自宅で仕事をする人へ!とっておき、5つの時間管理術

自宅で仕事をする人へ!とっておき、5つの時間管理術
「子どもが小さくて会社に出ていくことは難しい」「病気や障害があって自宅で仕事をすることが好ましい」という方や自宅でできる仕事が増えてきたことが関係して、自宅で仕事をする方が増えています。

自宅で仕事をすると聞くと、家のこともできてよさそうと思うかもしれませんが、自宅で仕事することは思った以上に大変なことが多いです。会社と違って始業終業時間がありませんし、仕事以外で予期せぬことが起こって対応に時間がとられることがあります。そのため時間管理が非常に重要になってきます。

では、時間管理をうまくするにはどうしたらいいでしょうか。時間をうまく管理するためにはただ、始業終業時間を決めればいいというものではありません。やはり、コツがあります。今回はうまく使うための5つの時間管理術をお伝えします。



 

自宅で仕事をする人へ!
とっておき、5つの時間管理術

 

タスクを細かく設定しておきましょう


時間管理をするにあたってタスクを設定することはとても大切です。何をしなくてはならないかわかっているだけで、予定が立てやすいですよね。そのタスクの設定ですが、ただ作ればいいというものではなく、できるだけ細かく設定することをオススメします。

例えば、明日提出の資料があった場合、「資料作成」とタスクを作るのではなく、「資料用の画像を探す」「資料の文章を作っておく」「資料の校正をする」「資料を印刷する」など、細かく設定しましょう。

こうすることでやるべきことに漏れがないか確認、明確化でき、仕事のビジョンがはっきりと見ることができます。また、細かいタクスを見ることで時間がどれくらいかかるかわかります。

 

タスクは仕事用と家庭用を使い分けしよう


自宅で仕事をする際は、仕事と同時に家のこともする方が多いでしょう。先ほど紹介しましたタスクを設定する際に、仕事用と家庭用を作ってみてはいかがでしょうか

家庭のこともタスクを設定することでやるべきことがはっきりとわかり、どの時間にどのタスクをやればいいかわかります。また、仕事に集中して家庭のことで何をするべきだったか忘れないためにも、タスクは仕事用と家庭用に分かることをオススメします。

自宅で仕事と言うと融通がきいて多くのことをできそうですが、実のところ自宅だからこそ計画的に行動しないとどれも中途半端になってしまいます。うまくタスクを利用しましょう。

 

タイムスケジュール表を作りましょう


タスクを作ったにしろ、当然ながらそれを消化していかなければなりません。自宅での仕事は時間がたくさんあるように思うのですが、実際にやってみると思ったように時間がとれなかったり仕事に集中できないことが多々あります。

自宅で仕事をする場合、いかに時間をうまく使うかが重要になってきます。そこでタイムスケジュール表を作ることをオススメします。やはり、タイムスケジュールがあるだけでその通りに物事を進めようとしますし、一日や一週間の流れを把握できるため、仕事を進める上で役に立つでしょう。

 

ゆとりのあるタイムスケジュールを組もう


一日ないし一週間のタイムスケジュールを作ることは大切ですが、その際に注意すべきことは、スケジュールを詰めすぎないということです。

人はタイムスケジュール表を作るとなると、ついつい予定を詰めすぎてしまいがちです。しかし、集中できなかったり、いいアイデアが思い浮かばない、予定外の出来事が起こってしまったなど、タイムスケジュール表通り進まないことは多々あります。そのため、ゆとりのあるタイムスケジュール表を作り、柔軟な対応ができるようにしましょう。

 

重要度の高い仕事は早朝に済ませよう


どんなにタスクを細かく設定してもゆとりのあるタイムスケジュール表を作成しても、予想外のことが起こり、時間が足りなくなることがあります。しかし、仕事は仕事ですからよほどの理由がない限り、締切は守らなければいけません。

ですので、重要度の高い仕事は早朝に済ませましょう。早朝は誰かに邪魔される可能性が非常に低いことに加え、一日時間があるわけですから、朝の時点で仕事の進捗具合から一日のスケジュールを立てるたり変更することができます。夜更かしして仕事をするのではなく、早く起きて仕事に取り掛かりましょう。

 

いかがでしょうか。時間管理は簡単のように見えてとても難しいものです。

会社に勤めていれば始まりと終わりの時間がありますが、自宅での仕事はいつ仕事をしてもいいわけですから、自分でしっかり管理をしないと始まりも終わりもありません分、仕事も生活もいい加減になってしまう危険性があります。

それを避けるためには、自分のスケジュールとタスクの管理をきっちりとしましょう。むしろ、自宅で仕事だからこそきっちりすべきです。しかし、きちんとしたスケジュールとタスク管理ができれば、仕事と家庭のどちらも余裕をもって進めることができます。自宅での仕事の利点のひとつです。

その利点を生かすためにも、時間管理を頑張りましょう。今回の記事を読んで、時間の管理について何か参考になれば幸いです。

 

まとめ

自宅の仕事だからこそ、時間管理をしっかりしよう!

・細かいタスク設定で仕事内容を明確化しよう
・仕事と家庭でやることをはっきり意識しよう
・タイムスケジュール表を作って一日の流れを把握しましょう
・突然のことにも対応できるよう余裕のあるタイムスケジュール作りを
・邪魔の入らない早朝に大切なことを終わらせよう



連記事