をした時はとても不安を感じるものです。そこで、色々な病院を実際に自分で回ってみることもひとつの手段です。口コミ情報などで、いい病院だと言われていても、自分にとっていい病院であるとは限りません。安心して妊娠出産を終えるためには、自分と病院、医師や看護師との相性もとても大切なのです。

自分が「ここで産みたい!ここなら任せられる!」と思う病院に出会えるまで病院を診て回ったほうが良いでしょう。しかし、病院を決めるのは早めの方がいいので、直感で良いと思った病院があれば早めにそこに決めることをおすすめします。

 


分娩方法が多様なところ

分娩方法は一つではありません。王道は分娩台に上がった形で出産する方法ですが、近年では、無痛分娩や水中分娩、和室分娩、フリースタイルなどさまざまな分娩方法を取り扱っている病院があります。

そういった色々な分娩方法を扱っている病院の方が、高齢出産の時、何かトラブルがあった場合でも柔軟に対応してもらいやすいので、おすすめです。

 


スタッフが生き生きと働いている病院

病院を訪れた際に、病院で働く看護師や医師が生き生きと、テキパキと働いているかをチェックしましょう。病院のスタッフが眠そうにタラタラと働いているところは、スタッフに対しての病院の思いやりが欠けている場合が多いのです。過剰な労働を強いられていたり、スタッフ間の人間関係にトラブルを抱えているような病院では、安心して出産を任せられませんよね。

妊娠出産は人と人の信頼関係がとても大切になります。スタッフの様子を見て、生き生きと働いているところを選ぶことは高齢妊娠出産の場合には必須の条件になります。

 

如何でしたか。

妊娠出産は健康な女性でもとても大変な大仕事です。高齢妊娠となればもっと母体に大きな負担を与えることになります。その負担を少しでも軽減してくれるのが、正しい病院選びです。

今回の高齢妊娠の場合の病院選びをしっかりと習得し、安心して出産できる病院を選び、最高な環境で元気な赤ちゃんを産みましょう。

 

まとめ

高齢妊娠でも安心☆頼れる産科医が分かる7つの見分け方

・大きな総合病院を選ぶ
・家から近い病院を選ぶ
・小児科、新生児科のある病院
・都心にあるベテラン医師がいる病院
・自分の直感を信じる
・分娩方法が多様なところ
・スタッフが生き生きと働いている病院


連記事
タイトルとURLをコピーしました