高齢妊娠を避けるため今のうちに考えておきたい人生設計

高齢妊娠を避けるため今のうちに考えておきたい人生設計

高齢妊娠とは、35歳以上で妊娠することを言います。35歳と言うと高齢とは縁遠い年齢だと思われがちですが、35歳以上で妊娠すると、早産や流産のリスクが高くなるのです。また、妊娠中毒症や妊娠糖尿病になる確率も35歳未満の人と比べると高いと言われています。

自分の体や出産に際してのリスクを考えると高齢妊娠を避けた方がいいといえるでしょう。そのためには、高齢妊娠を避けるための計画的な人生設計をする必要があります。

現代の女性は、社会進出をして男性同等、もしくは男性以上に活躍している人も少なくなく、晩婚化が進んでいます。そのため、35歳位になるまで妊娠するきっかけがない女性が増えていますが、とくにそんな女性に高齢妊娠を避けるための人生設計のポイントをご紹介します。

 

高齢妊娠を避けるため今の
うちに考えておきたい人生設計

 

20代後半になったら婚活を始めよう

高齢妊娠を避けるためには、20代後半になったら早い段階で婚活を始める必要があります。最近は結婚する年齢が遅くなっているため、周りの友人や同僚に30代でも独身だという女性が増えていると思います。

しかし、高齢妊娠と言われる35歳までに妊娠をするためには30代前半には結婚をしている必要があり、その相手を探すためには逆算して最低でも3年前を目安に婚活をするのが賢明でしょう。

 

結婚を敬遠する男性に要注意

自分には彼氏がいるから、高齢妊娠とは無縁だと思っている人は彼氏の意向を確認しておく必要があるでしょう。かつては、30歳前後の女性と交際をしている男性は、結婚に踏み切る決心をするケースが多くありました。

しかし最近の男性は、よくよく確認してみると実は結婚する気はさらさらないという人が増えているのです。結婚のことを話題にするのを怖がらずに早い段階で結婚の意志があるかどうか確認しておきましょう。

 

婚期はリミットを設定する

交際している彼氏がいる20代女性の人は、今季にリミットを設定しましょう。高齢妊娠にならない年齢から逆算して結婚は30歳前後でしておく必要があります。大切なのは、交際相手に結婚を30歳までにしたいということを伝える事です。

それを伝えたことによって動揺する男性はその程度の関係だったと思って諦めましょう。また、彼氏がそのリミットを交渉してきても毅然とした態度で交渉に応じないようにしましょう。

 

30歳以降の転職は慎重に行う

高齢妊娠を避けたい女性の場合、30歳以降の転職は慎重に行うことが重要です。雇用保険に加入している人であれば出産すると「育児休業給付金」を受給できますが、その条件として育児休業開始前の2年間で12ヶ月以上の勤務が条件となるのです。

そのため、転職をしてすぐに妊娠をしてしまうとこの給付金が受け取れない場合があるのです。そこで、出産予定がある女性は30歳以降に頻繁に転職をしないようにすることを心がけましょう。

 

子供が何人欲しいか検討しておく

高齢妊娠をしないために30歳以降に妊活をし始める人は多くいますが、子供を3人以上欲しいと思っている人は20代後半を越えたら妊活をスタートする必要があります。年子の育児はとても大変です。

せめて、1年おきに出産することをおすすめします。1年おきに3人の子供を出産するとなると、高齢妊娠になる35歳からさかのぼって6年前から一人目の妊娠をする必要が有るのです。子供が何人欲しいかは事前に検討しておきましょう。

 

不妊症検査のタイミングは1年が目安

高齢妊娠を避けたい人は、不妊症検査を早めに受診しておく事をおすすめします。避妊をしない状態で性交渉をしても1年以上妊娠しなかった場合、不妊症検査を受けましょう。

若い頃は、いずれ妊娠するだろうと気持ちにゆとりがありかもしれませんが、不妊症だった場合、不妊治療を根気強く続けても妊娠につながるまでの道のりは遠いのです。その様な場合も想定して、早めの行動をしておきましょう。

 

不妊症検査は夫婦で行う

夫婦円満なのに中々妊娠しないと、女性の方に問題があるのではないかと思う人が多くいますが、不妊症は男性が原因のケースもあります。そのため、不妊症かもしれないと思ったら、夫婦揃って不妊症検査をするようにしましょう。

女性だけが検査を行って、原因が突き止められず時間だけが過ぎてしまうと高齢妊娠になってしまいかねません。男性も一緒に検査をする必要があるのだと理解をしてもらうことが大切です。

 

いかがでしたか。高齢妊娠というものは、出産時や妊娠中のリスクを誰しもがよく知っているようで、自分に限ってはなんとかなるだろうと過ごしている人が多くいます。

のんきに結婚を先延ばしにしていると、いざ現実的に出産を考え始めた時には仕事の都合や住宅購入の検討などで、すぐに子作りができないなんて状況にぶち当たってしまうこともしばしばあります。

高齢妊娠はできれば避けた方がいいのですから、逆算して、キャリアプラン、結婚、婚活などのライフイベントを計画的にこなしていきましょう。

 

まとめ

高齢妊娠を避けるため今のうちに考えておきたい人生設計

・20代後半になったら婚活を始めよう
・結婚を敬遠する男性に要注意
・婚期はリミットを設定する
・30歳以降の転職は慎重に行う
・子供が何人欲しいか検討しておく
・不妊症検査のタイミングは1年が目安
・不妊症検査は夫婦で行う


連記事