驚愕の離婚の原因TOP10!世界で本当にあった離婚騒動

驚愕の離婚の原因TOP10!世界で本当にあった離婚騒動
離婚の原因というものは世界においても共通のこともありますが、この国だからこそ離婚の原因になったというようなこともあるようです。実際に世界であった離婚騒動を知ることにより、世界では色々なことがあるというようにして、少し視野が広くなることもあるかもしれません。今あなたが悩んでいる離婚の原因も世界においては、たいしたことではないというように思えることもあるのではないでしょうか。

 

驚愕の離婚の原因TOP10!
世界で本当にあった離婚騒動

 

TOP1 離婚率が世界で一番多いのはロシア

世界で一番離婚率が高いのはロシアです。ロシアではとても簡単に離婚が行われています。2回や3回結婚をする人もとても多いのが事実です。理由としては、同棲をすることにより法律ではそれを結婚として認める「事実婚になる」という影響が強いようです。そういった理由からロシアでは離婚が当然のように行われて、5組中3組が離婚したり5人に1人は婚外子になったりする計算になっているというのですから、驚きですね。

 

TOP2 ロシアと同じくらい離婚が多いアメリカ

現在アメリカにおいては2組に1組が離婚をしています。離婚の原因は夫婦の合意がなくても片方の意思で離婚が出来て、裁判で争う必要性がなくなったことが一因なのです。双方の同意が無ければ離婚出来ない日本とは違って、これなら簡単に離婚をすることが出来ますね。

 

TOP3 イギリスはEU諸国の中で離婚率No.1

イギリスの離婚率もかなり高く、現在では半分の割合で離婚をしているそうです。理由としては女性が自立をしてきているため、男性に頼る必要が無くなって来ているということが大きなもののようです。各国に共通して言えることですが、イギリスでは特に女性の自立が目立ちます。無理に経済力の無い男性と一緒にいるよりも、次のパートナーを探すという強い女性が増えているのです。

 

TOP4 イタリアでは同棲率が増加中

イタリアにおいては、以前までは離婚率が高かったのですが、最近では離婚をする手続きが面倒と思う人が増えているようです。そのため離婚するぐらいなら最初から同棲にしておこうというように思う人が多くなりました。元々イタリアの男性は浮気性というように言われています。今までの離婚原因では数名の女性との浮気がバレて何度もそれを許し続けたけれど、子供を外に作られるということに耐えられなくなり離婚をするというパターンが多かったようです。

 

TOP5 カトリックにおいての離婚とは

実際にカトリックの教義においては、離婚を認めていないということがあります。そのため結婚を無効にして無かったものとしてみなすというような形になるようです。離婚の原因としては、様々な制約を逃れて自由になり、これからの人生を素晴らしいものにしたいという考えから離婚をするというようなことがほとんどのようです。

 

TOP6 ハリウッドには9回結婚した女性がいた

以前ハリウッドの美しい女性が映画にも出て大活躍をしていました。人気があったということもあり、男性からのアプローチもすごかったそうです。でも華やかな女優という仕事と同じ様に私生活も華やかだったようです。9回も結婚をしました。女性の離婚の原因は、映画の撮影が終わるとともに恋が冷めるというような時もあり、結婚生活を映画の中のヒロインが演じているかのように演じている自分がいたそうです。結婚をすれば違う世界を見られるというそれだけの理由だったようですが、一度でもその女性と結婚が出来ただけでも、男性は幸せだったのかもしれません。

 

TOP7 クロアチアの音楽教師が4度の離婚

この男性は死の危機になんと7回も直面しているのです。それでも生き残ることが出来て、そのうえ初めて購入した宝くじが当たり60万ポンドという大金を手に入れました。この金額は日本では8160万円です。そして4度の離婚を経験した中、なぜ離婚をしたのかというと「つい勢いで」ということがあったそうです。波乱万丈な人生を歩んでいる男性だからこそ、これからは勢いで結婚をしたくないと思い、今の妻とは静かに暮らしたいと思っているそうです。

 

TOP8 オーストラリアの離婚事情

オーストラリアでは結婚をしなくても、パートナーという制度が認められています。そのため結婚をしなくてもいいという人も多いようです。そして結婚をしたとしても離婚をすることに対して抵抗が無い人が多いのです。パートナーに戻ればいいのだから・・・ということが離婚の原因で多いということは、日本ではあまり考えられないことですね。

 

TOP9 ブラジルでは夫婦揃って美しくなければならない

ブラジルにおいては夫婦同伴でイベントに参加することが多いです。そのためお互いが異性として魅力的な存在でなければなりません。もしもそう感じ無ければそれが離婚の原因になってしまうのです。自分磨きということを怠ることが出来ないというのが、ブラジルの夫婦の特徴とも言えるでしょう。

 

TOP10 ケニアでは一夫多妻制が今も存在

本来は法律で禁じられていることですが、都会に出て来ている男性の場合は都会と故郷に奥さんがいるということもあるようです。それが理由となり離婚をすることになることも結構あるようです。本来は離婚はキリスト教の教えで良くないと言われていますが、実際はそうもいかないことが多いのです。

 
離婚の原因は世界において様々ですが、その中でもこれは信じられない!と思うこともあると思います。世界の離婚事情を知ることにより、少しでも世界に目を向けて、今の自分を見つめ直し、気持ちを穏やかに持つことが出来ることが理想的だと思います。

 

まとめ

驚愕の離婚の原因TOP10!世界で本当にあった離婚騒動
TOP1 離婚率が世界で一番多いのはロシア
TOP2 ロシアと同じくらい離婚が多いアメリカ
TOP3 イギリスはEU諸国の中で離婚率No.1
TOP4 イタリアでは同棲率が増加中
TOP5 カトリックにおいての離婚とは
TOP6 ハリウッドに9回結婚した女性がいた
TOP7 クロアチアの音楽教師が4度の離婚
TOP8 オーストラリアの離婚事情
TOP9 ブラジルでは夫婦揃って美しくなければならない
TOP10 ケニアでは一夫多妻制が今も存在


連記事