就職氷河期でも欲しがられる人材に!自分を磨く方法

就職氷河期でも欲しがられる人材に!自分を磨く方法

就職活動は大変ですが、就職氷河期と呼ばれる時期に就職活動をすることは特につらく厳しいことです。求人が少ないがゆえに倍率が高く、なかなか内定を得られない方もいらっしゃるかもしれません。また、これから就職活動をする方はとても不安がありますよね。

しかし、就職活動とは自分自身を売り込む活動です。自分という商品に魅力がなくてはなりません。魅力がない商品は誰もほしいと思ってくれませんよね。それを聞いて「自分は魅力的ではない」と落ち込む方もいらっしゃるかもしれませんが、心配しないでください。自分に魅力をつければいいのです。

「魅力的な商品」というとハードルが高いと思うかもしれませんが、魅力的な商品=ヒット商品ではありません。ヒット商品を目指さず、感じがいいと思ってもらいましょう。実はここがとても大切です。今回は「感じがいい」と思われるような自分を磨く方法を簡単ですがご紹介します。

好印象な笑顔の練習

好印象な笑顔ははずしていけない非常に重要なところです。また、「好印象」な笑顔というところがポイントです。好印象な笑顔はニュースキャスターやキャビンアテンダントの笑顔を参考にするのが一番いいです。

始めは恥ずかしいかもしれませんが、鏡に向かって笑顔の練習をしてみましょう。また、笑顔の練習方法もインターネットで探せばたくさん出てきますので参考にしてはいかがでしょうか。

 

大きな声ではっきりと話す

笑顔の次に大切なことが声の大きさとハキハキと答えることです。これは事務職だろうと営業だろうと関係ありません。仕事をする以上、人と関わることが多いのですから、やはり感じのいい人と働きたいと会社側は思っています。

小さい声でぼそぼそとしゃべる人より大きな声ではっきりと話す人の方が印象はいいですよね。大きな声は自分で出しているつもりでも、実のところあまり大きい声でないことがあります。また、面接では緊張して声がいつも以上に小さくなりがちですので、そこに注意しましょう。

 

質問には必ず“答え”を

普段から質問に対してきちんと“答え”を出せているでしょうか?実はこれをできない方が多いです。面接で落とされる方のなかには、話は長いけど最終的に質問に対する適切な答えを返せてないということ多いです。

相手が質問をしてきたとき「聞きたいことは何なのか」がすぐさま理解できるよう、普段周りにいる人と話しているときも注意してみましょう。また、相手が聞きたいことに対して答えを出し、話せるよう練習しておきましょう。

 

簡潔に話せるよう訓練する

先ほどの内容に関係しますが、とにかく簡潔に話せる練習をすることが大切です。面接では持ち時間が決まっていますから、だらだらと長く話すことはできません。また、長く話せば話すほど面接官も集中力がなくなり、話をまともに聞いてもらえなくなります。

自分が必ず言いたいことを言いましょう。肉付けはそのあとでもかまいません。そしてその肉付けも簡潔に的確に言うことができれば、相手にいい印象を与えることができます。

 

自分のいいところを見つける

冒頭にも述べましたが、就職活動は自分という商品を売り込む活動です。ですので、自分のいいところをたくさん見つけましょう。自分では気付けない部分もあるかもしれませんので、家族や友人、先生に聞くのもいいかもしれません。

いいところを見つけ、自分が今までやってきた活動とそれを結びつけてアピールポイントにしたり、いいところから自分の向いている仕事を見つけることが出来るはずです。

 

仮想面接をする

あがり症でない方でも始めは就職活動の面接は緊張してしまうものです。また、限られた時間に自分の言いたいことを話すというのも思った以上に始めは苦戦するかと思います。ですので、面接の練習をしましょう。

友人数人とするのもいいですし、学校でもそういった講座等はあるはずですので利用しましょう。面接は数をこなせば必ず慣れますので、嫌がらず頑張りましょう。

 

普段から礼儀正しく

会社に試験や面接で訪れる際、マナーや礼儀を見ている会社もあります。マナー・礼儀と言っても大げさなものではなく、きちんと挨拶ができるか、名前をきちんと名乗るか、コートを脱いで入ってくるかなどです。

しかし、普段から心がけていないと本番ではなかなかできないものです。また、体に馴染んでいないこともすぐばれてしまいます。普段から礼儀正しく生活しましょう。

 

いかがでしょうか。試験は勉強すれば高得点を取ることが可能です。しかし、就職活動で難しいのは面接ですので今回は面接について自分を磨く方法を紹介しました。どれも簡単だと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

実のところ面接は難しいことを求められているわけではありません。簡潔に相手の質問に答え、笑顔で明るく自分をアピールする。これだけです。しかし、やはり慣れないうちは苦戦するでしょう。だからこそ練習が必要なのです。

面接が苦手な方はとにかく慣れる練習をしましょう。この記事で自分に何が足りないか知り、自分の磨く部分が明確になるきっかけになれば幸いです。

 

まとめ

就職氷河期でも欲しがられる人材に!自分を磨く方法

・好印象な笑顔の練習
・大きな声ではっきりと話す
・質問には必ず“答え”を
・簡潔に話せるよう訓練する
・自分のいいところを見つける
・仮想面接をする
・普段から礼儀正しく


連記事