夫の浮気の証拠をつかむため妻がとるべき行動とは?

夫の浮気の証拠をつかむため妻がとるべき行動とは?

夫がどうやら浮気しているようだ!というあなた。ズバリ、女の勘ほど高性能な「浮気発見装置」はありませんよね。「あれ、最近帰りが遅くなったな」「いつの間に携帯にロックを…」疑いだしたらいても立ってもいられず浮気の証拠集めに走ります。

「きっと勘違いよ。あの人に限ってあり得ない!」と、あえて放置の道を選択したり、「今の生活が大事!火遊び程度ならお好きにどうぞ~」と余裕を見せる人も中にはいらっしゃいます。

しかし、グレーを好む男性陣とは真逆で女性は本能的に白黒をハッキリ付けることを好む傾向にあるので、結果「とりあえず証拠集め」となるわけです。

では、実際に夫の浮気の証拠をどうやってつかんでいけばよいのでしょうか。ここでは、妻がとるべき行動を手順を追って紹介していきます。

 

夫の浮気の証拠をつかむため
妻がとるべき行動とは?

 

何も気づいてないフリをしましょう

「うちの夫、怪しいな…」と思っても、いつもと変わらない妻でいるように心掛けましょう。今すぐにでも問いただしたい気持ちは分かりますが、ある程度具体的な証拠がなければ、妻の単なる勘違いで終わってしまうのです。

気持ちがモヤモヤしてイライラ度も募るとは思いますが、そこはグッと我慢!いつもより冷たくしすぎず、優しすぎないのスタンスで接しましょう。

 

日記をつけましょう

さぁ、浮気の証拠集めの本格的なスタートです。夫が毎日何時に帰ってきたか、休日に仕事に出かけたらその時間もきちんとスケジュール帳に記しておきましょう。その際、夕飯をいつもの量を食べたかも書いておくと良いでしょう。

浮気夫のパターンとして、浮気相手と一緒に外食したり、相手の家で手作りご飯を振る舞われて帰宅するというケースも多いのです。夫も何日かは「今日は同僚と飲みだからご飯はいらないよ」と言うのですが、毎度この手は使えません。

「残業してクタクタ…お腹も減った」というのをアピールするために、自宅で2回目の夕ご飯を食べるようにするのです。でも、少なめに出しても満腹そうだったり、普通の量でも残していたり…。やはり、どこかに抜け目が出てしまうので、それをしっかりと押さえましょう。

 

携帯電話&財布をチェックしましょう

「子供がつついて上司や取引先にかかると面倒だから」と言ってロックや指紋認証をかけている夫も少なくありません。ですから、昔ほど簡単に携帯電話で浮気の証拠を掴みにくくはなっていますが、焦らず、長期戦で構えていると、チャンスは巡ってくるものです。

テレビを見ているフリやご飯を作っているフリをして、気づかれないように注意してみていると、ロック解除の際の手の動きで何となくの数字が分かることもあるのです。指紋認証がかけられている場合は、夫が深酒をした日がチャンス。

爆睡しているのを確認して、一番可能性の高い、右手の人差し指をそっと画面にのせて試してみましょう。

 

相手の名前が分かったらfacebookをのぞいてみましょう

もし、携帯などから浮気相手らしき人物のフルネームが特定できた場合は、facebookで検索してみましょう。

浮気相手もさすがにツーショットはアップしていないと思いますが、例えば「本場の串揚げ食べました」と書いてある日を調べてみると、夫の大阪出張の日だったり、「夜景キレイ」と書いてある日を調べてみたら、夫がその週で唯一夜中に帰ってきた日だったり…。

欠かさず付けている日記帳がナイスな働きをしてくれることもあるのです。

 

イベントを待ちましょう

「家族より私を優先してくれた」ということで愛を確認する浮気相手もいます。例えばクリスマス前だとしたら、「子供達がイブは手巻き寿司パーティで、25日はケンタッキー&クリスマスケーキにしたいって。パパ、二日とも早く帰られるかな?」と振ってみましょう。

きっと後日、どちらかは「仕事でダメだ」と夫が言ってくるでしょう。そのダメな日がチャンスなのです。少し危険ですが、友人や両親に来てもらって子供達を見てもらい、会社の前で夫が出てくるのを待ってみるのも手です。

最近ではウィッグも安価で質のいいものがありますので、髪型で変化をつけるのもオススメです。そして、浮気相手との待ち合わせ場所までつけていく。ふたりのいる光景を画質の良い携帯と、後で写真の加工疑惑をかけられないために使い捨てカメラの両方で撮影する。

ここまでは、あくまでも成功例で、思い通りに事が進む確立が低いことを認識した上でチャレンジすることをオススメします。その場合、あまり無理をしないこと、そして夫が帰ってくるまでに帰宅しておくことを頭に入れておきましょう。

 

安心できる探偵会社へ相談しましょう

自分の手でバッチリ夫の浮気現場を押さえることができれば、それが動かぬ証拠になるのですが、やはりその道のプロに頼むのが一番確実です。もちろん、高額な費用が発生するので気軽に頼めることではありません。

幾つかの探偵会社に相談し、予算面・人柄・実績などトータル的に見て一番信頼できるところに、今まで付けてきた日記を渡して依頼しましょう。できれば相手を特定しておくと一からの調査にならないので費用が若干抑えられます。

 

夫が「嫁がいない!ラッキー!」と思うように仕掛けましょう

探偵は、まずその日記から夫の行動パターンを推測し、浮気相手と会う可能性が一番高い曜日や時間帯などを絞っていきます。例えば、金曜日が総じて夫の帰りが遅い場合、

「実は来月の土曜日、地元で仲のいい子が集まってランチ同窓会しない?って誘われてて。やっぱり、夕方から始まる同窓会ってなかなか行けないもんね。でね、せっかくだから、うちの両親も喜ぶし、子供達を連れて前の日から実家に泊まろうと思っているんだけど、どうかな?」

「土曜日の朝出かけてもいいんだけど、パパもたまには土曜日ゆっくり起きられるし、いいかなって…どうかな。考えておいて」と上手に仕掛けてみましょう。夫に怪しまれないために、わざと地元の友達にそれらしい内容のメールを送ってもらい、携帯を見せながら相談するのも手です。

そして、少し日を置いて「そうだ、ランチの件、お昼のミニコースを頼むらしくって行くなら予約してもらわないといけないんだけど、金曜日から行く方向で大丈夫?もし、いいなら金曜日の晩ご飯も作っておくよ」と聞いてみましょう。

「大丈夫、何か適当に買ってすませるから、楽しんでこいよ」と言われれば、とりあえず罠は成功です。

夫が警戒して浮気相手と会わなかったり、本当にただの残業だったりした場合、それでも高額の探偵費用は発生するので、一度で確実な証拠を得るためには、妻の徹底したリサーチと女優テクニックが必須なのです。

 

以上、夫の浮気の証拠をつかむための行動を紹介してきましたが、いかがでしたか。

まだ浮気の確証が持てなくても「証拠をつかんだ後に夫とどうするか」をしっかりと考えておく必要があります。夫の気持ちを取り戻すために証拠を使うのか、それともより高い慰謝料を得るために証拠を使うのか、選択の道は様々です。

やり直すにせよ、離婚するにせよ証拠は後々役に立ちますからね。きちんと自分の気持ちを整理しながら、無理のない行動を心掛けましょう。

 

まとめ

夫の浮気の証拠をつかむため妻がとるべき行動とは?

・何も気づいてないフリをしましょう
・日記をつけましょう
・携帯電話&財布をチェックしましょう
・相手の名前が分かったらfacebookをのぞいてみましょう
・イベントを待ちましょう
・安心できる探偵会社へ相談しましょう
・夫が「嫁がいない!ラッキー!」と思うように仕掛けましょう


連記事