フリーターでも就職できる人・できない人の決定的な違い9つ

フリーターでも就職できる人・できない人の決定的な違い9つ
超長期の低迷に悩まされる大不況国日本、相変わらず就職戦線は大変厳しいです。当然、新卒では就職できずにフリーターの道を選ぶ方もいらっしゃると思います。結果として、そのまま正社員ではなく、不安定な非正規労働者となってしまうわけですが、新卒至上主義を採る日本では、やむえない部分も多分にあると思います。

ただ、そのような状況下にありながら、熱心に就職活動を行い、フリーターの道を脱した方がたくさんいらっしゃるのも事実です。では、これからフリーターでも就職できる人・できない人の決定的な違いをご紹介します。

行動力

まずは、やはりこれです。決定的な違いはその行動力にあります。フリーターから就職を勝ち取る方は実に行動力があります。常に求人情報を仕入れ、目ぼしい所があれば迷わずに応募します。フリーターと言えど、実際には仕事をしており、暇人ではありませんから、「今日は面倒だな…」と、履歴書を書くのを億劫(おっくう)に感じる日があっても仕方のないことです。強く、責めることもできません。しかし、実際に正社員採用を勝ち取るのは、やはりここで行動を起した人間なのです。

 

精神力

次に大きいのが精神力です。別に安易な根性論を唱えたいわけではありません。しかし、実際に就職活動の失敗は精神的に堪えます。本当は全然違うのに、自分の人格を否定されているように感じてしまうのですね。しかし、成功する人間は違います。1回や2回の失敗ではへこたれません。実際にフリーターから就職に成功した人間は何十社も応募している事が普通ですから、その胆力には頭が下がります。メンタルの強さに自信が無い人は、深く考えるのをやめましょう。不採用時は、能力や人格に問題があったのではなく、ただ単にミスマッチだったと思いましょう。つまり、能力不足ではなく、あなたと企業とは方向性が違ったのです。

実際のケースもこのような場合が多いですしね。とにかく失敗については考え込まずに前を向く事です。

 

勤務期間

これは現在までのアルバイトの期間です。フリーターとしての期間では無く、一社にどのくらいの勤続年数があるかと言うことです。「すぐに、やめるのではないか?」採用担当者は、フリーターに対してこの様に考えている場合が大変多いです。偏見もあるでしょうが、コロコロとアルバイト先を変えている人間はこのように思われても致し方無いでしょう。就職に成功する方はアルバイトでの勤続年数も長い場合が多く、責任感がある人間だと評価されている場合が多いです。逆に不採用となる方は、短期での経験しかない場合が多いです。

 

勤務内容

これも現在の勤務内容です。どのような業務を行っているのか等ですね。一口にアルバイトと言っても、ただ言われたことだけをしていれば良い勤務先もあれば、自ら考えて行動しなければならない勤務先もあります。これらが一様に評価されるはずはありませんね。フリーターから就職を勝ち取る方は、アルバイトリーダーとして責任ある仕事をしている方が多いです。

 

応募企業のハードル

これは高望みですね。別に目標を低く設定して人生を歩めと言いたいわけではありません。しかし、いきなり高い所には登れないのと同じように、少しずつハードルを上げていかなければ成功を勝ち取るのは難しいです。東証一部上場の一流企業ばかりを狙うのではなく、中小企業も視野にいれて就職活動を行いましょう。案外、皆さんが知らないだけで中小企業にも良い企業はたくさんありますよ。

 

自己分析

「自分には何が向いているのか?」「自分のできることは何か?」このように、自分について深く分析したことはありますでしょうか?自己分析がしっかりできていないとフリーターから就職するのは難しいです。何ができるのかもわからない、何に向いているのかもわからない、このような人間を企業が採用するはずがありません。また、自己分析がしっかりできていると、上記の応募企業のハードルを極端に上げてしまう愚も犯さなくて済みます。

 

応募前の準備

目当ての企業が見つかったらその企業を徹底的にリサーチしましょう。失敗する人はこれが圧倒的に足りません。企業と市場の動向、自身の能力、これらを勘案して発言できる人間を企業が欲しがらないはずはないのです。逆にリサーチ不足の人間は、採用担当者に適当な印象を与えてしまいます。

 

資格

資格保持者はやはり強いです。所持資格によっては業務に必須の場合もありますし、何よりその意欲を企業は買います。1秒でも早く就職したい気持ちはありますが、まずは自身のスキルアップに費やした方が、存外早く就職できたりもします。「急がば回れ」です。

 

意欲

最後に、意欲です。「絶対に就職したい」「正社員になるぞ!」このような意思・意欲を持った人間は強いです。逆に「どうせ俺なんか…」と下を向いている人間は社会では相手にされません。当然フリーターを脱するのも難しいです。

 

如何でしょうか。

色々とやるべきことが多いと感じた方もいるかもしれません。しかし、裏を返せば、これだけのことをやれば就職も十分に可能だと言うことです。新卒一括の採用制度を採る日本企業にあって、一度外れた道を元に戻すのは不可能だと感じていたかもしれません。しかし、不可能ではないのですね。しかるべきポイントに、しかるべきパワーを注げば不可能ではないのです。今まで、あなたがフリーターを脱し就職できなかったのは、ただポイントを知らなかっただけなのですね。

しかし、それも今日までです。当記事には就職に際しての大切なポイントを全て入れました。当記事を参考に就職活動を行えば、必ずやあなたにとって最良の結果を得る事ができるでしょう。


連記事