30代の独身女性が結婚相手に求める7つの条件とは?

30代の独身女性が結婚相手に求める7つの条件とは?
独身女性が結婚相手に求める条件は様々ですが、女性の年齢によってある程度の共通点が出てくることがあります。

特に、30代の独身女性は、ある程度社会にでて自分の仕事を持ち自立しているケースが多いため、男性を見る目が磨かれているだけでなく、色々なダメな家庭のパターンもよく知っていますよね。会社の同僚や上司、また、自分の学生時代の友人などの話をランチや食事をする時にたくさん聞いてきているのです。

そんな30代の独身女性は、20代の女性が望みがちな「年収が高い」とか「外見がイケメン」などの単純な条件を結婚相手に求めることはありません。もっと現実的な条件を求めるようになるのです。

これは、自分の周りの人達からの結婚に関する失敗談や愚痴などをたくさん聞いて教訓にしているためです。そこで今日は、30代独身女性が結婚相手に求める条件についてお伝えします。ではご覧ください。

義理の両親と同居しなくてもいい

義理の両親、つまり、結婚相手である旦那の両親と同居しなくてもいいかどうかは、30代の独身女性が結婚相手に求める条件としては、大きなプライオリティを占めています。

それは、友人などから嫁姑トラブルの話を聞いたり、テレビや雑誌などでそのような話題を多く目にしているためです。ただし、困ったときには助けて欲しいというのも正直なところなので、同居はしないけど、ある程度近くに住みたいと考える女性も多いのです。

 

現実的だけどある程度の年収がある

旦那さんの年収は高いに越したことはありませんが、30代の独身女性は年収が高すぎることにリスクもしっかり考えます。年収が高く、社会的地位の高い男性は、当然ほかの女性にも慕われます。

そのため、不倫のリスクが大いに考えられるのです。年収が高い男性と結婚したのはいいのですが、自分が専業主婦になった後に離婚をしてしまうのが最も恐ろしいことだということも30代独身女性は考えているのです。

 

専業主婦になることを強要しない

専業主婦になることを共用してくる男性を、30代の独身女性は敬遠する傾向にあります。それは、特に社会に出て自立した女性によく見られます。

そのような女性は、自分で稼いだお金でお酒を飲みに行き、友人と遊び、海外旅行や買い物を楽しむということを味わっているため、旦那に養ってもらって肩身が狭い思いをするのを嫌がるためです。また、専業主婦になってほしいという男性は多くの場合が亭主関白基質である場合が多いのです。

 

自分の要望や要求を聞いてくれる

自分の要望や要求を聞いてくれる優しい男性は、30代の独身女性が結婚相手に求める条件としてよくあります。30代の独身女性は、仕事も遊びも、自分の好きなことをやって生きてきたため、束縛されたり、自分の自由を拘束されることを嫌がります。

休日でさえも、ずっと2人でいるのではなく、旦那以外の友人や知人とも交流を持ち、広い世界で生きていきたいと考えているのでしょう。

 

海外旅行やレジャーに一緒に行ってくれる

学生を卒業してまもなく結婚してしまうような女性と比較して、30代まで独身時代を楽しんできた女性は、趣味が多く、たくさんのことに挑戦しています。特に海外旅行やアウトドアなどのある程度の費用がかかるレジャーを趣味に持つ女性は多いでしょう。

このような女性は、結婚したからといって、趣味を突然諦める事はできません。お金がかかっても、一緒に旅行やレジャーを楽しんでくれる男性が結婚相手としての条件になるのです。

 

お互いに干渉しない関係を保てる

30代の独身女性は、自分の行動や生活について干渉してくる男性を面倒くさいと感じます。これまで一人で好きなことを自由にしてきたのですから、そのことに関してどうこう言われたり、いちいち聞かれると「うっとうしい」と感じます。

とはいえ、自尊心も強いため、適度な関心や興味を持ってくれるのがちょうどいいのです。男性は、相手の表情やリアクションから、適度な興味関心までに留めておくということを意識する必要があります。

 

空気が読めて他人に気配りができる

30代の独身女性は、あらゆる人間と関わって生きてきたたため、人を見る目が非常に肥えています。仕事ができる男性や、社交的で他人に慕われる男性など、人として素晴らしい男性には、「場の空気を読む」、「他人に気配りができる」という共通点があります。

そのため、いくら年収や外見などの条件がよくても、1度食事をしただけで空気が読めいない男性や、気配りができない男性をすぐに見抜くことができるのです。

 

30代の独身女性は、世の中の色んな夫婦や家庭を見てきています。それは、いい家庭の例やその逆の夫婦の修羅場などです。それらの話を聞くことによって、いい例も悪い例も教訓にしているのです。また、男性を見る目も非常に肥えています。

よく男性側は、女性が結婚に求める条件を、年収や外見がポイントになると思いがちですが、その様な表面的なものだけでは判断しません。30代での結婚は、将来的に自分が幸せになれるか、人生を棒に振るかの分岐点にもなりうるので、女性は非常に入念に相手に求める条件を吟味するのです。

まとめ

30代の独身女性が結婚相手に求めるのは

・義理の両親と同居しなくてもいい
・現実的だけどある程度の年収がある
・専業主婦になることを強要しない
・自分の要望や要求を聞いてくれる
・海外旅行やレジャーに一緒に行ってくれる
・お互いに干渉しない関係を保てる
・空気が読めて他人に気配りができる


連記事