不倫相手と結婚するには? 起こり得る障害を克服する方法

不倫相手と結婚するには? 起こり得る障害を克服する方法
不倫相手と結婚するには様々な障害が発生します。誰かと結婚したいと思う気持ちはとても素晴らしいものですが、どちらかに配偶者や子供がいる場合、不倫相手と結婚することによって不幸になる人たちがたくさんいます。

また人の不幸の上になりたつ結婚には必ず障害が起こるものなのです。結婚したいという気持ちが強かった時には想像もできなかった様な障害は一つ一つ克服する必要があります。

しかし、不倫相手の結婚したいとひたすらに思っている時にはどのような障害が将来起こるのかわからないでしょう。

そこで、配偶者と離婚をした後に不倫相手と結婚した場合に良く起こりうる障害とその克服方法をご紹介します。不倫相手と結婚したいと思っている人は、まずこの障害を克服しなければいけないということを自覚しましょう。

 

不倫相手と結婚するには?
起こり得る障害を克服する方法

 

相手を後悔されないように結婚を強要しない

不倫相手と結婚するには、相手が「結婚しなければよかった」と後悔されないようにしなければいけません。相手に配偶者がいる場合、無理に結婚したいという事を強要したり、急かしたりする行為は絶対にしてはいけません。

例え不倫相手との結婚が成功したとしても結婚後に、相手と喧嘩したり、上手くいかなくなった時に相手が「結婚を無理やりさせられた」と感じてしまうためです。

 

既婚者側は配偶者に請求された慰謝料に真摯に対応する

既婚者側に配偶者がいる場合に離婚をした上で不倫相手と結婚するには、その配偶者に不倫をしていたことを正直に伝えて慰謝料などの対応を真摯にする必要があります。

不倫を隠したまま、不倫相手と結婚した場合、後に不倫をしていた事がバレたら、離婚成立から3年以内であれば慰謝料請求ができるためです。また、こそこそと隠れながら不倫相手と結婚生活をスタートさせるのは気持ち的にもいいものではないでしょう。

 

不倫相手に子供がいる場合は養育費や面会を了承する

どちらかに子供がいる状態で離婚をして不倫相手と結婚するには、子供の養育費や面会の規定などがあることを二人共が十分に理解する必要があります。

元の配偶者との間にどんな事情があろうとも、子供に罪はありませんから、配偶者が居たのが男性だった場合は、成人するまで養育費を払わなければいけないのです。また、離婚調停などで子供と面会が定められた場合は従う必要がりますから、このことに関しては了承しなければいけません。

 

相手が同じ会社だったらどちらかが転職するのが無難

結婚したい不倫相手が同じ会社に努めている場合、結婚するにはどちらかが会社をさらなければいけない事を覚悟しましょう。どんなに大きな会社でも、同じ社内で不倫関係の男女がいたというのはすぐに社内で噂になります。

あることないことが噂されたり、どちらかの昇進が難しくなったり、左遷されたりする場合もあります。不倫相手と結婚する前に、どちらかが転職をするなどして会社を去ることが賢明でしょう。

 

お互いの両親に理解をしてもらうよう努力する

不倫相手と結婚するには、お互いの家族の理解を得ることが絶対に必要です。配偶者がいた側の親は、「自分の子供が悪い女に騙された」と感じますし、配偶者がいない側の親は、「自分の子供にはもっと条件がいい人と結婚して欲しい」と思うはずです。

それが親の自然な感情でしょう。そこで、お互いの両親や親戚に理解をしてもらえるように真摯な態度で接することが大切なのです。

 

前の配偶者の話をしない

結婚をしていないカップルでも元恋人の話題はタブーでしょう。不倫の末に結婚するには、それは絶対条件となります。自分より前に他の誰かと結婚していたということは、ただ付き合っていたということの何倍も嫉妬心をいだきます。

自分との結婚生活より前の配偶者との結婚生活の方が幸せだったのではないかと相手に感じさせることがないように、前の配偶者の話やエピソードは一切しないよう心がけましょう。

 

思い出の食器や家具は新居で使わない

前の結婚生活で使っていた食器や家具を不倫相手と結婚するには、新居で使わない事をおすすめします。結婚生活で使う食器や家具は、結婚生活がスタートしたときに二人で一緒に買物に行って選ぶ幸せや思い出が詰まったものがほとんどです。

数年経過して本人が思い出の品だという意識がなくなったとしても、新たに結婚する相手は、違います。その食器を見る度に「前の奥さんが使っていた」という想像をしてしまうものなのです。

 

このように、不倫相手と結婚するには、意外とたくさんの障害を克服しなければいけないことがあります。感情的なものもあれば、家族や職場環境に及ぶものまで様々ですが、それらすべてを受け入れ、努力をして克服することができるかどうか、覚悟があるかどうかを自問自答してみましょう。

何も考えずに不倫相手と結婚してしまうと、心の準備ができていなくて結局うまくいかなくなってしまう事もありますから、焦らず慎重に心の準備をしておきましょう。

まとめ

不倫相手と結婚するには

・相手を後悔されないように結婚を強要しない
・既婚者側は配偶者に請求された慰謝料に真摯に対応する
・不倫相手に子供がいる場合は養育費や面会を了承する
・相手が同じ会社だったらどちらかが転職するのが無難
・お互いの両親に理解をしてもらうよう努力する
・前の配偶者の話をしない
・思い出の食器や家具は新居で使わない


連記事