婚約のセレモニー☆一般的から特殊なものまで7スタイル

婚約のセレモニー☆一般的から特殊なものまで7スタイル
婚約は、交際からいよいよ結婚へと向かう大切な区切りとなります。プロポーズをして、一方がそのプロポーズを受けてることで婚約は事実上成立となりますが、一般的にはそれから結納を交わしたり、婚約の儀式的なセレモニーを行います。しかし、最近ではそのセレモニーの形式も多様化していて、日本の伝統的な形式を守る人もいれば、欧米スタイルで行う人もいますし、完全にオリジナルで行う人もいます。

婚約はしたけれど、婚約のセレモニーをどのように行っていいかわからないという人のために、色んなパターンの婚約のセレモニーをご紹介します。当人同士で行えればいいと思う人から、親族、ひいては友人や知人も巻き込んで婚約のセレモニーを盛大に行いたいという人まで様々な要望があるでしょうから、自分たちにあった形式を選んでみましょう。

 

婚約のセレモニー☆
一般的から特殊なものまで7スタイル

 

正統派の結納

婚約のセレモニーで、最も日本において正式な形式が結納です。結納は、平安時代から続く日本の伝統的な婚約の儀式で、一般的には結納品を用意して、男性側の家から女性側の家に結納金がおさめられ、女性側の家から男性側の家には結納返しが渡されます。

会場は、個室のある料亭やレストランで、服装は正装、さらには、日取りも吉日がいいとされ、費用も準備も大変ですが、伝統にこだわるお家では今でも行っています。

 

両家の親族が集まって食事会をする

結納をするほどではないけれども、両家の親族の顔合わせも兼ねてある程度ちゃんとした婚約のセレモニーを行いたいというカップルは、両家の両親だけでなく、親しい親族一同も集まって食事会をするという形式で婚約のセレモニーを行います。

大人数となるため、必然的に会場はホテルのレストランや和室の宴会場がある料亭が選ばれるようです。食事会では、婚約指輪の交換やお披露目も行うケースが多いです。

 

両家の両親と本人達だけのカジュアルな食事会

堅苦しい事は省きたいけど、両家の顔合わせがしたいという家庭同士の婚約においては、当人同士とその両親、また兄弟だけでこじんまりとカジュアルな食事会をするという形式が人気があります。

食事代もすっきりと割勘で、食事を楽しんで、記念に写真を撮る程度ですが、緊張せずにお互いの家族と仲良くなれるため、最近では主流になってきてる形式です。

 

婚約披露パーティーを行う

欧米のセレブ風に婚約のセレモニーを行なうというカップルは、婚約披露パーティーを行います。家族や親族だけでなく、自分たちの友人や知人、会社の同僚や上司なども招いて、盛大にパーティーを行うのです。

パーティー好きなカップルは、ホテルの宴会場を借りて盛大におこおなうケースもありますが、どちらかの家が広い場合には、親しい友人たちだけを招いてアットホームなホームパーティーを行うというケースもあります。

 

教会で婚約式を正式に挙げる

結婚式を教会で行う予定のカップルで、結婚式だけでなく、婚約に関しても気持ち的に契約を交わしたいと思うカップルに人気なのが、教会で挙げる婚約式です。

結納となると、両家のの両親に金銭的な負担がかかってしまいますが、教会であげる婚約式は、本人たちだけでも挙げることができます。また、神様や神父様の前で婚約を誓うことによって、結婚に向かって気持ちが一層引き締まります。

 

二人だけで婚約指輪や記念品を交換する

婚約は、当人同士の問題で、セレモニーを特別に行う必要はないと考えるカップルは、二人だけで婚約の記念となるプレゼントを交換するなどします。

一般的には、男性から女性に婚約指輪を送り、女性は男性にそのお返しとなる婚約記念品をプレゼントします。人気があるのは、腕時計です。最近では、指輪をしないという女性も増えているので、二人でペアウォッチを交換しあうということもあるようです。

 

婚約しましたカードを友人や知人に送る

ちょっと変わった婚約のセレモニーが、友人や知人、親族に婚約をしたことを知らせるカードを送付するというイベントです。「私達、婚約しました」というメッセージとともに二人の写真を同封するのです。欧米では、このような事もありますが、日本では珍しい行為です。

しかし、送られた側もハッピーな気持ちになりますし、会社の人や地元の友人に報告し忘れていたという事が防げる、意外と有用な方法なのです。

 

いかがでしたか。
婚約は、二人の問題ではありますが、結婚するということはお互いの家族が一つの家族になるということですので、結婚前に事前に婚約のセレモニーで友好関係を築いておくことが理想です。

また、プロポーズから、婚約のセレモニー、結婚式、ハネムーンの一連の流れは一生の思い出に残ることですから、全てのイベントにおいて手を抜かずにしっかりやっておくと後でとてもいい思い出になるでしょう。婚約のセレモニーは長く夫婦が仲良くやっていくための最初のポイントになるかもしれません。

 

まとめ

婚約のセレモニー☆一般的から特殊なものまで7スタイル

・正統派の結納
・両家の親族が集まって食事会をする
・両家の両親と本人達だけのカジュアルな食事会
・婚約披露パーティーを行う
・教会で婚約式を正式に挙げる
・二人だけで婚約指輪や記念品を交換する
・婚約しましたカードを友人や知人に送る


連記事