好きな人と付き合う前のメール内容で注意すべき7つのこと

好きな人と付き合う前のメール内容で注意すべき7つのこと

好きな人と付き合いたいと思ったとき、手軽にアピールできるツールと考えて思いつくものはなんですか? line、Facebook、Twitterと様々なツールがありますが、あなたの付き合いたいと思っている人がそれらを利用しているかどうかはわかりません。

誰もが気軽に出来るツールと言ったら、やっぱりメールですよね。だけど気を付けて。気軽にアピールできるからと言って相手の都合も考えずにメールを送り続けると、距離を縮めるどころか好きな人に嫌われてしまうかも。

恋人同士ならどんなメールが来ても嬉しいかもしれないけれど、付き合ってもいない人から変なメールを重ねられたら心の広いあの人でもうんざりしてしまいます。

付き合う前の好きなあの人に、メールで嫌な印象を与えないために注意すべき7つのことを以下でご紹介していきます。メールを送信する前に、7つのポイントだけは押さえておきましょう。

 

好きな人と付き合う前のメール
内容で注意すべき7つのこと

 

誤字脱字に気を付ける

基本ですね。付き合いたいと思っている好きな人に送るメールです。誤字脱字の無いように気を付けましょう。脱字は読み返すだけで気付くことが出来ますし、誤字についても、自信のない漢字や表現は調べればすぐに正解がわかるはず。

読み返す一手間を惜しんで相手の好感度を下げないようにしたいですね。特に相手の名前や、相手が愛着を持っているものの漢字を間違わないように要チェックです。

 

時間帯を見極める

メールだからいつ送ってもいいんじゃないの? なんて思っているあなたは要注意。確かにどんな時間帯でも送信はできますが、相手がメールの受信音で目覚めてしまう可能性や、気付かれずに忘れられる可能性を考慮しましょう。

特にPCに比べて携帯電話へのメール送信は常識的な時間帯にするのが無難です。携帯を目覚まし代わりに使う方も多い現代、枕元の携帯が真夜中に鳴ったら起こされてしまいますよね。相手を気遣う心が大事です。

 

疑問形ばかり使わない

メールに関する恋愛テクニックで『文末に?を付けて返信が来るようにする』というものがありますが、あまりにも付けすぎるのは逆効果です。自分自身に置き換えて考えてみてください。

「仕事終わった?」「今何してる?」「趣味は何?」「晩御飯食べた?」「どんな動物が好き?」……しつこい! ってなりませんか? ?マークは絶対に返事をもらえる魔法の記号ではありません。疑問形がなくとも返事したくなるようなメールを心がけて。

 

返事の催促は絶対NG

あれ? 前にメールしてから全然返事が来ないなぁ。もう家に帰っている時間のはずなのに何でだろう。いいや、メールして聞いてみちゃえ! 軽い気持ちで「前のメールの返事忘れてる?」と催促のように送ってしまうのは絶対NG。

あなたからのメールが一気にめんどくさいものに変わります。「なんで返事くれないの?」なんて送ってしまったら、もう返事は帰ってこないと思った方がいいでしょう。雑談メールへの返信は義務ではありません。催促はだめ、これは絶対です。

 

重いメールを送らない

二重の意味で重いメールは送らないこと。一つ目はデータが『重い』メール。画像などが添付されまくった開くのに時間がかかるメールは、相手に望まれたものでない限り迷惑メールと同義です。添付データがあるときは事前に確認をとりましょう。

確認がてら連絡も取れて一石二鳥です。もう一つの『重い』は内容が重たいメール。「ごめんね、こんなつまんないメール送っちゃって。自分はなんでこんなにつまんないんだろう」なんてメールはもらった相手の気分を落ち込ませます。

たとえ暗い部屋で一人寂しくメールを作成していたとしても文面は楽しいものにしましょう。

 

顔文字、絵文字はほどほどに

重いメールはダメなんだね、よしじゃあ明るいメールを送ろうっと! その心がけは立派です。だけど絵文字顔文字をふんだんに散りばめた、字よりも絵文字顔文字が多いメールを送り付けるのもちょっと待って。

絵文字顔文字は可愛いけれど、使いすぎると正直くどいし読みづらいです。誰が見てもすんなり読めるメールを送りましょう。

 

相手の性格に合わせて使い分ける

人の性格は千差万別。夜中にメールをくれた方が嬉しいという人、疑問形があった方が返事をしやすいという人、デコメギャル文字大好きな人、色々な人が存在します。一番気を付けるべきことは、あなたの付き合いたい人に合わせたメールを送ることです。

自分がもらって嬉しいメールが相手にとっても嬉しいメールか、自分の暇な時間が相手にとっても暇な時間か、相手の気持ちになって考えるくせをつけましょう。

 

いかがでしたか。こんなこと言われなくてもわかっているよという方は、そのまま継続していきましょう。メールってこんなことにも気を付けなきゃいけないのと意外に思われた方は、今日からメールを送るとき、前よりちょっとだけ注意してみましょう。

冒頭で書いたように、相手の都合を考えない一方的なメールは押しつけがましい印象を与えて嫌われることもあります。それは裏を返せば相手への思いやりと最低限の常識を持っていればそうそう嫌われることはないということ。

ここで述べた7つのことに気を付けて、付き合う前の好きな人と楽しくメールしてくださいね。あなたの恋を応援しています。

 

まとめ

好きな人と付き合う前のメール内容で注意すべき7つのこと

・誤字脱字に気を付ける
・時間帯を見極める
・疑問形ばかり使わない
・返事の催促は絶対NG
・重いメールは送らない
・顔文字、絵文字はほどほどに
・相手の性格に合わせて使い分ける


連記事