結婚相手の賢い選び方とは。自分に最適な相手が分かる方法

結婚相手の賢い選び方とは。自分に最適な相手が分かる方法

女性に生まれたからには、やはり1度は着てみたいと夢見るのはやはりウェディングドレスですよね。最近では、色々な結婚式プランがあり想像するだけで楽しいですよね。そのためには、自分によって最適な結婚相手を見つけなければいけません。

大切なのは、自分自身が結婚に何を望むかです。例えば、結婚を恋愛の延長版と考えているのか、結婚と恋愛は全く別と考えているのか、それによって選ぶ人や選び方が変わってきます。自分にとって何が大切かどれを選んでも間違いではありません。

自分が結婚したいと思った時が、自分の結婚適齢期です。あとは、“この人なら”という自分の直感を信じてどんどん積極的に行動していくしかありません。あとは、自分にとって最適な相手を見つけるだけです。では、どうやって結婚相手を賢く選んでいくか、ご紹介させて頂きます。

 

結婚相手の賢い選び方とは。
自分に最適な相手が分かる方法

 

年収の良い男性と結婚したいと考えているのであれば

年収の高い男性って、企業でそれなりのポジションについている人もいれば、自分で会社を経営している人もいたりと様々な人がいます。年収の良い男性って既に結婚していたり、独身であってもフリーではなさそうなイメージってありますよね。

でも、独身男性であれば、あなたにもまだまだチャンスはあります。一般的に年収に高い男性は、恋愛する相手と結婚相手を全く別に考えている傾向が見られます。確かに恋愛して遊ぶのであれば、綺麗な女性が良いかと思いますが、結婚相手であれば、仕事の事理解してくれる女性、自分を信じて付いてきてくれる女性の方が適しています。

年収の良い男性が、仕事が忙しくないはずがありません。だからこそ、家庭をしっかり守ってくれたり、仕事に集中させてくれる女性を好んだりします。このような男性とは、職場・仕事上で知り合う機会が多いです。日頃から、誰もが認めてくれる良い仕事を心がけましょう。良い仕事をすれば自然とそれなりのポジションにいる人と接する機会も増えてきます。

 

結婚しても仕事を続けたいと考えているのであれば

結婚しても、正社員でバリバリ働く女性も増えてきましたよね。今では女性でも、役職に就く人も増えてきているので、家計の為に共働きというよりは、女性自ら仕事を続けたいという意志があるようです。

やはり、女性が仕事を続けていくには家族の理解が必要です。家事・育児も分担して協力していくしかありません。その為には、女性が働く事に対して理解のある男性と結婚するのが理想です。男性にとって、1番身近な女性は母親です。母親が専業主婦だったか、共働きな家庭で育ったかによって大きく分かれます。

母親が家にいる環境で育った男性は、女性が働く事に賛成といっていても、実際は家事を手伝ってくれたりすることはあまり期待できません。その上、家事がしっかりできていないと不満に思う事もしばしばあったりします。それに比べ、母親が家にいない環境で育った男性は、自然に自分の事は自分でやってくれます。

このような男性は、気付かないだけで結構身近にいたりします。あとは、互いの価値観を合わせて意気投合できるかだけですよね。

 

姫様でいる結婚がしたいと考えているのではあれば

結婚しても我慢はしたくない、旦那様に尽くすというよりは、旦那様から姫様のように大切に扱われたりと考えているのであれば、優しい男性を選ぶのが1番ですよね。でも、ただ優しいだけでは姫様を受け入れられません。

逆にどちらかといえば女性にあまり慣れていない男性や恋愛も良いけど仲間と過ごす時間も大切にしたいと考える男性の方が、おススメです。このようなタイプの男性は、女性や恋愛にマメじゃなかったり、気が利かない部分もありますが、相手をすごく大切してくれるので、1人の女性と長く付き合っているパターンが多くあります。

でも、姫様でいたいからには、日頃から自分を磨きいつもキレイでいる努力が必要になります。また、普段は尽くさなくてもベッドでは男性を喜ばせるように楽しませていくテクニックも必要とされます。

このような男性を選ぶなら、新しい出会いからではなく、古くから自分を知っている男友達が、適していると言えるでしょう。ふとした瞬間恋に落ちることってありますよね。

 

普通で平凡な家庭を築きたいと考えるのであれば

普通の平凡な家庭を築く事は、一見すごく簡単にも思えますが、実は何気に1番大変で難しかったりします。よその生活を羨んだり、僻んだりすることなく自分たちは自分たちと前向きに家族仲良く平和で健康第一とマイペースで考えていく事ができなければ成り立たない生活スタイルでもあります。

女性の中でも、かっこ良い男性、年収の高い男性が苦手という人もいます。そして、仕事が忙しい男性よりも家にいてくれる時間がゆっくりとれる男性を好む人もいます。

このような男性を好む人は、どちらかといえば無欲で堅実な性格な女性が多く、可でも不可でもない普通で平凡な日々を楽しく過ごしています。旦那として選ぶ男性も、若干年収が少なめのタイプが目立ちますが、その分男性自身も贅沢をせず家族を1番に考えてくれる人に惹かれるケースが多く見られます。

このタイプの男性は、仕事やプライベートでもどちらかといえば控えめなので、自分から積極的に目立つ方ではありませんが、友人からの信用が厚いタイプでもあります。その為、友人からの紹介で知り合えるパターンが多いでしょう。

 

夫婦で共通の趣味を楽しみたいと考えるのであれば

同じ趣味を持つ夫婦って、週末や休みの日いつも一緒に出かけている事が多くて楽しそうですよね。普段、仕事をしていてすれ違いが多くても、この日だけは一緒に楽しむ日って決めていたらお互いの絆を実感できるものです。

共通の趣味を持つ男性とは、習い事先であったり、同じ趣味を持つ者同士が集う会合などで、気軽に知り合う事ができます。共通の趣味があることによって、話題も尽きずお互いの距離がすぐ縮まるので、比較的簡単にデートの約束ができます。

でも、共通の趣味があるとはいえ、絶対譲れない条件も中にはあるはずです。それが、何なのかまずは、考えてみましょう。そこをクリアしているか否かを合う回数を重ねる事によって見極める事が大切です。

お互いに一緒に趣味を楽しめているうちは良いですが、状況によってはできなくなってしまうこともあります。その場合、自分自身が相手とどのように向き合って過ごしていくかという事も大切です。

 

結婚したら専業主婦になりたいと考えるのであれば

結婚したら専業主婦になりたいって、女性も多くいますよね。働くのが得意ではない人がいるのも事実です。専業主婦になりたい人って、高収入の男性に嫁いで家庭にどっぷり入り込んでいくタイプと、相手の年収にこだわりなくただ自分が働きたくないタイプの2パターンに分かれると思います。

自分がどのタイプなのか考えてみましょう。高収入の男性に嫁ぎたいと考えている人は、日頃から自分を磨く努力をしています。料理教室に通ったりして家事も抜群で、何より雰囲気や印象を上品に保つことを意識しています。

その為、職場関係であったりや友人の結婚式といった意外と予期せぬ場所で見染められたりします。ただ自分が働きたくないと考えている人は、どちらかといえば、家に何時間でもずっとこもっていられます。

自分が働きたくない上に相手の年収にもこだわらない分、贅沢も望まない素朴な人が多いので、結婚相手にプレッシャーをかけたり、精神的に圧迫することがありません。でも、いざという時にはパートタイムで働けるようにスキルをつけておいた方がよいですね。

 

楽しい恋愛のゴールと考えているのであれば

やはり、女性としては、大好きな人と結婚したい、今付き合っている人と結婚したいという願望がありますよね。やはり、損得感情ではなく純粋に好きな気持ちで何年も付き合ってきた相手は、結婚の条件・理想を抜きにしてやはり信頼があります。

良い部分も悪い部分も互いに理解し合えている上に、この人となら自分らしくいられると実感する事も多いと思います。この先何十年と一緒に長く生活していく結婚は、恋愛の楽しい部分だけではありません。互いの異なる価値観をどれだけ歩み寄っていけるかが鍵となります。

自分が結婚したいと思った時に、長く付き合ってきた相手でも、そこをしっかり見極めることが大切です。自分にとって、生活とは何なのか、相手にとって生活とは何なのか、普段からお互いに何となく話し合ってみるもの良いですね。

違うと思ったら、早めに見切りをつけて次へ積極的に進むのもよいでしょう。また、この人だと直感したらあとは、相手をその気にさせてプロポーズさせるだけです。自分の直感を信じましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

自分にとって結婚相手の賢い選び方、自分に最適な相手が分かる方法についてご紹介をしてみました。自分にとって理想の結婚とは何か、思い描いているイメージはたくさんあると思います。

でも、思い描いていたことに対して自分が無理をしていると感じたら、また違う方向で前向きに自分に最適な相手を選んでいけば良いと思います。結婚は生活です。自分にとって、大切なもの何かを考えてそれを共有していける相手が1番最適じゃないでしょうか。

 

まとめ

結婚相手の賢い選び方とは。自分に最適な相手が分かる方法

・年収の良い男性と結婚したいと考えているのであれば
・結婚しても仕事を続けたいと考えているのであれば
・姫様でいる結婚がしたいと考えているのではあれば
・普通で平凡な家庭を築きたいと考えるのであれば
・夫婦で共通の趣味を楽しみたいと考えるのであれば
・結婚したら専業主婦になりたいと考えるのであれば
・楽しい恋愛のゴールと考えているのであれば


連記事