自宅で仕事をする人へ!とっておき、5つの時間管理術

自宅で仕事をする人へ!とっておき、5つの時間管理術
「子どもが小さくて会社に出ていくことは難しい」「病気や障害があって自宅で仕事をすることが好ましい」という方や自宅でできる仕事が増えてきたことが関係して、自宅で仕事をする方が増えています。

自宅で仕事をすると聞くと、家のこともできてよさそうと思うかもしれませんが、自宅で仕事することは思った以上に大変なことが多いです。会社と違って始業終業時間がありませんし、仕事以外で予期せぬことが起こって対応に時間がとられることがあります。そのため時間管理が非常に重要になってきます。

では、時間管理をうまくするにはどうしたらいいでしょうか。時間をうまく管理するためにはただ、始業終業時間を決めればいいというものではありません。やはり、コツがあります。今回はうまく使うための5つの時間管理術をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

在宅仕事で、少しでも収入をアップさせるための秘策とは?

在宅仕事で、少しでも収入をアップさせるための秘策とは?
今の時代、PCを使った在宅の仕事がネット上にはたくさん溢れていますね。在宅の仕事を紹介するサイトもたくさん増えて、そのサイトに登録すれば誰でも仕事を受けられ収入を得ることが可能です。

しかし、在宅の仕事の多くは時間ばかりかかって月の収入は微々たるもの。中には月収ウン十万円も稼いでいる人もいる事実。小遣い稼ぎ程度で始めたものがいまや、それだけで生活している人もいます。

どこを目指すかはあなた次第、ウン十万円の稼ぎは期待しなくても、ちょっとした空き時間で稼げるなら稼いでみたいのが本音です。実は、在宅の仕事にはコツがあるのを知っていますか。やり方次第でドンドン稼げる秘密があるのです。

在宅の仕事をもう始めてる人も、まだこれからの人も試しにぜひ読んでみてください。では、少しでも在宅の収入をアップさせるためにやるべきことをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

自宅でできる仕事を探してみよう!おすすめのサイトは?

自宅でできる仕事を探してみよう!おすすめのサイトは?
「仕事」というと、一般的には外に働きに出るものを想像するでしょうが、最近では「自宅で仕事」をする人が増えてきています。自営業や作家などの特殊な仕事ではなく、普通の人間が自宅でちょこちょこと収入を得るのです。

外に仕事を持っていながら、副業として自宅で仕事をする人もいれば、子育てで働きに出られない主婦の方などが、子どもが昼寝をしている合間などに自宅で仕事をするのです。もちろん、外に働きに出た方がはるかに稼げるのですが、自宅で空いた時間を利用してちょこっとできる仕事をして、毎月1~2万を稼ぐという低収入ワークが人気なのです。

そこで今回、自宅でできる仕事をいくつかお伝えしていきます。「自宅での仕事を探しているけど、どうやって探せばいいかわからない。」という人のために、是非、ネットでの検索ワードの参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

転職に有利な資格を自分の好きや得意から見つける方法

転職に有利な資格を自分の好きや得意から見つける方法
色々な事情により現在の会社を辞めて転職を考えることもありますよね。同じ業種に就こうという方もいらっしゃれば、全く別の職種に就こうという方もいらっしゃるかもしれません。

どちらにせよ、転職する際に何らかの資格を持っていると有利ということは聞いたことがあると思います。実際のところ、資格が重要視される仕事をいうものはそう多くはありません。しかし、やはり資格は取っておいて損はありません。思いがけない資格が就職や給与アップに役立つこともあります。

そんな中、自分の好きなこと、得意なことから資格取得に繋げられたらいいですよね。今回は、自分の好きなことや得意なことから資格を見つける方法を紹介いたします。ぜひ、好きなこと、得意なことを資格に繋げましょう。

[ 続きを読む… ]

部下に尊敬される理想の上司となるための7つの条件 

部下に尊敬される理想の上司となるための7つの条件 

上司という立場にある人は、部下の尊敬を勝ち取るためにはどうすればいいか悩むことでしょう。会社の先輩としても、人生の先輩としても、後に就く人間を導いていかねばなりません。それは思った以上に難しいことで、熟練の上司であってもうまくいかないこともあるのです。特に、教育方針が「ゆとり」になっていた時代と、それ以前の代では考え方の根本が違い、礼儀の最低限さえなっていない若者を教育していくことはとても大変です。

世代間の考え方の違いという壁をいかに乗り越え、立派な上司になることができるのか、いくつか推奨できる方法を紹介していきたいと思います。ご自分のタイプに合った方法を選択し、実践してみてください。理想の上司となるべく試行錯誤すること自体が、すでに「理想の上司」への第一歩を踏み出していると自覚し、自信をもって進んでください。

[ 続きを読む… ]