里帰り出産中の夫が心配!そんなあなたに7つのアドバイス 

里帰り出産中の夫が心配!そんなあなたに7つのアドバイス 
出産は女性の一大イベントです。産前産後の数週間は満足に体も動かせず、寝たきりを余儀なくされる時期もあります。そんな時期を乗り切るために、代わりに家事をしてくれる手のある実家に帰って出産をする人も多いのです。

しかし妻が家を離れて数週間実家に帰っている間、夫は家に一人きり。家事もできないとか、浮気症であるとか、あらゆる意味で残していく夫が心配になるでしょう。しかし備えあれば憂いなし。一人残していく夫がきちんと妻の帰りを待てるように、色々と対策していけばいいのです。

出産という一大イベントに集中して向かうためにも、不安は取り除いておくべきです。そこで里帰り出産中の夫の対応としてお勧めの7つを以下に紹介します。

[ 続きを読む… ]

出産後も仕事を続けたい!家庭と両立させる7つのコツ 

出産後も仕事を続けたい!家庭と両立させる7つのコツ 

仕事をする女性にとって出産は大きな人生の分かれ道となります。出産を機に家庭に入り、その後育児が落ち着くまで10数年間主婦に徹する道を選ぶ女性も多いでしょう。

それもそのはず。現代日本社会では、出産をした女性の活躍の場はとても狭いと言えるでしょう。出産や産休に対する職場の理解も薄い場合が多いのです。日本はまだまだ「女性は家庭に入る。」という性格のお国柄なのですね。

しかし出産をしてもその後仕事に復帰したいという女性も、本当はとても多いのです。事情さえ許せば、多くの女性が出産後の社会復帰を望むことでしょう。そのために、女性はどのような準備をすればいいのでしょうか。今回は、出産後に仕事を続けるために、家庭と仕事の両立のために役立つ方法を紹介いたします。

[ 続きを読む… ]

出産後、旦那に家事や育児を手伝ってもらうテクニック

育児や家事など、母親の仕事は365日24時間体制ですから
出産後、無事に赤ちゃんを出産できた喜びや幸せに満ち溢れた気持ちにひたれるのは、ほんの束の間です。出産後には当然育児と家事が待っているのです。産後すぐに家事をするのは女性に体に良くないとされているため、実家に帰省する女性も多いですが、いつまでも自分一人だけ実家にいるわけには行きません。自宅に帰ってきたら、日中仕事で家を空ける夫に助けは求められませんから、一人ですべてをこなさなければいけないのです。

そこで、重要なのが旦那がどのくらい家事や育児に対して協力的かどうかです。旦那には仕事がありますが、育児や家事など、母親の仕事は365日24時間体制ですから、旦那にも手伝ってもらう必要があるのです。それでは、どのようにすれば旦那が気持ちよく手伝ってくるのでしょうか。旦那に家事や育児を手伝ってもらうテクニックをご紹介します。

[ 続きを読む… ]

高齢妊娠を避けるため今のうちに考えておきたい人生設計

高齢妊娠を避けるため今のうちに考えておきたい人生設計

高齢妊娠とは、35歳以上で妊娠することを言います。35歳と言うと高齢とは縁遠い年齢だと思われがちですが、35歳以上で妊娠すると、早産や流産のリスクが高くなるのです。また、妊娠中毒症や妊娠糖尿病になる確率も35歳未満の人と比べると高いと言われています。

自分の体や出産に際してのリスクを考えると高齢妊娠を避けた方がいいといえるでしょう。そのためには、高齢妊娠を避けるための計画的な人生設計をする必要があります。

現代の女性は、社会進出をして男性同等、もしくは男性以上に活躍している人も少なくなく、晩婚化が進んでいます。そのため、35歳位になるまで妊娠するきっかけがない女性が増えていますが、とくにそんな女性に高齢妊娠を避けるための人生設計のポイントをご紹介します。

[ 続きを読む… ]

高齢妊娠した時、出産までに注意すべき7つのこと

高齢妊娠した時、出産までに注意すべき7つのこと

女性の社会進出に伴い、結婚や妊娠の高齢化が進んでいます。とあるアーティストが「35歳を過ぎると羊水が腐る。」などと言って批判を呼んだことがありましたね。暴言ではあるものの、35歳を過ぎた出産が、それ以前の出産に比べてリスクが増すことは間違ってはいません。

更に40歳を超えた高齢妊娠の場合には、もっとリスクが高くなるために、若い妊婦とは違った注意が必要になってきます。「高齢妊婦なんて失礼な言い方だ!」と腹を立てずに、健康な赤ちゃんを出産するためにも以下の7つの項目に注意して、出産の準備をしてください。

高齢妊娠であっても、きちんと準備をしておけば、出産を怖がる必要は全くありません。元気な赤ちゃんと対面するためにも、妊娠生活を注意して過ごしましょう。

[ 続きを読む… ]