副職を始めたいなら絶対知っておくべき7つの知識

副職を始めたいなら絶対知っておくべき7つの知識

「本業だけじゃ生活が苦しいから何か副職を探したい」「子どもが小さいからパートには出られないけど、空いている時間を有効活用したい」と考えている方も多いでしょう。そのような悩みを解決できる方法のひとつが副職を始めることです。

副職禁止の会社もありますが、こっそり始めようとしている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、いざ副職を始めようとしても「どうやって仕事を探したらいいんだろう」「私にできる副業は何があるだろう」「副業が会社に知られた人がいるけど、どうやって知られたんだろう」

と様々な疑問にありますよね。そのような方のために、今回は仕事の探し方や用意するもの、注意点など、副職を始めるにあたって知っておくべき7つの知識を紹介いたします。

 

副職を始めたいなら絶対
知っておくべき7つの知識

 

副業に役立つサイトの利用

副業を始めたいと思っていても、結びつきのあるクライアントもないなか自分で仕事を獲得することは難しいと思います。また、クライアントを探したり自分を売り込む時間を取ることも困難でしょう。そこ役立つものが在宅ワーク紹介サイトです。

これらのサイトはデータ入力、文章作成という気軽なものからロゴやポスターのデザインなど幅広い仕事があります。空いた時間に自分の能力に合わせて出来ることから、副業を始める際には利用したいところです。

 

サイトの最低出金額を知っておく

実際に在宅ワークサイトを探してみるといくつかのサイトがヒットすると思います。ひとつのサイトに登録するもよし、複数のサイトに登録するもよしですが、ひとつ注目すべきところがあります。それは、そのサイトの最低出金額です。

在宅ワークサイトにはそれぞれある一定の報酬を得ないと出金できない仕組みになっています。その金額に達しない限り出金できないのですから、あまり多くのサイトに登録してまばらに仕事をするとなかなか最低出金額に届かないことがあります。

最低出金額と募集仕事内容や募集仕事数からサイトを決めましょう。

 

出金にかかる振込手数料

最低出金額に達していざお金を在宅ワークサイトから振り込んでもらうとき、振込手数料がかかります。そして多くのサイトでは、振込手数料は自分(受注者)が負担します。

銀行によっては振込手数料が安くなりますので、振込手数料がいくらかかるのか、どの銀行を利用すると振込手数料が安くなるのか調べてみましょう。副業用に口座をひとつ作るのも報酬を把握しやすく便利です。

 

メールアドレスを新しく作る

副業を行う際に新しいメールアドレスを作ることをオススメします。契約した案件のメールのものはもちろん、スカウトや契約成立などのメールなどが多く送られてきます。

そのため普段使っているメールアドレスを使用するとメールを見落とす危険や以前きたメールを探す際に時間がかかってしまうことがあります。フリーメールは何個でも作れますので、副業用にひとつ新しいメールアドレスを用意しましょう。

 

自分の能力を客観的に評価する

いくら在宅ワークサイトに登録したからといって必ず仕事ができるわけではなく、自分で応募して採用されなければなりません。したがって、自分に出来そうな仕事を選び、自分を売り込む必要があります。

その際に自分は何ができるのか、何が得意なのか、仕事にどれくらい時間がとれるのかなどを知らないと自分を売り込むことは出来ないですよね。副業を始める際には、ぜひそこを明確にしましょう。

 

仕事内容の大まかな料金を知る

基本的に在宅ワークサイトの仕事の報酬は、その仕事で生活している、いわゆるプロの方々の料金より安いですし、それは仕方のないことです。そうは言っても、条件や求める能力が高いわりに報酬があまりに安すぎる仕事があることも事実です。

例えば、ポスター作製の仕事を引き受けようとした場合、もし業者にその仕事を頼んだら料金がいくらかかるのか調べてみましょう。同じ値段で仕事をすることは無理ですが、相場を知ることでわりに合わない仕事を見極めることが出来るようになります。

 

確定申告に関する注意

副業で注意したいところが確定申告です。インターネット上では「利益が20万円を超えなければ確定申告はいらない」と書かれているところも多いようですが、それは誤りです。それを信じて何もしなかったために会社に副業が知られてしまったという方もいるようです。

利益が20万円以下であろうと住民税を確定申告する必要があります。会社に知られたくない場合は「普通徴収」を利用しましょう。詳しい方法は各市町村によって違うため、きちんと調べることをオススメします。

 

いかがでしょうか。

今はインターネットがあるため、気軽に副業が始められるようになりました。しかし、気軽に始められるからといって簡単に思ってはいけません。仕事は仕事です。「本業が忙しいから」「子育てが忙しいから」と言って締め切りを守らないことは許されません。

また、何も知らないまま始めると無駄な経費や時間がかかることや本業に支障がでることもあります。この記事を読んで副業のやり方や注意点を知り、副業がスムーズに始められるようになれば幸いです。

 

まとめ

副職を始めたいなら絶対知っておくべき7つの知識

・副業に役立つサイトの利用
・サイトの最低出金額を知っておく
・出金にかかる振込手数料
・メールアドレスを新しく作る
・自分の能力を客観的に評価する
・仕事内容の大まかな料金を知る
・確定申告に関する注意


連記事