自宅で仕事をするならば!資格があると優遇される7つの業種

自宅で仕事をするならば!資格があると優遇される7つの業種

自宅で仕事をしたいと考えている人は多いことでしょう。特に結婚・出産後の女性はそう思いますよね。現代には様々な仕事のスタイルが存在します。

しかし、企業に通勤をせず、自宅で仕事をするということは仕事が無くなって、収入が途絶えてしまうかもしれないという不安もつきまといます。そこで、その不安を払拭するのが、資格です。自宅でできる仕事で、かつ、資格がないとできない仕事をすることでその不安を解消できることでしょう。

では、どのような業種で、資格が必要になるのでしょうか。自宅で仕事ができる業種で、かつ、資格がないとできない仕事とはどのようなものなのか、誰でも知っている難易度の高い業種から、意外と知られていない穴場的な業種まで7つご紹介します。

 

自宅で仕事をするならば!
資格があると優遇される7つの業種

 

データ入力や文書作成の業種

自宅で仕事をする際に資格を持っていると優遇されるのが、データ入力や文書作成の業種です。具体的にいうと、在宅ででもできる文書作成、記事ライティングなどのお仕事をするためには、エクセルやワード知識があることが大前提となります。

そこで、持っておきたい資格が、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格です。エクセル、ワード、アクセスと種類があるので、自分がチャレンジしたい仕事にあった資格の勉強をしましょう。

 

国家資格でもある行政書士

国家資格でもある行政書士は、行政書士事務所に所属して働くイメージがありますが、自宅で仕事をしたいという人は、独立して自宅で開業するという働き方をすることもできるのです。

事務所を自分で作るとなると、開業資金が数百万円掛かりそうですが、行政書士は自宅で開業する場合、数十万円で始められる場合が多く、開業資金が安価で済むのが特徴です。

 

独立しても企業でも役に立つ社会保険労務士

独立して自宅で仕事をしたい気持ちはあるけれど、もしものときは企業に就職するときにも使える資格を持っておきたいという人におすすめの業種が社会保険労務士の仕事です。

社会保険労務士は、労働問題や年金問題、社会保険などの分野で開業社労士として働くことができるため、自宅で一人で開業することが可能です。また、やっぱり企業に属して働きたいと思ったら、企業の人事部などの求人に応募する時にも優遇されます。

 

自分のペースでお仕事できる翻訳のお仕事

結婚、出産後に自分のペースで自宅で仕事をしたいという人には、翻訳の業種がおすすめ。翻訳のお仕事で優遇される資格が、日本翻訳連盟が主催している資格検定試験「JTF(ほんやく検定)」やTOEICの高スコアを保持していることです。

これらの資格やスキルをもっていると、翻訳の仕事で1記事あたりの単価や時給が優遇されます。原稿用紙1枚あたり、1000円から1万円と単価の幅が大きい職種のため、資格を持っているのは強みでしょう。

 

専門知識がないとできない文書校正のお仕事

専門知識がないと勤まらない業種が校正のお仕事です。校正というのは、文書の誤字や脱字などをチェックするお仕事で、一見誰でもできると思われますが、専門的な校正記号などの知識をもっている必要があります。

そこで、校正のお仕事で優遇される資格が校正士の資格です。校正士の資格は、実務教育研究所が主催していて、自己学習で十分チャレンジ可能な難易度なのが特徴です。

 

自宅でできる業種のひとつ「着物の着付け」サービス

自宅で仕事をしたい人の中でも、自分の才能を活かしたいという人におすすめの業種が着物の着付けサービスです。着物の着付けサービスは、特別な開業資金がなくても、自宅にその環境があれば、誰でも開業することができます。

そんな着物の着付けサービスをするのに有用な資格は、決まったものはありません。着物の着付け教室で、レッスンを受け、レッスンを修了してスキルを高めていれば誰でも挑戦することができるのが魅力です。

 

職人技が光る洋裁のお仕事

ファッションに興味があって、仕事にしたいと考えている人におすすめの自宅でできる仕事に、洋裁の業種があります。洋裁は、洋服や服飾雑貨を制作するお仕事ですが、この仕事にも持っておくと優遇されたり、仕事を得やすくなる資格があります。

それは、洋裁技術検定です。この検定を持っていると、ただ服飾の専門学校を卒業しているだけでなく、洋裁スキルがどの程度あるのかが分かるため、仕事を得やすくなるのです。

 

いかがでしたか。自宅で仕事をするとなると、収入が減ってしまうのではないか、また、収入が不安定になってしまうのではないかという不安を持つ人は大勢いるでしょう。

そんな自宅でできる仕事だからこそ、資格を持っているといざという時に全く仕事がなくなってしまうという懸念が払拭できるのです。資格を取得して、安心して自宅で仕事ができるよう、前もって自分が挑戦したい業種や仕事内容については事前にリサーチしておくことをお勧めします。

 

まとめ

自宅で仕事をするならば!資格があると優遇される7つの業種

・データ入力や文書作成の業種
・国家資格でもある行政書士
・独立しても企業でも役に立つ社会保険労務士
・自分のペースでお仕事できる翻訳のお仕事
・専門知識がないとできない文書校正のお仕事
・自宅でできる業種のひとつ「着物の着付け」サービス
・職人技が光る洋裁のお仕事


連記事