借金を抱える相手と幸せな結婚をするために、必ず決める約束事9つ

借金を抱える相手と幸せな結婚をするために、必ず決める約束事9つ
借金と一言で言いましても種類があります。奨学金などの借金ならば結婚後に返済がある場合もありますが、心配するようなものではないと思います。しかし、ギャンブルなどで作った借金は危険です。ギャンブルは繰り返すことが多く、苦労して返済をしても、実はまた別に借金をしていたというような繰り返しに陥ることがあります。では、このような借金のある相手とは離婚した方がよいのか・・・確かに離婚も一つの方法だと思います。しかし、相手の非を認め一緒に苦労してでも借金を返すことで、夫婦の絆が一層深まり幸せな結婚生活を送ることも可能です。

ただしここで気を付けなければならないことは、借金がある相手と普通の生活を送っただけでは幸せにはなりにくいということです。そこで、約束という方法があります。相手と約束をかわすことで借金を抱えた相手とも幸せな結婚生活を送ることが出来ます。今回は、その借金を抱えた相手と幸せな結婚生活をおくるために絶対約束しておくべきことについてお伝えします。

 

借金を抱える相手と幸せな結婚をするために、必ず決める約束事9つ

 

1.うそをつかないこと

借金をしている人は嘘をつく傾向があります。これは、借金の事についてもそうですが、借金のもとになったギャンブルなどに行く際も嘘をついて行っているのではないでしょうか。やはり、やましいことがあるので嘘をついてしまうのですよね。まずは嘘をつかないよう約束をすることからはじめましょう。約束をするだけでは意味がないと思われる方もいるかもしれませんが、約束をしている事実があるということだけでもきっと効果があるはずです。

 

2.返済方法について

返済は相手任せにせず、二人で話し合いましょう。ただし、月々いくら返済して何年間で返済し終わるといって内容だけの話し合いだけではいけません。返済をするためには、多大なる労力を費やしていることを相手にわからせ、絶対にこの方法で返済するのだということを約束させておきましょう。

 

3.お金の管理について

借金をする人がお金を持っているとろくな事がないことは皆さんおわかりだと思います。よって、お金の管理はあなたがするようにしたが良いと思われます。そのときに、相手にはあなたがお金の管理をすることを約束させ、借金返済という目的のため、そして二人の将来のためにしているのだということを十分にわかっておいてもらいましょう。

 

4.今後、借金はしないこと

お金の管理をあなたがすることにより、自分の手元にお金がなくなりまた借金をしてしまうことも考えられます。そうなる前に、今後は借金は絶対にしないことを約束しておきましょう。もし、「新たに借金をした場合には離婚をする」などの約束をしておくとより効果的ではないでしょうか。

 

5.お互いの両親を交える

夫婦だけでの約束では、後々言った言っていないの問題になるかもしれません。そこで、第三者に介入してもらいましょう。借金のことについては他人にはあまり知られたくはないものですので、お互いの両親を交えて借金についての今後の約束を相手にさせるようにすれば効果的です。

 

6.家計の内情を知ってもらう

借金を完済するためには、今後借金をしないことはもちろんですが、借金返済のための資金を捻出しなければなりません。そのために、借金がない家庭以上に頑張って働き、節約しなければなりません。そのことを相手にはよく理解してもらわなければなりません。相手に理解させるためには、毎月の返済額などを知ってもらい、どれだけ苦労しているかをわからせる必要があります。相手にお金の管理をさせてはいけませんが、相手が家計に無頓着になり勝手に借金が減っているという状況は、借金をしても返済できると相手に思われてしまい、また借金を繰り返すかもしれません。そうならないために、定期的に家計の内情を一緒に考えるよう約束しましょう。

 

7.連帯保証人にはならないこと

借金がある方の中には、連帯保証人となり他の方がつくった借金を返済してある方もいらっしゃるのではないでしょうか。連帯保証人になるような、人のよい人はまた上手い口車にのせられて連帯保証人になる可能性もありますので、しっかりと連帯保証人にならないように約束しておいたが良いと思われます。

 

8.返済期間について

貯金をするときにも言えることですが、漠然と取り組むよりも目標がある方が何事もやりがいがあります。借金返済に関しても、返済期間の目標がある方が返済のしがいがあると思います。

 

9.二人で楽しめるご褒美を

いつまでに借金を完済するということを明確にしておくことで、その後は、貯金をして旅行に行こうなど楽しい計画も立てることができ前向な結婚生活を送れます。よって、返済期間を二人で決め完済する約束をしましょう。

 

借金はどうしても負の要素として捉えられがちです。確かに借金があることで苦労することは多々あると思います。しかし、夫婦の考え方や工夫により借金がない夫婦と同等、もしくはそれ以上に幸せな結婚生活を送ることは可能です。その一つの方法として、夫婦間の約束事を決めておいてはいかがでしょうか。きっと、約束事を決めておくことで借金があっても幸せな結婚生活が待っていると思います。

 

まとめ

借金を抱える相手と幸せな結婚をするために、必ず決める約束事9つ
1.うそをつかないことを約束する
2.返済方法について約束する
3.お金の管理について約束する
4.今後、借金はしないことを約束する
5.約束をするときはお互いの両親を交える
6.家計の内情を知ってもらうよう約束する
7.連帯保証人にはならないことを約束する
8.返済期間について約束する
9.二人で楽しめるご褒美を約束する


連記事