離婚したい理由のトップは性格の不一致?7つの具体例

離婚したい理由のトップは性格の不一致?7つの具体例

結婚生活を続けていると、離婚を考えることがあるかもしれません。または、「離婚したらどうしよう」と心配している方もいらっしゃるかもしれませんね。離婚したい理由・離婚した理由の第一位が何かご存じでしょうか。

それは、「性格の不一致」となっています。性格の不一致と一言でいっても、その中には様々な要因があり、複雑になっています。そして、離婚したい理由・離婚した理由は性格の不一致だけではありません。

なかには本人たちの要因とは別のところで離婚理由になることもあります。それらの理由は身近で他人ごとではないものばかりです。決して自分に関係ないと切り捨てられるものではありません。

今回は性格の不一致以外の離婚したい理由として挙げられるものを紹介いたします。

 

離婚したい理由のトップは
性格の不一致?7つの具体例

 

親族に対する考え方の違い

結婚前は「同居はしない」「親族とは関わらなくてもいい」と言っていた配偶者も結婚後は意見を変える方も多いです。状況が変わらないのに意見が変わることもありますが結婚前と状況が変わることだってありますからね。

また、「お金が貯まったら別居する」という約束で同居したものの、いつまで経っても実行されないことや同居で姑問題が起きることがあります。

配偶者への我慢は自分が選んだ相手ですからある程度我慢できる部分もありますが、その家族となるとまた別の話。不仲の原因になります。

 

金銭感覚の違い

こちらは生活に直接関わってくる問題です。金銭感覚は結婚前と結婚後で大きく変わることはないと思います。しかし、変わりづらいからこそすれ違いが起きる原因となります。

結婚や出産により、節約や貯金を実行したいのに配偶者が独身時代とお金の使い方が変わらず、ストレスになることが多いようです。または妻に家計を任せていたら妻ばかり贅沢していたということもあります。

家計はどちらかに一方的に任せることは避けましょう。あるいは任せるにしてもある程度お金の出入りの流れを夫婦二人ともに把握しておくといいですね。

 

配偶者によるDV

結婚前は暴力とはまるで結びつかない方でも、結婚後に配偶者や子どもに暴力をふるうことになることは少なくありません。始めは「相手もそのときは気がたっていた。普段は優しい」と思っていても、暴力は段々と蔓延的になっていきます。

場合によっては命を落としかねません。もし配偶者から暴力を受けた場合は必ず証拠を残し、しかるべき機関に助けを求めることが大切です。暴力は決してあってはならないものです。

 

浮気や不倫

こちらも離婚する理由の上位にランクインしている理由のひとつです。世の中には思っている以上に浮気や不倫が溢れています。「自分には無縁だ」と思っていた方でも被害に遭うことはあります。

その際は証拠を確実に集め、しかるべき処置をしましょう。専業主婦の方は経済力がないため離婚を踏みとどまっている方もいるようですが、無料で相談を受けてくれる弁護士事務所もありますので相談してみましょう。

 

モラスハラスメント

立証が難しいモラスハラスメントですが、離婚理由に挙げられることも少なくありません。こちらは暴力とともに行われることもあります。モラスハラスメントは精神的な暴力と言われ、心に深い傷を残す程危険なことです。

モラスハラスメントを受け続けると、自分を価値のないものと思いこんだり、相手に対抗する気力がなくなってしまいます。自分が相手にモラスハラスメントをしていないか、自分は受けていないか考えてみましょう。

 

性の不一致

なかには「そんなことで?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、海外ではセックスレスが離婚理由になるほど、夫婦間での性行為は大切なものとされています。

セックスレスになる原因は様々ですが、そのまま放置しておくと夫婦間にヒビが入ることや浮気に繋がってしまうことも。決して軽く見ていい問題ではありません。

 

病気による問題

こちらは非常に難しい問題の離婚理由になります。なぜなら、病気による離婚では、結婚前にわかっていた病気ではなく結婚後に発症した病気(うつ病・育児ノイローゼ・日常生活が厳しい難病など)が理由だからです。

こちらは完治する可能性がない、あるいは、完治するまで時間がかかるため、支える方も日常生活が送ることが難しくなってしまうからです。「病めるときも 健やかなときも」と誓いの言葉を交わしたとはいえ、現実は厳しいようです。

 

いかがでしょうか。結婚前にわかる要因だけではないため、見極めが難しいものが多いことがわかります。特に性の不一致や病気はデリケートな問題ですので、離婚を考えるまでにも葛藤があると思います。

また、浮気・不倫、DVやモラスハラスメントは心の深い傷を負い、その後の生活がままならなくなることもあります。被害に遭った場合はまずは証拠を集め、相手から離れることを考えましょう。

離婚をこの記事を読んで自分と相手を見つめ直すきっかけになっていただければ幸いです。

 

まとめ

離婚したい理由のトップは性格の不一致?7つの具体例

・親族に対する考え方の違い
・金銭感覚の違い
・配偶者による暴力
・浮気や不倫
・モラスハラスメント
・性の不一致
・病気による問題


連記事