転職したい人必見!いまどき社員の7つの転職事情

Close-up of four business executives standing in a line and applauding
「一旦は就職してみたけれど、やはり自分には合わない」「友達がどんどん転職している!自分も転職してみたい」という方も多いのではないでしょうか?
昔は一度就職したら、定年まで働き続けるのが立派な事だというイメージが強い世の中だったかもしれませんが、最近では転職してキャリアアップしていくのが普通の世の中になってきましたよね。けれど「いざ転職をしよう!」と思っても、いまの世の中の転職事情が分かっていないと・・・あれ?こんなはずではなかったのに後悔してしまうこともあるかもしれません。そこで今回は「転職したい人必見!いまどき社員の7つの転職事情」と題してお送りいたします。さぁ、一体どんな転職事情があるのでしょうか!?

 


転職したい人必見!
いまどき社員の7つの転職事情

 


1、ひとまず、3年で転職を考える

新入社員の中には、まずは3年頑張ろう!と思いながら働く人が増えています。定年をゴールとしていた時代から見れば大違いですよね~。いまどきの新入社員の心の中には「3年頑張って、無理なら次の職場を探そう。3年続ければ、自分のマイナスポイントにはならないだろうし。」という気持ちが少なからずあると思います。実際に、入社3年目に退職をする若者の数も年々増えている状況です。入社数年で退職し、転職した人の事を「第二新卒」と呼ぶほどですから、その状況が確かな事が分かりますよね。

 


2、転職して、給料がアップする人は全体の2割

何のために転職をするのでしょうか?自分がしたい仕事に就くため、給料アップが見込めるから、会社の人間関係がうまく行かなくなったためなどさまざまな理由があると思います。その中でも、一番多いのが「給料」に関する理由だと思います。転職する時には「今までの給料と比べて、転職したらどうなるのか」というのがポイントになってくると思います。もちろん、給料アップを期待しますよね。けれど実際には、仕事量や拘束時間などを加味して考えると、給料のパフォーマンスレベルは下がっている場合がほとんどだというのです。

 


3、30代~40代は突然ヘッドハンティングされる可能性がある

一番理想的な転職方法は「是非とも、うちの会社に来てくれないか!?」と言われて、優遇されて転職することですよね。実は30代~40代の中堅社員と呼ばれる人の中で、最近増えているのが「ヘッドハンティング」です。何で自分に電話が来るのか?と不審がる人がほとんどだと思いますが、誰かにリサーチさせて有能な人物をピックアップするのは簡単な事です。同じ業界から誘われる人もいれば、全く違う業界だけど実は取引き先の人だったなんてパターンもあります。

 


4、誰でも正社員で転職出来るわけではない

現在正社員の人で、転職を考えている人は慎重に考えて欲しいです。なぜなら、転職してもまた正社員で働けるかどうかの保証はどこにもないからです。スキルや実績のある人は、引く手あまただと思いますが、誰にでも出来る仕事をこなしてきた人は、厳しい事を言うようですがどこにでも変わりはいるのです。ですから、契約社員でしか見つからなかったなんてパターンもあるのです。

 


5、第二新卒世代がグングン来ている!

今、企業が目を付けているのは「第二新卒」です。第二新卒とは一旦は就職したものの数年で退職し、転職活動をしている人たちの事を言います。
大学を卒業したての新卒と比べると、社会人としての基本的な心構え・メールの返信・電話の応対などが出来ているので教える方もずっと楽なのです。
ですから敢えて、新卒者は全く採用せずに、第二新卒限定で募集する企業も増えているのです。

 


6、ワーキングマザーが注目されている転職事情

子育てとお仕事を両立しているワーキングマザーの皆さん。今、転職業界では大注目されていますよ!なぜなら、ワーキングマザーのイメージが企業にすごくプラスになっているからだと言います。
まずは、女性に優しい会社はモテます。その次に、子育て・家事・仕事・ママ友や夫の家族など色々な人間関係の中で過ごしているワーキングマザーの知識や対応力はレベルが高いのです。
ですから「私は子育て中だから、きっと転職は難しいわ」なんて思う必要はありません!ワーキングマザーの方こそ、有利な状況なのですよ。

 


7、良い企業に転職したい人は、大手転職サポート会社に登録すべし

自分一人で就職活動するよりも、大手就職サポート会社に登録した方が良い企業に転職出来ると思います。なぜなら、大手就職サポート会社に登録している会社は、少なからず信用が置けます。
自分で探すと、経営状態がままならない会社に引っかかる可能性もあります。よって、第三者機関を通して転職活動をしたほうが自分も楽ですし、良い企業に再就職できる可能性もグンと上がるはずです。

 

以上「転職したい人必見!いまどき社員の7つの転職事情」と題してお送りしましたが、いかがでしたか?
転職って、自分にとってプラスになるようにすべきものだと思います。ですから活動を始める前に、現在の日本の転職市場の状況をじっくり考えていく必要があると思います。
是非とも、ここでご紹介した転職事情を参考にして、転職に対する考えをもう一度まとめて頂きたいと思います。最後に、あなたの転職がうまく行きますように!応援しています!

 

まとめ


転職したい人必見!いまどき社員の7つの転職事情

1、ひとまず、3年で転職を考える
2、転職して、給料がアップする人は全体の2割
3、30代~40代は突然ヘッドハンティングされる可能性がある
4、誰でも正社員で転職出来るわけではない
5、第二新卒世代がグングン来ている!
6、ワーキングマザーが注目されている転職事情
7、良い企業に転職したい人は、大手転職サポート会社に登録すべし


連記事